↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

PLUTO 完結!

浦沢直樹氏の漫画「PLUTO」が完結しました。

PLUTO(8)  

手塚治虫氏の「鉄腕アトム ~地上最大のロボット~」を原作としたものです。

手塚治虫氏のも読みましたけど、鉄腕アトムってかなり残酷な描写があったりして「ホントは子供向けに作った訳じゃないんだな」と思いました。

 

「PLUTO」は、さすが浦沢さんで「MONSTER」とか「20世紀少年」みたくサスペンス色が強くて読んでてワクワクしたなー。

しかも大部分はアトムは主役じゃなくて脇役・・・。

伏線が多いからヘタな推理小説・推理漫画なんか読むよりずっとスゴイよ。

8巻で完結ってのもいいね!長すぎなくて。

色々考えさせる作品でした・・・。浦沢さん、お疲れ様。

2009年6月23日 (火)

ジャムつくり-9 桃ジャム

五ヶ月間熟成させて作った、お手製の「ゆず酒」をソーダ割にして飲みながら書いてます。

名づけるとしたら「ゆうき産 ゆず酒 2009年もの」

アホか・・・coldsweats01

 

今月のジャム作りは、季節としては少し早いんですが桃ジャムです。

桃ジャム?ももジャム?ピーチジャム?

よくわからないけど、作りました。

Img_1218 

綺麗な黄桃色での完成!!

ゴールデンだよ。黄金だよ。黄金桃のジャムって感じだよ!

お味の方はというと「めっちゃ桃~!!」という感じで桃の甘さが全面に出ています。

もちろん砂糖入ってるんですが決して桃の味を消してませんね!

桃の若干の酸っぱさも残していて、うん、ウマイ!!

うおー!早くトーストに乗っけて食べてぇ!!

2009年6月22日 (月)

山場は越えたよ。

現在、トン汁を作ってる途中です。

 

仕事での今月の山場を越えたのでひと安心。

山場というのは、このブログでもちょくちょく触れていたバレエのお仕事です。

ぐったりと疲れましたが、どうやら何とか無事に終了です。

バレエの先生には「かわいい照明でした」と言われました。良かったですdash

僕の照明はよくこういう評価を頂きます。

 

良いお仕事、良いスタッフに恵まれてるなあと実感するyuukiでありました。

関わった皆さんに感謝致します。楽しい現場でした。

うん、自分でデザインさせてもらえるのはキツくて辛いけど楽しいね。

 

そうして平和が訪れたのでトン汁を作ります。ではまた。

 

2009年6月18日 (木)

東京で一番美味しいプリン!

もう一度行きました。

南大沢のスイーツモードに出ているシュクレペール。

 

そしてそして!ついにGET!!

東京で一番おいしいプリンに輝いた、バニーユです!!

Photo  

カラメルソースは入ってないんですね。プリンの上に綺麗な白い部分があります。

さて、期待の高まる中、いよいよ食べてみる。

 

んん?!

こ、これは?!

う、うそー?

ちょっと・・・待てよ!!これは・・・・・・・

めちゃくちゃ美味いじゃんか!!!!!

な、なんじゃこりゃー??!!

これ本当にプリンなの?レベルが違い過ぎるでしょ!!

言葉で表現出来ないよ、この美味しさは!

ヤバイよ、えらい旨いよ!こ、これは・・・スゲエ!!

うぎゃー、幸せだあcakedelicious

2009年6月17日 (水)

盲目のピアニストへ。

ついに頭角を現しましたね、辻井伸行くん。

連日テレビを賑わせてますね。

僕が今までやったクラシックのお仕事で唯一「天才だ・・・」と思ったのが辻井くんでした。

楽屋では本番直前までハンバーグとか食べてるのにねえ。太るよ?

見えないのにスタッフに「よろしくおねがいしまーす」と言う姿勢が素晴らしいよ。

見えないからって、少し暗めの照明にしてゴメンね。雰囲気を出したかったんだよ。それは辻井くんにだけにしか使えない演出だったんだよ。

 

ラフマニノフもすごかったけど、僕が「天才だ」と感じたのはオリジナル曲。

「ロックフェラーの天使の羽」

ロックフェラーセンター前に降る雪をイメージして作った曲だと言ってたけど、見た事もない雪を想像して、あんな曲を作れるなんてスゲエよ。演奏中、雪が見えた気がしたよ。

ハンデを負いながら、努力する天才。

持ち上げてるんじゃなくて、ホントにアンタはスゴイ。

これからも調子に乗ることなく(周りの人もね!)楽しい演奏をしていってください。

debut

ああ、サインもらっとけば良かった(笑)

図書館に入り浸る。

さてさて、ずいぶんとバレエの仕事が迫って来てます。

これまでもバレエのチーフをやった事が無い訳でもありませんが、まだ小さな教室のお仕事でしたので(発足第1回、第2回を担当)舞台セットなども無かったし、演目が「コッペリア」という、わかりやすい作品からの小品集だったので、お得意の(??)かわいい照明をメインになんとかやってきました。

(僕の照明は昔から「かわいい」と言われる傾向があるんですよね・・・)

が、今回は色々な作品からの小品がかなりあるので、色々なバレエ作品を調べまくらないといけない訳ですbook pencil

 

まあコッペリアの時もそうだったし、昨年の琉球舞踊の時もフラダンスの時もそうだったんだけれど、昔からある踊りの曲をやる時はたいてい図書館に籠ります。

以前は東京都の町田駅前の図書館に行ってましたが、家から遠いので、今年からは稲城市立中央図書館に入り浸ってます。

 

ココ、すごく新しくていいんですよね。

チョー綺麗だし、窓からの景色いいし、ネットもOK、大画面でのDVD鑑賞もOKといたれりつくせり。

おまけにお向かいには稲城温泉「季乃彩」があるから調べ物で疲れたら、ひとっ風呂spa

これで素敵な文学系女性との出逢いなんかあったら最高!!・・・無いかcoldsweats01

 

まあ、そんな訳で色々勉強中です。

バレエの他に「おうちカフェ」や「ジャム作り」なども調べてます。

みなさんは図書館なんて行きますか??

2009年6月16日 (火)

三浦しをん「風が強く吹いている」

ゆずの「逢いたい」は、噛めば噛むほどいい味の出る一曲ですねえ~。

ジワジワ来たよ最近になってやっと。

 

久し振りに読書感想文。だいぶ前に読み終わってたんだけど。

駅伝好きな、会社の上司に借りていた「風が強く吹いている」

今度、映画化されるんだよね。

風が強く吹いている  

僕もまあ中学・高校と陸上部で長距離を走っていた人間ですからね。

一応、東京高校駅伝で花の1区を走ったりなんかして、中央大学付属高校と競り合ってる時に足のツメが剥がれて血だらけで走る・・・なんて懐かしい過去だよ。

なので「あえて読まない」でいたのがこの一冊。

今回、ついに読んでみた。

 

素人集団が箱根駅伝を目指すお話なんだよねコレ。 

本の約3分の1は箱根駅伝を走るシーンだったのでビックリ。

けっこう面白かったけど、素人集団が少し練習してイキナリ出たタイムが、いくらなんでも早すぎて「おいおいー」と思ってしまった・・・。ここで感情移入できなくなったcoldsweats02

 

でも面白いお話なんだけどね!

「一瞬の風になれ」の方が断然にいいけど・・・。言葉の良さが違うよ。

もしかしたら映像化したらスゴクいい作品かもなあ。

「一瞬~」は変な配役と脚色でおかしな事になってたから・・・

(頼むからスポーツ物に例の巨大アイドル事務所の人を使わないで!!)

 

「一瞬~」もそうだったけど、走って風を切るのって爽快なんだよねえ。

もう少し太ったら走るかなrun

2009年6月15日 (月)

シュクレペール in スイーツモード

南大沢の駅前にスイーツモードというブースがあります。

月替わりでスイーツのお店が来るブースなんですが、この6月にやってきたのは、東京の自由ヶ丘のケーキ屋さん、シュクレペールがやってきました。

 

このお店、知ってる人は知ってるでしょう。

ここのプリンは「東京で一番おいしいプリン」に選ばれたんです!!

バニーユという名のそのプリンを求めて、僕も南大沢にやってきたという訳です。

 

ところが夕方に行ったらバニーユは売り切れでした。

そりゃそうだよな・・・。当たり前だよ。東京で一番だもん。

 

という訳で美味しそうなケーキ2種類と生シューを買いました。

Img_1213  

このお店の人気第2位!北海道産生クリームと国産苺のショートケーキ。

どれどれ・・・。パク。 

こ、これは!!

き、来た!!

久々に来たよ、コレはsign03

美味しい!!いや、冗談抜きで、すんげえ美味しい!!ご満悦~note

なんて上品な甘さだ!!こ、これが自由ヶ丘かぁー!! 

続いて、ブルーベリークレープ。

Img_1212 

どれどれ。パク!!

・・・うわ!!こ、これもスゲエ!!

生クリームの上品な甘さとブルーベリーの酸っぱさが絶妙~!!

すげえよこの店!マジすげえ!!(興奮dash

 

あんまり興奮したんで生シューは写真撮るの忘れた・・・。

でも超うまくて、幸せ気分満喫だ!!

 

いやあ、幸せな時間だった~。

 

「シュクレペール」ホームページ

「スイーツモード南大沢」ホームページ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

2009年6月 9日 (火)

麺や 庄の

最近、何故か月曜はハードです。

 

午前は講師業。

朝、電源ユニット室に入ってブレーカーを立ち上げようとしたら羽虫がたくさんいて「うぎゃー!!」という目に遭う・・・。

おまけにムービングライトが調子悪い・・・。

「動け!」と、叩いたら動いたflair

とはいえチェックしないとな・・・。

 

午後は新宿にて照明の後輩とゴハン。

新宿なんて普段は来ないから食べる所を探すだけで30分もかかった。

田舎者だね・・・

 

夜は神奈川で飲み会。

3つのホールから人が集まって大騒ぎになった。

最近、月曜はこんな感じで忙しい。

 

ところで久し振りに好きなラーメン屋が見つかりました!!

市ヶ谷駅から徒歩5分にある「麺や 庄の」さんです。

Photo_2   

人気店らしくて混んでるんですが、僕はすでに3回行きました。

市ヶ谷に行く用のある方、どうぞ食べてみてください。←店の回し者か!

2009年6月 6日 (土)

塩山・勝沼 さくらんぼドライブ

今日はさくらんぼ狩りをしに山梨県の塩山市へと行ってきました。

え?最近、出かけ過ぎ?ちゃんと働け?

いいじゃん、それなりには働いてるよ。多分。

どうせ6月中旬には忙しくなるよ。例のバレエで。

 

今回は塩山にある「桜桃屋うちだ園」さんへ。

ここに来るのは3回目。

いつもお世話になってるので今回もここで、さくらんぼ狩り。

Img_1206  

ここは完全に予約制なので混雑する事が無く、ゆっくり食べれる。

梅雨にはさくらんぼ、秋にはブドウをここに狩りに来ます。

すんげえ甘いし美味しい!!!いくらでも食べれるdelicious

 

ちなみに。ここのホームページにはネットの世界で唯一、僕の写真があります。

管理人の方が来園者の写真を撮っているんです。

 

うちだ園を出て、勝沼町のぶどうの丘へ。

ここも何度か来てます。眺めのいい温泉に入れるのでゆっくり浸かる。

は~、極楽♪ ←いつの時代の人だよ・・・

 

続いて、ぶどうの丘近くの「原茂ワイン」へ。

Photo  

ここも2回目。

ここの倉庫の2階に、ランチを食べれるところがあるんです。

ここの料理はホント美味しいんです。

知る人ぞ知る、お店です。

新鮮な素材で作るランチなんですけど、本当に美味しい。

勝沼周辺に来たらぜひとも行ってほしいオススメ店です。原茂ワイン。

出てくる物、全部「おいしい!」と言いながら食べてしまいました。マジうまい!

 

続いて桔梗屋アウトレットへ。ここは4回目。

信玄餅のアウオトレット品が安く購入できます。

今回はホールスタッフ用に信玄桃を買いました。

自分用には高級信玄餅「吟造り」を買いました。ウマイんだよコレが。

 

と、食べ物づくしでドライブを満喫。

これだけ動き回っても午後5時には家に到着しました。

近くていいね、山梨県。

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ  

2009年6月 5日 (金)

影信山~陣馬山ハイキング ファイナル!

前回までの続きです。

 

 

高尾山~陣馬山のハイキングもいよいよ佳境です。

影信山を出発すると、もう人は少ないもので、後ろ50mくらいのところを男の人が二人ほど歩いているだけで、前には誰もいません。

 

・・・と、その時でした。

何かの鳴き声とともに右の草むらがガサゴソと動きました。

 

何かいる!!

 

それと同時にあちこちで鳴き声が聞こえだしました。

右から何か動物がたくさん迫ってくる気配がします。

後ろにも前にも気配が現れ、というか頭上にも気配を感じました。

 

現れたのは・・・

 

 

猿の大集団です!!

 

 

右方向から猿の集団がやって来てたのです!!完全に囲まれてます。

ヤバイな・・・。と、ケガくらいは覚悟しました。

後ろにいた人も猿を見て立ち尽くしてますが、彼らは集団の外側にいる様で、囲まれてるのは僕だけです。

ゴクリ。

とりあえず刺激しないようにゆっくりと前へ進みます。

こちらを見つめる複数の目。 

しかし特に攻撃してくる様子は無かったので助かりましたが、ヒヤヒヤしました。

集団を抜け出して、ホッとして進みます。さよなら猿軍団。

Img_1199 

↑偵察のサル?

  

 

しかし旅は長期戦。体力が減ってきてます。

カロリーメイトをかじりながら前へ前へ、進みます。

次の堂所山を越える頃には足が重くなってきました。

それに猿で時間をくったせいか、ゴール地点のバスの時間に間に合うか、微妙な展開になってきました。

次の明王峠に15時35分に到着出来なかったら、ここで下山も考えなければいけません。

ならば!!辛いがペースを上げるしかない!!

ピュレグミ・ウィダーインゼリー・カロリーメイトを総動員してエネルギーにして進みます。

 

 

明王峠に着いたのは15時32分でした。

Img_1200_2  

峠の茶屋・・・やってないー。

3分の休憩を取り、ラストの陣馬山へ向かいます。

最悪でも16時20分に陣馬山に着かないとヤバいです。

ここまで来ると、後は己の体力と気合と焦らない心です。

 

 

前も後もついに誰の気配も無くなる中、ヒジョーにキツイ階段が現れました。

きっとこれが最後の難関!

息切れしまくって階段を登ると・・・・

Img_1201_2 

ゴォーーーール!!!(写真に写ってるのは僕じゃないですよ)

Img_1202   

ついに最後の山、陣馬山の山頂です。

いやあ、とうとう辿り着きました。

素人の僕としてはかなりきついコースでしたが、やり切りました。

いろいろ思う所があります。

 

 

あとは下山です。

Img_1204 

ここが陣場山の和田峠で、ここからは車道を歩いてバス停に移動すればいいらしいんですが・・・。

バス停まで歩いて1時間とのこと。

はあ??

最終バスが17時25分。今、16時20分。

なんだかえらくギリギリだ!!急げーー!!

 

 

 

長い長い、下り坂。

コンクリートなので膝にダメージが蓄積されていく・・・。

痛くなってきた。

ヤバイな・・・そう思った頃・・・

バス停到着!!17時18分!!

Img_1205 

これにて長い戦いも終わりました。

足も腕もパンパンです。

膝が痛いですが、気分は最高ですね!!

何かに全力で取り組むのって・・・・辛いけど楽しいです。

 

どうすか?みんなも。ハイキング。僕はしばらくやりません(笑)

 

 

高尾→陣馬 縦走ハイキング 完!

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

↓以後2012年に加筆

読んでわかるとおり、この時の僕はもうハイキングはやらないと軽く宣言しています。

本気でツライ一日だった事をよーく覚えています。

しかし、高尾山の旅は終わりはしませんでした。

これより二年後、僕は再び高尾を訪れるのでした・・・

 

 

二年後へ・・・

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ  

2009年6月 3日 (水)

高尾山~影信山ハイキング

前回の続きです。

 

 

高尾山を出発して西へ。

立て看板には陣馬山まで約5時間と書いてあります。

ここでハイキング客は一気に減ります。

ここから先は子供はいませんでした。ハイキング好きなお年寄りや健康的な若い人ばかりで、僕の様なGパンで歩いている人はそんなにいません。

みんな歩くための格好をしています。

 

高尾山を出ると、すぐにもみじ台という桜の名所がありますが、そこはさっさと通過。

30分も歩くと一丁平という、これまた桜の名所に着きました。もちろん季節は違うけど。

Img_1189  

Img_1190  

木漏れ日の中にベンチが設置してあって、のんびりとくつろげる訳だね。

景色も綺麗なので、ビール片手にベンチでくつろいでるオッサンがいました。

平日だっつーのに(笑)

 

 

一丁平へもかなりな登りでしたが、その先はまた登り。

城山という山を登ります。今日3つ目の山です。

Img_1192  

山頂には茶屋があって高尾からや相模湖からの登山客が休憩してました。

ここで名物であるなめこ汁をいただきます。

Img_1191  

なめこ汁、ちょっと味が濃い目です。たぶん疲労した体には少し濃い味の方がいいからじゃないでしょうかねえ。

とにかく体に沁み入る感じですっごいうまい。「うめー」とか独り言いいながら食べる。

茶屋のお兄ちゃんがすごい感じがいい人だった。

Img_1193  

なめこ汁と高尾山口駅で買ったおこわを食べながら相模湖を眺める。

中央高速なんかが見えるけど、なんだかもう別世界な気分。

 

 

この城山を出発すると、一気に山を下り、またすぐに山を登る。

わりとすぐに辿り着いたのは小仏峠。中央高速の小仏トンネルの上になります。

Img_1194  

ここは三叉路です。

 

相模湖に下る道。

中央本線の脇のバス停に出る道。

そして僕が行く影信山への道です。

 

ここでまた一気に人が減ります。ほとんどはバス停や相模湖に降りる様です。

確かにここまでで体力はかなり消耗してるからね。 

 

 

ここで何故かふっと体が軽くなり、テンションが上がりました。

「なんじゃこりゃ?」

と思うけどペースアップ!もしかしてこれは走る人がまれに入り込むというランナーズ・ハイみたいな状況なのか??

ええい構うか、行け行け!

Img_1195 

辺りはもう木しかありません。

前にも後ろにも人はほとんどいないので気分良し!

 

 

ところが急に、これまでにないすごい角度の登りが現れました!

さすがにこの傾斜はキツクて何度か立ち止まりつつも、息切れしながら何とか登り切ると、そこは影信山の頂上でした。

Img_1197 

 

さ、さすがに疲れた・・・景色見ながら休憩~。

 

Img_1196    

ここで仙豆・・・いやピュレグミを補給。残り5粒。

他にカバンには水筒のビタミンウォーター500mlとウイダーインゼリー1個とカロリーメイト1個。

まだまだ先は長いけど、体力がけっこう減っているので少し長めに休憩。

 

 

ウイダーインゼリーを片手に影信山を出発!!

 

しかし・・・

 

急激な下りを滑りそうになりながら降りた時の事です。

 

草むらからガサガサという音が鳴り、何かの気配がした!

というか気配は前にも後ろにも・・・

いや、上にも!!

 

か、囲まれた!? Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

その正体は・・・・

 

 

次回へ続く!!

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ  

2009年6月 2日 (火)

高尾山ハイキング/2009

昨年からのミシュラン効果で観光客が通常よりもさらに増えている東京で一番有名な山、高尾山。

このブログで高尾山の話をするのはこれで3回目になります。

 

第1回「高尾山ハイキング」 2008-4-26

第2回「高尾山ハイキング・秋の陣」 2008-11-6

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

 

今回は前2回で使った6号路ではなく、稲荷山コースを使う事にしました。

Img_1184  

ここが稲荷山コースの入口です。

いきなりの急坂で始まるこのコースは、高尾山の前に稲荷山という山を登り、尾根つたいに、そのまま一気に高尾山頂へと行くコースです。

大多数の観光客はケーブルカーやリフト、第1号路へと進むので、他のコースより人が少ないです。

それでいて景色が良いという事で、高尾に慣れてるハイカー達には人気のコースです。

Img_1185  

この前の6号路はツタの生えている日陰のコースだったけれど、今回は陽の当たる道です。

汗かきながら急坂をせっせと歩きます。

自分のペースを守りたいんですが、写真中央のオジサンと、後から来るお姉さんが、意外と早く歩くので「負けるか!」的な発想で、予定より早めに歩きます。

・・・にしても急だな!このコースは!

いきなり汗だくだよ!!

Img_1186 

稲荷山の山頂に到着。見えているのは東京都心方面と埼玉南部。

よーく見ると西武ドーム(今は埼玉ドーム?)とか見えた。

ここでアクエリアスと、ピュレグミを補給。ピュレグミは糖分補給の意味で。仙豆みたいな効果を期待(笑)

 

いつの間にか写真のオジサンは前方へ消えて行き、目の前には後にいたお姉さん。

後ろには若手カップル。

うーん、高尾山って若い人が多いなあ。

 

高尾山は最後に階段で一気に高さを稼がなくてはいけないんです。

物凄い角度の階段を「うおおおお!」と気合を込めて登ると、ついに頂上へ!

Img_1188    

Img_1187_2  

もう少し寒い季節だと、ここから富士山が見えるらしいんですが一度も拝めてないです。

ちなみに、ここから富士山が見えたとして、その富士山の頂上に夕日が輝く瞬間があるそうです。

それをダイアモンド富士というのですが一度は見てみたいなあ。

 

さて、本来ならこれで今回のハイキングは終了ですが・・・。

実は今回、これはプロローグに過ぎません。

稲荷山・高尾山を登ったので二つの山を登ったわけだけど、今回予定してるコースはさらに、城山・影信山・堂所山・そして陣馬山へと登る、長い戦いです。

だんだん標高も上がっていくので疲れそうですが・・・

 

出発!!

 

 

 

そう、次回へ続く!!soon

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ  

2009年6月 1日 (月)

いきものがかり「ふたり」

六月です。梅雨です。雨ばっかです。当たり前です。

雨は嫌いです。傘が面倒です。農業の人には申し訳ないけれど。

急な雨で照明機材をバラシまくってた千葉時代が懐かしいです。

(ピンスポットをタワーの上でバラシてたら、近くに落雷・・・なんて事あったなあ・・・)

 

今週はクラシックというか生音の仕事ばかりでした。

生音で音楽を聴けるってのは本当は物凄い贅沢なんでしょうねえ。

クラシックに興味の無い僕としては「長い・・・眠い・・・」と感じる時間も、好きな人にとっては幸せな時間なんでしょうねぇ。

 

今いる小屋はクラシック主体で、お芝居とかが少ないホール。

もっと芝居を見たいなあ。聴くイベントではなく観るイベントが見たい。

 

で、クラシックの日の帰りは必ず好きな曲をウォークマンで聴きまくる。

とにかく明るい曲を、ポップな曲を、たまにはハードな曲を。

でも今日聞いたのはバラード曲。

ふたり 

いきものがかりの「ふたり」

なんか珍しく文学的な雰囲気のジャケットだね。

どこか昭和の香りというか歌謡曲的なメロディーが切なくて好きです。

絶対に00年代の音ではなくて90年代の音だと思う。そこがいいんだよね。

なんていうか・・・いきものがかりのBメロって、いつも本当に素敵だね。

 

でも切なくはならずに生きてますよー!(笑)

今年3月は落ちたからねdown

そのぶん最近は元気全開で行きますよーup

なにしろ、そろそろ例のバレエも近いし。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »