↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

とことこ神奈川 第7街「山北編」

神奈川33市町村すべてに散歩しにいく、とことこ神奈川の第7回ですshoe

 

 

今回は猛暑日となった7月26日に行った神奈川県最西部、山北町です。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2012年7月26日 12:00 JR御殿場線 山北駅☆

 

 

Dsc_0694 

 

 

凄まじい暑さの中、今回は車でやってきました。

山北町の中心地、山北駅です。

 

実は20代中盤の頃、山北の公民館で数日働いたことがあります。

「音響照明をやりつつ楽器屋もやっている」という不思議な経歴の社長さんと一緒に公民館で地域の催しをやった記憶があります。

 

Dsc_0695_2 

 

長閑な駅前。

人っこひとりいません。

電車は一時間に一本といったところですし、この暑さですから、いないんです。

え?ええ、神奈川県ですよ?

 

Dsc_0696 

 

線路沿いには、よしよしサンに紹介していただいた、D52という蒸気機関車がありました。

デゴイチって聞くけれど、これはデゴニなのかな。

僕は鉄道はさっぱりわかりません。豊岡真澄さんに聞けばわかるのかな。

 

 

ここからはセラピーロードというのを歩いて、今回の目的でもある滝を目指します。

Dsc_0698 

 

むう、これはかなりな山道だな・・・sweat02

散歩というかハイキングじゃないか・・・。

 

暑いし、虫いるし、人いないし、急斜面すぎるし・・・

 

Dsc_0699 

 

ぐあああ!!sad

なんなのこの角度は~?!

 

汗がだっくだくに出て息も切れ切れ・・・

やっと登りきると、そこは河村城址というところでした。

Dsc_0700 

 

だいぶ登ってきたんだねえ。

しかし人は全くいない。

なにしろ道を横切る様に、蜘蛛の巣が張られてたりするから、この日は一人も通ってないのかもしれない。

そんなマニアな道を今度は一気に下る様です。

 

Dsc_0701 

 

続いてはガラリと景色が変わり、田園が広がります。

ここらへんには住宅もあり、元気そうな中学生が歩いてました。

愛川町を超える長閑さです。

しかし・・・暑すぎる・・・・・・・sun

死にそう

 

Dsc_0702



ロンドンオリンピックの女子マラソンに出場するという尾崎好美選手は山北町出身なんですと。

いたるところに大きく報じられてました。

 

Dsc_0704 

 

やがて小川が現れました。

急に周りが涼しくなります。

そして、遠くからザーという豪快な水音が。

 

Dsc_0705 

 

日本・滝100選 酒水の滝です。

崩落があったため少し離れたところからしか見れませんでしたが、水しぶきと日陰によって、涼しい~。

いやほんと、涼しいhappy01

 

Dsc_0709 

 

水、ツメタイーhappy02

penguin

Dsc_0707 

 

だいぶゆっくりとしましたー。

和むなあ、滝は。

 

 

 

さて、別ルートにて山北駅へと戻りました。

Dsc_0712 

 

 

一度車に乗り込み、20分ほど走って丹沢湖へと移動です。

 

 

 

Dsc_0714 

 

丹沢湖はこんなところ。

お蕎麦でもいただこうかと思っていたのですが、午後3時くらいで閉店のお店が多く、食べれませんでした。

ということでここはちょっぴりの散策で終わらせて、さらに山奥へと車で進みます。

 

 

武田信玄のかくれ湯、中川温泉です。

清流が流れているので、川沿いまで降りてみました。

 

Dsc_0717_2 

 

水がキレイです。

透明というよりも、エメラルドグリーンに近い清流です。

思わず川の中まで散歩です。

 

Dsc_0718 

 

あ、この写真アングルはくらげさんのマネです。

 

コレ、川に浸かっているんですよ?水があるかどうかすらわかんないでしょ??

 

さて、ちょっと冷えたので温泉に行きます。

今回の散歩の終着点は中川温泉・信玄館です。

 

Dsc_0716 

 

旅館なのですが、立ち寄り湯も時間によってやっているので、ここで湯ったりしますspa

 

Dsc_0715 

 

オシャレでいて雰囲気のある館内でした。

そして温泉も川を眺めながらで、とても落ち着きのある場所でした。

 

お土産物屋さんでは、お兄さんがいい感じの人で、ちょっぴり雑談。

「何も無いのがこの辺の魅力なんですよ」

なるほど。それは意外と深い言葉だな。

 

 

と、いう感じでほっこりしたところで、

とことこ神奈川・山北編、これにて終了~!

 

 

riceball今回立ち寄った場所リンク

河村城址

酒水の滝

信玄館

 

←前回は鎌倉編

→次回は葉山編

2012年7月30日 (月)

夏バレエ2012 眠れる森の美女

オリンピック始まりましたねー!

まずは女子重量挙げを見ました!三宅宏実さんスゲエ!

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

夏バレエは二回戦です。

北関東に宿泊の現場です。

→2年前のこの仕事の様子「夏バレエ1回戦」

 

 

一回戦に引き続き、前の会社のお仕事です。

照明チーフはきのこ氏。音響チーフは大江アナ氏。舞台監督はバレエ専門の方です。

 

照明は7人いますが僕だけが別会社というチームです。

 

電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、普段来ることのない田園地帯へと向かいます。

 

Dsc_0722 

 

ガタンゴトンと電車で北へ・・・train

 

 

劇場に着いたら打ち合わせpencil

チーフきのこ氏から、予想通りの指示が・・・

「ゆうきさんは本番、卓です」

やはりオペレートは僕なのね。

 

 

さてさて、ダダダッと照明吊り込みですflair

平均年齢27歳くらいと思われる若手チームですが、ちゃっちゃか仕込みます。

む・・・僕は33歳で最年長かsweat02

 

 

シュートでは久しぶりに介錯棒をやりました(高枝切ハサミみたいな長い棒で、上の方にある照明を動かすのです)

 

仕込み終わったら明かり作りと、場当たり、シーンごとのリハーサルです。

 

今回の作品はバレエで最もお金がかかり、長大な物語「眠れる森の美女」です。

プロローグ、第1幕、第2幕、第3幕とあり、全て合計すると3時間を超える超大作です。

物語自体も、プロローグから第3幕までで116年の時が経過するという壮大な話です。

 

物語自体はこちらで読んでみてください。書くの面倒なので(笑)

→物語の概要

 

実は眠れる森の美女は、僕が前の会社で最後にバレエチーフをやった物語でもあります。

あの時は自分の中で「バレエ最終章」と考えてやっていたので、まさか再びこの物語のオペレートやるとは思いませんでした。

 

 

初日のリハーサルが終わり、夜は打ち合わせという名の軽い飲み会beer

 

 

 

二日目。

ゲネプロと本番です。

合わせて6時間を超えるので、出演者・先生・スタッフともに長時間奮闘します。

 

 

まずね、この物語は一番最初に流れる曲が緊張感を高めるんだよね。

あの曲ねえ、何度聞いてもドキドキするんだよ。

で、3時間後に流れる最後の曲がいかにもフィナーレな曲でさ、さあラストだぁって気持ちになるの。

 

そうして本番は終了!

色々と緊張感のあるオペレートでしたー。

 

 

これにて今年の夏バレエは終了です。

ふいー。

 

Dsc_0723_5


♪今日の一曲/いきものがかり「風が吹いている」

2012年7月25日 (水)

逆ダイエット2012/7月の結果

葛西臨海水族園で、バックヤードツアーに参加しました。

Dsc_0691 

参加賞としてマグロの缶バッジをもらいましたfish

 

水族館の裏って面白い!

こんな風になってるんだ~って感動!

しかしこんな現実も。

「水族館でのマグロの死因第一位は・・・。  水槽への激突事故」

うーむ、なるほど。

水族館のスタッフがいかに色んなコトを行っているのかわかって勉強になりました。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

さてさて、今月の逆ダイエット結果ですが・・・

 

 

体重 64.5kg  (6月64.7kg・5月64.0kg)

体脂肪率 12.8%  (6月12.5%・5月13.7%)

 

 

キープ。

といった感じです。

夏は逆ダイエットにとっては天敵です。

油断するとすぐに痩せます。

気を付けて夏を乗り切ろうと思いますが、今週末もまたバレエ現場です。

北関東へと出かけてきます。

ではではー

 

 

♪今日の一曲/井上あずみ「となりのトトロ」


2012年7月19日 (木)

夏バレエ2012 白鳥の湖

だいっぶ久しぶりに「旅」と「とことこ神奈川」以外のコトを書きますpencil

 

遊んでばっかいたわけじゃないんですよぉ。

毎日、イベントホールで展示会とかを担当してるんですよぉ。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

久しぶりにご指名いただきまして、バレエ発表会のお仕事へと行ってまいりました。

チーフ(照明デザイン)はフリーランスの葛西氏(仮名)

ぼく、「ゆうき」はサブチーフということで、照明卓のオペレートです。

そしてピンスポットや舞台袖の担当は、全てぼくが前に所属していた会社の社員さんたちです。(あ、いや、一人うちの会社のメンバーもいる)

音響さんは、この業界で一番最初の先輩である、倶楽部さん(仮名)

→二年前のこの仕事の様子「夏バレエ2回戦!」

 

作品は「白鳥の湖」です。三大バレエのうちの一つです。

(「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」)

 

まんずはダダダッと照明の吊り込みです。

 

何だか苦戦して怒鳴られている人もいましたが、苦戦もしてないのにぼくは怒鳴られました。

 

「なんでー?」

「お前は何もなくても怒鳴っておく。その方が楽しい」

「まあ、楽しいならいいですけど」

 

指名しといてコレなのですが、このチーフとは昔からこういうパターンです。

ぼくも自分の役柄はわかっております。

 

走り回る人もいますが、今回はのほほん派でいきます。

 

シュート(照明を当てたいものに当てる作業)では、チーフが上からの明かり(サス)を指示して、ぼくは前からの明かり(シーリングなど)を指示することになりました。

ふむー。こういう同時進行で指示するの、あまりやったことないーsweat01

 

 

初日は場当たりと通し稽古まで。

久しぶりに見るバレエは、なんだか楽しいです。

 

 

二日目になるとゲネプロが始まります。

白鳥の湖に出てくる王子は、オデットのコトが好きなくせにフィアンセが四人もいるし、

最終的にオデットの偽物、オディールに愛の告白をするという、

とんでもないドロドロした展開のお話です。

 

偽物オディール(黒鳥)に告白をしたときが照明での見せ場になるのですが・・・

 

 

汗かいたー。

マジ緊張する。このシーン。いつもそうなんだけど。ドキドキするの。

 

 

そして、王子は黒鳥をよこした悪、ロットバルトとの戦いへ。

 

からくもロットバルトを倒した王子は、なんとかオデットと結ばれましたとさ。めでたし。

 

 

 

われわれ、照明チームもお仕事はめでたしで、打ち上げで大騒ぎをして、帰りました。

 

 

というわけで、二年ぶりの夏バレエ、めでたしめでたしflair

今年は二回戦へ続きます。

 

♪今日の一曲/桑田圭介「幸せのラストダンス」

 

2012年7月17日 (火)

とことこ神奈川 第6街「鎌倉散歩/後編」

→前編の続きです。

(前編では北鎌倉駅をスタートして円覚寺や明月院の紫陽花などを見ながら歩きました)

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆7月5日 14:20 鎌倉市 鶴岡八幡宮前☆

 

 

 

昼食までは鎌倉の超鉄板コースを歩いていたわけですが、ここからは少しゴールデンルートから外れまして、修学旅行生などはほとんどいない金沢街道を東へと歩いていきます。

 

 

こちらの方向は「鎌倉に来るのが二度目以上の、リピーターが多い」といわれるエリアです。

 

そんな金沢街道をしばらく歩くと、これまでとは全く違った雰囲気のお寺が姿を現しました。

 

Dsc_0652 

 

鎌倉最古の寺、杉本寺さんです。

鎌倉時代よりも前、奈良時代に建てられたということです。

階段にはコケが生えていて危ないために登れません。迂回して登ります。

 

 

Dsc_0653 

 

藁葺屋根のお寺さんです。

さきほどの階段あたりからそうですが、前半でまわったお寺とは違う空気が流れています。

なんせ奈良時代です。1000年以上前からあるんです。

なんとなくゴクリとする様な雰囲気がありました。

 

 

金沢街道をさらに進むと、今度は全く違ったお寺に到着です。

 

Dsc_0655



報国寺さんです。

こちらは散歩の中盤戦で「竹林で有名なお寺には行くんですか?」と、ツイッター上で”ちぃさん”という方に聞かれ、行ってみたくなり来ました。

そういや何年も前に「リンカーン」でさまぁ~ずが来たのを見たことがあります。

 

 

Dsc_0656_2 

 

さわさわと風に揺れる竹。

その奥では抹茶をいただく人たちjapanesetea

なんとも心が落ち着く庭園です。

何時間も佇んでいたくなります。

 

Dsc_0658 

 

 

一本一本が立派な竹です。

見上げると竹の隙間から空がのぞいていました。

そこにホトトギスの鳴き声が聴こえたりします。

和む~

 

 

この報国寺は今回の散歩で一番周りからの反応がありました。

ぜひともオススメしたいスポットです。
 

 

 

 

さて、金沢街道での最後のお寺は、鎌倉五山の第5位である浄妙寺さんです。

 

Dsc_0660 

 

周りの森が少し離れているため、空が広く、明るい雰囲気のお寺さんです。

金沢街道の3寺はすべて全く違う雰囲気です。

 

ここは猫が寝ていました。

 

Dsc_0659 

 

ぐう。

 

ぐう。

 

時々起きますが、すぐ寝ますsleepy

 

こちらにも枯山水がありました。

Dsc_0661 

 

 

これで金沢街道は終わりにします。

だいぶ疲れたので、バスにて鶴岡八幡宮まで戻りました。

そして小町通りなのですが、修学旅行生であまりに混んでいて、素通りしてしまいましたsweat02

楽しそうだな~、中学生たち。

 

 

なので鎌倉駅に到着です。

Dsc_0662_2 

 

このまま大仏のある高徳院さんの方向へと歩きます。

今度は西へと県道を歩くわけです。

だいぶ歩くと高徳院の入口まで着きました。かなりありますね。

 

えーとなになに?16:30にて閉門。

 

・・・はいー?

 

時計を見ると16:45

 

ええsign02

鎌倉散歩なのに大仏さまを見逃した・・・sweat02

 

 

 

これはですね。えーとえーと。

とことこ神奈川/鎌倉編として、これでいいのかとおしかりを受けそうですので・・・

 

そのうち「鎌倉リターンズ」やります。

 

 

 

そう考えながら、市内を離れ、散歩はついにこんな景色の場所へ。

 

 

Dsc_0663 

 

由比ヶ浜です。

鎌倉は相模湾に面しているんです。意外と知らない人もいますが、歩いてすぐです。

 

ここは鎌倉花火大会の会場でもあり、水上花火がド迫力ですannoy

 

 

この由比ヶ浜を眺めながら国道134号線を西へと歩きます。

さざ波の音がなんとも切ないです。

 

 

Dsc_0664 

 

砂浜が終わると、岩がむき出しでまたも雰囲気が一変。

ベンチが設置してあって、読書するオジサンや、おしゃべりする女子グループなどがいました。

そして岩場を超えると・・・

 

 

Dsc_0667

 

 

稲村ケ崎です。
 

辺りは薄暗くなり、夕日が少し出ていてグッとくる景色でした。

暗くなるまでココで佇んでいたいのですが、ゴール地点である「鎌倉高校前駅」を目指します。

 

 

海沿いにはオシャレなバーやレストランがたくさんありますが、今回は夕食は考えていません。

波を眺めながらとことこと歩きます。横須賀編を思い出しますねえ。

 

♪稲村ケ崎は今日も雨~(サザンオールスターズ「君こそスターだ」)

 

Dsc_0670 

 

江の島をバックに江ノ電が走り去ります。

ちなみに江の島は藤沢市なので、藤沢編の時に行くでしょう。

その時は江の島から、ここを写真で撮ってみましょうか。

 

 

そうして18:30

鎌倉高校前駅に着きました。

 

Dsc_0672 

 

いやぁ、さすが散策の名所。見どころの多い散歩だった~happy02

 

 

とことこ神奈川、鎌倉編。

これにて終了~good

少し悔いが残ったかな??coldsweats01

ご意見求ム!!

 

 

 

(→この半年後、本当に大仏様を目指して北鎌倉から歩きました)

「鎌倉散歩リターンズ」

 

 

 

→次回は山北編

←前回は鎌倉/前編

 

 

◇とことこ目次ページへ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ

 

 

riceball今回立ち寄った場所リンク

杉本寺

報国寺

浄妙寺

 

2012年7月12日 (木)

とことこ神奈川 第6街「鎌倉散歩/前編」

神奈川県33市町村の全てに散歩しにいく、とことこ神奈川の第6回目ですshoe

 

 

今回は、とことこ神奈川では初の明らかな観光地です。

見るとこ多すぎて、行くとこ絞り込むのに苦労しましたけど、たくさんの場所に行ったので二回に分けて更新してみます。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆7月5日 11:00 鎌倉市 JR横須賀線 北鎌倉駅☆

 

 

鎌倉散歩は、北鎌倉駅に降りてスタートです!

降りて、徒歩30秒も歩けば、鎌倉五山の二位である円覚寺さんです。

Dsc_0628 

 

鎌倉幕府八代・北条時宗が建立した寺だということです。

かなり広大な敷地になってます。

 

Dsc_0629 

 

いきなり現れた山門が、まあ威風堂々としか言いようがない!!

歴史感あるし、迫力あるしで、一気に普段の生活圏とは違う空間に来たのを実感。

しかも、人もけっこういるのですが、静かなんですよ。

何故だろう。何故か静か。

 

 

Dsc_0631
 

 

あーもう、期待してたような理想の景色が散策開始から15分で現れちゃったよ(笑)

こういうの好きなんだよねえ。

ちなみにこの池は妙香池。建立当時からあるとのことです。

 

 

円覚寺の一番奥の方まで行くと、黄梅院というところがありました。

 

Dsc_0632 

 

いやあ、なんという場所だろう。

木々の向こうに見え隠れするってのが何とも風情がありましたよー。

秋に来るのもいいんだろうなあmaple

 

 

境内を歩いていると、急な階段を発見。

よいしょよいしょと登ると、国宝だという関東最大級の鐘、洪鐘がありました。

 

Dsc_0633 

 

ゴォーンって突いてみたいけれど、それは出来ません。

まあね、軽々しく突くのは僕も嫌だしね。選ばれた人だけが突いてほしいよね。

 

 

さてさて円覚寺を出て、鎌倉方向へと散歩します。

町に佇む甘味処がどこもオシャレ!

美味しそう・・・と思いながら辿り着いたのが明月院さんです。

 

 

Dsc_0637 

 

アジサイの坂がお出迎えです。

ここは鎌倉を代表する紫陽花の名所で、あじさい寺とも呼ばれる場所です。

 

Dsc_0634 

 

青がキレイです。

あまりこんなにたくさん咲いている青いアジサイは見ないので、ひゃーとか呟いちゃうcoldsweats01

 

 

Dsc_0636
 

 

お寺ですのでね、アジサイばかりに注目が行きがちですが、これまた歴史のある建造物がありましたよ。

中でも僕としては枯山水(って言うの?)が良かった~。

 

Dsc_0635 

 

 

めちゃキレイじゃない?!

コメントとしてどうかとも思うけど、めちゃキレイじゃない?!

 

 

さてさて、続いて訪れたのは鎌倉五山、第一位という建長寺さんです。

 

 

Dsc_0638 

 

集え!!

 

Dsc_0639_2 

 

ここも広大な敷地です。

中学校の遠足かなんかで来ました。

その時のコト、なんとなく覚えてまして・・・

当時、好きな人がいて、スレ違うたびに振り返ってたsweat02

そんな思い出がここにはあります。

 

 

Dsc_0641 

 

奥には龍王殿という寺院の長老が住んでいた建物があって、そこに入ってみました。

なんだろう、懐かしい匂いがした。

田舎の実家に帰ったかのような。実家は東京だけれども。

畳の香り?

 

 

Dsc_0642 

 

龍王殿には庭園があって、ここがまたいい風情なんですよーclover

中学の時もここに座ってのんびりした記憶があるなあ。

あの時、同じ班でまわったのが誰だか思い出せない。

 

 

Dsc_0644_2 

 

さあ、建長寺を出ると北鎌倉エリアは終了です。

このまま鎌倉散歩のゴールデンコースを進みます。

 

少し歩くと、いよいよ鎌倉散歩の定番中の定番である鶴岡八幡宮です。

 

Dsc_0645 

 

ここはもう凄い人!!

源頼朝がここに建てたという、鎌倉を代表するお寺。

 

地元の人は当然なのですが、僕も何度か鎌倉に来ているうちに「八幡さま」と呼んだりする様になりました。

よく「あそこは修学旅行生が多いから」と言って混雑を嫌がる人がいますが、自分だって来ていますし、楽しくグループ行動している様子を眺めるのは明るくて好きです。

前回ここに来たとき、女子中学生に「でかい人いるよ!ちょっと着いていってみようよ!」と聞こえる音量で言われ、10分くらい尾行されましたrun

 

 

Dsc_0648 

 

何年か前に嵐で倒れてしまったのが、この大イチョウ。

今は写真の様になってしまいましたが、これで終わりではありません。

 

Dsc_0647 

 

大イチョウの一部は写真の様に植えられ、未来へと繋がっていきます。

僕らの時代ではなく、もっともっと先の時代、立派な姿に育っていることだと思います。

その頃の世界はどんななのでしょうかね。

 

 

鎌倉散歩ゴールデンルートはこのまま小町通りに行くのが大定番。

でも今回はその隣の若宮大路にある新しいカフェに入ってみました。

 

Dsc_0651 

 

鎌倉どんぶりカフェ「bowls」です。

鎌倉というより湘南の雰囲気が漂う新しめのカフェで、湘南シラス丼を頼みました。

 

 

Dsc_0650 

 

シラスとワカメの組み合わせが美味しい~delicious

やばい、また食べたくなってきた!

 

腹ごしらえをしたら、もう午後2時30分。

午後はゴールデンルートを離れ、人の少ない鎌倉を歩きますよ~。

ただし!とことこ神奈川は鎌倉散歩ではなく「鎌倉市の散歩」なので、わりと鎌倉中心地から離れて行きます。

 

 

→鎌倉・後編へ続く。

←前回は綾瀬編

 

今回立ち寄った場所リンクriceball

円覚寺

明月院

建長寺

鶴岡八幡宮

どんぶりカフェbowls

2012年7月 8日 (日)

南へ!もぐもぐ東北道ドライブ+α

→前回までの続きです。

ゆうき史上・最長ドライブ、やっと最終回です。

 

 

初日は502キロ。

二日目は174キロ。

そして三日目は前回の米沢までで79キロ走ってます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2012年6月18日 15:30 山形県米沢市☆

 

 

ここから神奈川県まで帰るわけですが・・・。

二日前の502キロの疲労と危機感を思い出します。

とはいえ帰りは「どれだけ走ればたどり着くのか」という危機感はありません。

ラスト100キロくらいは知っている地名も出てくるでしょうから。

 

米沢市内のガソリンスタンドで空気圧などを点検して、いよいよ出発です。

 

ここから東へ東へと車を走らせます。

山の中の国道13号を進み、古びた長いトンネルを通り抜けると、いよいよ山形県を抜けました。

 

次に通るのは・・・

福島県です。

福島飯坂というインターから東北自動車道の乗って、一気に首都圏を目指します!

 

 

 

☆16:10 東北自動車道 福島県内 吾妻パーキングエリア(山形市から127キロ地点)☆

 

 

忘れてはいけないのは今回の旅は「東北地方に来ている」ということです。

山形県は日本海側だったので、そんなに震災のコトは考えませんでしたが、やはり太平洋側の県に来ると考えます。

 

Dsc_0608
 

 

各サービスエリアには基金に繋がる物品が販売されています。

絆・・・という文字は東北に来ると、関東で感じているのとは全く違った重さを感じました。

 

 

でもね。

穏やかなんですよ。

ここらへんは津波は関係ありませんが、福島県というだけで避けている人も多いでしょう。

そんな人のために言っておきます。

 

穏やかな空です。

そして、広大で綺麗な景色です。

 

そんな福島県内をしばらくは走り続けます。

 

 

☆17:00 福島県内 安達太良サービスエリア(山形市から157キロ地点)☆

 

 

Dsc_0609


さあ、ここから関越道と同じくもぐもぐしながら行きますよぉ~delicious

 

よしえさんのももクッキーです。

がんばろう、とうほく!

Dsc_0610

これね、ほんのりと桃の後味があって、すごくオススメでしたnote

よしえサンて誰でしょうかねえ。よしえサンの娘さんバージョンもありました。

 

 

 

Dsc_0611 

 

福島県の穏やかな夕方。

通り抜けただけですが、こんなに穏やかな場所を風評被害に遭わせたくないなって思いました。

当たり前だけど、神奈川と何も変わらない空です。

 

 

 

☆18:30 栃木県内 那須高原サービスエリア(山形市から222キロ地点)☆

 

 

さて、100キロくらい福島県を走り、続いては関東地方の栃木県です。

Dsc_0613 

 

銘菓「御用邸の月」です。

カスタードが入って甘いです~。

疲れが出てきた体にピッタリですよ。糖分が染み込むscissors

 

Dsc_0614 

 

ちょっと日も暮れてきました。

いよいよここからは夜の高速道路というコトになります。

走りだすと、もうここからはずうっと山です。

建物の光がほとんど見えない。

前にも思ったことですが・・・日本ってほとんどが田舎なんだよね。

栄えてるエリアなんてほんの一部なんだよ。

 

 

 

☆20:00 栃木県内 上河内サービスエリア(山形市から273キロ地点)☆

 

 

んー。

この時間に栃木県の中央にいるというのは・・・どうにも押してますねえ・・・sweat02

 

Dsc_0615 

 

宇都宮が近いということで、ここでは宇都宮餃子定食です。

定番の味が一番ウマイのよjapanesetea

何個でもイケるけど、先へ進みましょう。

 

 

 

☆21:00 栃木県内 佐野サービスエリア(山形県から327キロ地点)☆

 

 

おいおいー!!

いつまで栃木県は続くんだよ!こんなにデカイのかよ~。

くあー・・・やっぱ遠いなあ。甘かったなあ・・・。

 

Dsc_0616 

 

サービスエリア内にホテルがあったよ。

と、泊まりたいなあ。

ん、満室か・・・。

 

Dsc_0617

 

計画は甘くとも、ここでは甘くない銘菓「檸檬の月」

さっきも似た様なのあったけど、今度のはレモンですからね、少し酸味がありました。

これ、東北道ではベストだったnotes

しかし栃木県に入ってからはずうっと暗闇のドライブです。街は通らないみたい。

 

 

 

☆21:45 埼玉県内 蓮田サービスエリア(山形市から367キロ地点)☆

 

 

埼玉に来たよ~!

Dsc_0618_2 

 

草加せんべいです。

しょっぱいものが食べたかったもので。

 

ここ、蓮田は都心を前、最後のサービスエリアなので、トラック運転手がたくさん仮眠をしていました。

都心突破はそんなに疲れるのか。

よし、あと一息だ!!

 

 

だがしかし。

東北道を抜け、首都高に入り、渋谷あたりの地下を走行中・・・

 

 

 

 

この旅、初の渋滞shock

ここでかよぉ~

 

赤いテールランプ、たくさん見て思う。

♪ギラギラした街を抜け~ さっさとうちに帰ろう~

♪思わぬ工事渋滞で、赤いランプを眺めりゃ~

何の歌でしょう?

 

 

 

☆23:10 神奈川県内 港北サービスエリア(山形市から437キロ地点)☆

 

 

東京都では渋滞を経験しただけで休憩はなく、一気に神奈川県です。

ここで最後の休憩となります。

Dsc_0619 

 

もう、お店やってない・・・。

ちなみにここはすでに首都高も終えて、東名高速です。

 

 

横浜町田インターで久しぶりの一般道に降りました。

国道16号で相模原市へ。

 

 

長きにわたった最長ドライブもいよいよゴールです。

年をとったらこんなのは出来ないかもしれません。

そう思って今回のドライブ旅行を計画しました。

やって良かったのかもしれないし、電車で行けば良かったのかもしれません。

 

 

でも、ずいぶん後になって笑いながら思い出すはずです。

なんだかバカな旅行やったなあ・・・って。

 

 

そう考えながら進み、モコはゆっくりと、ゴールである自宅の駐車場へと辿り着きました。

お疲れ様、ありがとう、モコ。

 

Dsc_0620_2 

 

 

総走行距離1131キロ。

(初日502キロ、二日目174キロ、三日目455キロ)

 

 

ゆうき史上・最長ドライブ  完

 

2012年7月 7日 (土)

山形縦断の旅「後編」 山寺~米沢

 

→前回までの続きです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2012年6月18日 10:30 山形県 山寺(山形市から16キロ地点)☆

 

 

今回の山形縦断の旅で一番の目的としているのが、ここ山寺です。

幼い頃に来ているらしいのですが、記憶にはさっぱり無い。

しかしこの辺りはどうやら僕の先祖が暮らしていた地域・・・らしいです。

 

 

P1000200 

 

 

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

 

松尾芭蕉の句にも詠われた山寺は、1015段の階段を登る寺であり、

こないだの比叡山延暦寺の別院として建てられたものだそうです。

→「琵琶湖一周の旅(4) 比叡山編」

 

 

それでは登っていきましょうかー!

 

P1000201


 

 

あっという間に疲れましたcoldsweats01

体力不足だぁ。

 

 

P1000202
 

 

 

最初に着いたのが根本中堂。

ブナ材で作られた建築物としては日本最古と言われているらしい。

歴史があるんですね!

 

P1000203 

 

松尾芭蕉の像がありました。

え?こんな渋くてカッコいい人だったの?!

知らなかった~。句ばかり出回っていて本人のコトはよく知らなかった。

(本人はそれを望んでいたのでしょうけども)

 

 

P1000206
 

 

やはり句に詠まれている様に、岩が辺りにはたくさんあります。

誰かの超能力で動かしたという岩もありました。(近くにいたガイドさんが話していた)

 

 

P1000207

 

中間地点まで登ると、仁王門という山門があります。

邪心を持った者が通らぬ様に仁王像が睨みをきかせている門とのこと。

邪心かぁ・・・。僕、心がキレイとは言えないからなあ・・・。

 

 

 

 

息を切らしてどんどん歩く。

1015段登ったでしょうか。

一番上まで行くと奥の院があります。

比叡山延暦寺から分けられた火が灯されているとのことです。

 

P1000209



ここからは修行で行く場所もあるらしく、そこへの道は「欲を持ったまま行こうとして滑落し亡くなった僧がいる」らしく一般人は行けません。

 

P1000213 

 

上から、今日の最初の写真のトコを見下ろすとこんな感じでした。

ひゃー気持ちいい~note

深い山々に囲まれているんだねえ。

こういう景色を待ってたんだよ、この旅は。やっとだよ!!

 

 

そして、観光マップなどでも使われているアングルから、景色を眺めます。

他の方に記念写真も撮ってもらいましたhappy01

 

 

Dsc_0605 

 

 

 

さて下山したら、食べ歩きしますdelicious

 

まずは名物の力こんにゃくです。

P1000217 

 

熱い!!

熱い熱いと騒いでたら「だから言ったでしょ~」とお店のオバサンに笑われました。

 

うぬう。

ならば熱くない、ずんだ餅をいただきます。

P1000216 

 

おひょー!!(グーフィーか)

なんとも、てんこもりなずんだですなあ。

二つとも美味しくいただきましたぁnotes

 

さてさて、旅は最後の目的地、米沢へと向かいますよぉrvcar

 

 

 

 

 

☆13:30 山形県米沢市(山形市出発から79キロ地点)☆

 

 

P1000219 

 

上杉神社に到着!!

上杉謙信の上杉ですよ!!

さすがにここには多くの歴史ファンが集まっていました!!

 

神社に入ると急に涼しげな風が吹きます。

 

P1000222 

 

ここはだいぶ散策してみました。

松とかがいい雰囲気なんですよ。

 

P1000223 

 

 

立派な神社です。

ここで旅の〆におみくじを引いてみます。

 

結果は・・・・・・・

 

 

 

大吉です!!

やったー!数年ぶりの大吉だ!

この夏はいいコトがありそうだ!



さてさて、お昼は米沢牛の串焼きと、米沢ラーメンをいただきます!

 

ん??

何故か写真が無いぞ???

何故~crying

 

見つかったらUpします。すいません。

 

 

とにかく米沢牛が柔らかくてたまらなかったですよぉsmile
 

米沢牛でステーキは5000円くらいするから無理でした・・・sweat02

 

 

 

 

 

 

米沢はもう山形の南のハジですので、帰路につきます。

山形縦断の旅、これにて終了~!

ありがとう山形!さようなら山形!

 

 

P1000195 

(霞城セントラルからの山形県の景色)

 

 

しかし「ゆうき史上最長ドライブ」はもう少しだけ続きます。

→次回で最終回です。

 

2012年7月 4日 (水)

山形縦断の旅「中編」 天童~山形

→前回までの続きです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2012年6月17日 16:30 山形県村山市☆

 

 

銀山温泉でまったりしてから、県道29号線で田舎を進みます。

その後、県を南北に突っ切る国道13号線を南下。

 

P1000182 

 

昨日はあの山の向こうにある日本海沿いを北へと走っていたんだなあって思いながら長閑な国道を進んでいきます。

 

 

 

 

☆17:30 山形県天童市 舞鶴公園(酒田市から167キロ地点)☆

 

 

将棋の町、天童に到着です。

舞鶴公園というとこに行きたいのですが、道がわからずモコでウロウロ。歩いてウロウロ。

やっと道を見つけたら、地図上ではただの公園ですが、どうやら小高い山を登る様です。

地図では標高差まではわかりませんでしたので今回一番の大苦戦でした。

 

 

P1000183 

 

 

さらに公園内を一番上まで階段を上ります。

ここは天童市を象徴する場所! ・・・だと思います。

 

 

Dsc_0604


 

 

 

ドドン!!

 

王将の駒です。威風堂々!!

 

ここは人間将棋を行う場所らしく、巨大な将棋盤が公園内にありました。

 

P1000185 

 

 

どなたか写り込んでますが、これなら大きさがわかりやすいでしょ??

僕もテレビのニュースで見たことある気がします、人間将棋。

あ、モコが写ってる。モコ~!

 

 

P1000187

 

 

街灯まで将棋の駒です。

ちなみに僕は、真っ直ぐに突き進む香車が好きなので、写真も香車の街灯です。

 

 

ここからは10キロほど走れば今日の目的地、山形市です。

すでに公園からも中心地にある大きな霞城セントラルが遠くに見えています。

 

 

 

 

☆18:30 山形県山形市中心地 キャッスルホテル(酒田市から174キロ地点)☆

 

 

二泊目の宿泊ホテルに到着。今日はまだ明るい時間ですよぉnote

わりと大きなホテルです。結婚式とかもやっている様な。

 

ま、とりあえずは街へと繰り出します。

 

 

P1000188 

 

 

山形駅前。この旅で一番大きな街です。右奥に見えるのが、その最大のビル、霞城セントラルです。

これまで経験した旅の中では富山駅前に雰囲気が似ています。

おなかも減ったので平田牧場の三元豚を食べますdelicious

 

 

P1000189 

 

おなかも膨れたら、霞城セントラルの最上階へと登ります。

高速エレベーターにて一気に行けます。無料。

 

「山形の夜景も捨てたものじゃないよねー」

とすれ違う女子たちが言ってました。

へえ!と思って眺めます。

 

 

P1000190

 

写真だとわかりにくいですが、

かなり綺麗な夜景なんですよ!!

写真の撮り方が悪いんだね・・・今回、母親のデジカメを借りてきたので使い方がわからんのだよ・・・。

 

 

さてさて、さくらんぼワインでも飲んで早めに寝ますよー。

 

P1000192 

 

 

 

 

☆翌、6月18日 08:00 キャッスルホテル内カフェ☆

 

 

P1000193 

 

山形食材でモーニングですrestaurant

画面上にあるのが、山形県ではとにかくコレ、芋煮です。

とにかく色んなトコにあります芋煮。素朴で優しい味です。




再び霞城セントラルに行って今度は昼間の景色を眺めてみました。

 

 

P1000194 

 

昨夜の夜景と同じ方向です。

山脈に囲まれた広大な平野・・・・どうやら盆地の様です。

昨日の新庄あたりから、この山形市、さらにはまだ南へと盆地は続いている様です。

広い!!

 

 

少し歩くと、山形城跡となる霞城公園がありました。

 

P1000199 

 

すでにお城自体は無いのですが、立派な入口があって、朝から散歩する人たちがいました。

↓ここを自転車で走行する人もいました・・・。ふ、雰囲気が・・・sweat02

 

 

P1000198


ホテルは10時にチェックアウトなので、街中を散歩して、山形市を出発です。

今日は最終日。

この旅の最大の目的としている山寺、それと米沢と旅をして、夕方からは神奈川へと向かいます。

また初日の様な過酷なドライブが待っているわけです(笑)

 

 

→次回へ続く。

 

二日目のルート

大きな地図で見る

2012年7月 2日 (月)

山形縦断の旅「前編」 酒田~銀山温泉

ゆうき史上・最長ドライブ編の第2回です。

(→前回の続きです)

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2012年6月16日 20:30 山形県酒田市街地☆

 

 

502キロをモコで走り、ぐったりと到着した酒田グリーンホテルを歩いて出てみます。

付近には居酒屋さんが何件かあったり、庄内牛の焼き肉屋さんなんかあったりしますが、どうもこの酒田市は・・・

店先に値段が表示されていない。

どこのお店もそう。お店に入らないと全く値段のわからない町の様です。

一時間近く歩き回り、やがて雨が降り始め、もういいやって飛び込んだのは・・・

酒田ラーメンのお店「新旬屋麺」さんです。

P1000136 

次世代のラーメンを考えるコンテストで優勝したというお店です。

酒田ラーメンは醤油ラーメンなので、あっさりとしてますが、味が染み込んでいて、いやあウマイ( ̄▽ ̄)

502キロの疲れも癒されますね。

モコ、今日は本当にどうもありがとう。

 

 

☆翌、6月17日 08:00 酒田市内 山居倉庫☆

 

 

さてさて、朝早く起きてまずは酒田市観光です。

宿泊したグリーンホテルの目の前は、山居倉庫という酒田市を代表する場所です。

P1000142_2 

 

明治時代に米殻を備蓄するための倉庫として建てられ、今でも農業関係の倉庫となっています。

倉庫が観光地だなんて、ツウすぎるcoldsweats02

 

P1000139 

 

 

P1000138


酒田市は日本海に面した町ということなので、漁港に行ってみます。

漁港の朝は早い。

すでに定食屋さんは盛況でした。

海鮮どんや「とびしま」さんで、海鮮朝定食をいただきまーす!

 

P1000143 

 

朝から贅沢だぜぇーいnote

身がしまってて美味しいのです。

 

 

満足したら歩いてすぐの日和山公園へ。

 

P1000145

 

なんか、帆船が公園内に置いてあった。なんだろね?印象的だけど。

まあ、どうせなら漁港で本物の漁船も見ておく。

 

P1000144 

 

荒々しい東北の日本海を行く船だぜぇ?ワイルドだろう?

さてさて、今日もモコは動き出しますrvcar

山形を縦断するわけで、今日は山形県最大の都市、山形市を目指します。

 

 

酒田市を出るといきなり新潟と同じく田んぼばかりです。

P1000148


遥か彼方まで田んぼです。一体どうやってこの広大な田んぼを管理するのか、不思議です。

今日も走れども走れども田んぼです。

P1000149  

田んぼの中をひた走る~。

どこまで行ったって田んぼなんだよ。

 

P1000150 

 

一体いつまで続くんだ~。

どこまで行ったって田んぼなんだよ!

 

 

P1000151 

 

もうね、どこまで行ったって田んぼなんだよsign01
 

 

P1000152

 

なんだかわからんけど、

どこまで行ったって田んぼなんだよsign03


 

やがて、ついについに景色が変わり、最上川沿いを走ることになりました。

P1000154 

 

ライン下りとかやりたいねえ。小雨だからやらないけど。

 

 

☆12:15 山形県新庄市 (酒田市から68キロ地点)☆

 

 

大きな町、新庄に到着しました。

 

P1000162
 

 

んー、誰だこやつは。サッキーって書いてあるが・・・

 

 

とりあえず新庄城の跡地の公園を散策。

 

P1000157
 

 

町の中心地にドドンとある。最上公園がそうらしい。

 

P1000158 

晴れたsun

 

通る町で神社を見つけたらお参りすることにしています。

短い時間とはいえお世話になるわけですからね。

 

 

さて、新庄市を抜けて、次の町へ向かいます。

 

 

☆13:30 山形県銀山温泉(酒田市から108キロ地点)☆

 

 

P1000163

銀山温泉

風情のあるこじんまりとした温泉街です。

山間の一角の川沿いにあり、川の音が素敵な温泉街です。

 

山形県はお蕎麦が有名なのでお昼ゴハンにお蕎麦を食べてみました。

P1000169 

 

蕎麦処「伊豆の華」さんです。伊豆という方がやっているのです。静岡県とは関係ありません。

かなりなボリュームです。お蕎麦もですが天ぷら美味しいup

でもこれ、事情により少し増やしてもらってます。ありがとう!

 

P1000172 

 

こんなお店でしたよ。いいトコですねえ。

この温泉はとにかく風情があるんですよぉ。たまりません。

もちろん温泉にも浸かりますspa

 

P1000173 

 

公衆温泉、しろがねの湯です。

ちんまりとした温泉ですが、気持ちよく入れました。管理人さんもいいオジサン♪

湯に浸かりながら、どこぞの観光客のオッサンとも会話。こーゆーの好き。

 

銀山温泉の一番奥には滝があります。

 

P1000175 

 

水しぶきが気持ち良かったですhappy02

こういうのがマイナスイオンていうのかなー。

 

まったりと休憩して、夕方にかけては天童市と山形市へと向かいます。

 

P1000170 

 

→次回へ続く。

 

2012年7月 1日 (日)

過日

俳優で散歩番組の先駆者でもある地井武男さんが亡くなられました。

「ちい散歩」は旅番組では取り上げない、なんてことのない場所を取り上げる「散歩番組」というジャンルを作り上げた大きな意味を持つ番組だと思います。

そして、刑事貴族シリーズなどの演技も好きでした。

散歩好きとして、ご冥福をお祈り致します。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »