↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月20日 (水)

河津桜とスカイツリー

凄まじい人事異動というか組織改革が発表されて大変困っております。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

先日、仕事終わりで、テーマパーク時代の後輩と会うために東京ソラマチへと行く機会がありました。

 

時間もあったので、せっかくなので浅草駅から歩いてソラマチを目指して歩きますshoe

 

Dsc_1371

 

 

有名な浅草の景色にスカイツリーが加わっております。

ビル群よりも遥か後方にスカイツリーは存在しています。

 

 

とことこ20分くらい歩くと東京ソラマチとスカイツリーがいよいよ間近にお目見え!

こんな近くでスカイツリー見たのは初めてです。

 

Dsc_1373


 

 

でかいなあ・・・coldsweats02

 

なんというデカさ。

近くで見るとやっぱり信じられない大きさです。いや、高さ・・・か。

 

Dsc_1375





ソラマチの手前に、綺麗な河津桜が咲いていたので、これとセットで写すとキレイかなあって思って撮ってみました。

おお、ここはベストボジションですnote

 

 

Dsc_1374


「21世紀の春」を感じる東京の写真になったかなーcherryblossom

 

 

全部の予定が終わってから、再びココを通る時には、すでに夜。

 

夜は夜でやっぱり東京のキラメキがありました。

 

Dsc_1377


 

 

滅多に都会の写真撮らないから、このブログとしては新鮮な更新になりました~night

 

 

2013年3月17日 (日)

とことこ神奈川 第15街「湯河原編」

神奈川33市町村、全てに散歩しにいく「とことこ神奈川」の第15回目ですshoe

 

久しぶりの今回は最も遠い市町村である、神奈川県西部の町、湯河原町です。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2013年3月16日 11:00 JR東海道線 真鶴駅☆

 

 

隣町の真鶴町にある真鶴駅から徒歩数分。

湯河原町の東のハジへと入り、ここから北西部にある「不動の滝」を目指します。

 

Dsc_1381 

 

菜の花咲き乱れる東海道線の脇を、のんびりと歩きます。

思えば、とことこ神奈川開始時も菜の花が咲いていたので、この企画ももうすぐ一周年です。

一周年特別企画もこっそり進行中です。

街道を15分も歩けば、広い相模湾を眺められる湯河原海水浴場へと辿り着きました。

 

Dsc_1383
 

 

太陽に照らされてキラキラ光る海を、サーファーが気持ちよさそうに波乗りしていましたwave

 

 

春の海水はまだまだ冷たいですが、触ると気持ちいい。

 

Dsc_1384 

 

 

すっかり夏みたいな写真ですけどね(笑)

 

 

砂浜を東へ歩く。

砂浜を歩くといつも思い出す。

陸上部時代に、足腰を鍛えるために砂浜を走らされたことを。

(茨城県の大洗海岸にて)

 

 

砂浜を歩ききると、少し栄えた街並みを通ることになります。

それを超えると湯河原駅前です。

 

ここらでランチとします。

 

Dsc_1386 

 

 

湯河原B級グルメ「たんたんたぬきの、たんたんやきそば」です。

 

駅前の一福庵さんにて、いただきました。

ちょとピリ辛なので、たくさん食べれちゃいますdelicious

 

まだまだ発展途上のB級グルメなのかな?

認知度はまだまだですが、美味しいから是非是非です。

 

Dsc_1387 

 

 

しかし辛いから水は頼もう!

 

 

さて、湯河原駅前から道に沿って北上していきます。

東海道新幹線の高架を越えたところに、何やら趣のある神社を発見。

 

 

Dsc_1390 

 

五所神社です。

お詣りする方が次々とやってきます。有名なところなのかな?

伊勢神宮と何やら関係がある様子です。

 

Dsc_1391 

 

 

この立派なご神木に触れると神様の力を分けてもらえるそうです。

 

僕も触ってみました。

力よ!!

 

 

ここから、さらに北上。

次第に登り坂になっていきます。

 

 

町は、温泉町へと変化していきます。

実は湯河原は神奈川では有名な温泉町でもあるのです。

 

そんな温泉地の入り口にはこんなビックリなバス停が・・・!

 

Dsc_1393
 

 

理想郷!!

すんごい名前ですね。

「次は理想郷~。理想郷~。お降りの方はブザーでお知らせください」とか言うのかな。

 

そこから、だいぶ登ったところで万葉公園というカンバンを見つけ、そこに入ってみます。

 

Dsc_1394


いきなり滝が登場です。

涼しいなと思ったのですが、滝があったのですねー。

 

だいぶ茂った公園を進んで行きます。

そこを抜けると・・・奇妙な空間が・・・

まさか・・・理想郷か?!

 

 

Dsc_1396 

 

 

ここは足湯の施設「独歩の湯」ですspa

 

300円だということで、ゆったりと休憩してみます。

 

 

気持ちええわあ。←ヤメロ、ニセ関西弁

 

と思ったら熱過ぎな湯もありました!!

ぐあー!?!

 

 

熱いのでアイス食べて、北上を再開。

坂を登って登って、狭い温泉町を進みます。

 

Dsc_1398 

 

 

こういう道、好きな人も多いのでは?ねえ??

 

 

15時を過ぎ、宿泊客もチラホラと現れる様になってきました。

 

宿泊客の向こうには温泉町ならではの建築物。

 

Dsc_1399 

 

 

いいですねえ。

湯気が出ています。雲ではありません(笑)

 

 

そうこうしながら歩いていると、とうとう目的地である不動の滝に着きました。

 

Dsc_1400 

 

 

滝の轟音の中なのに、何故だか落ち着いた空気のする場所でした。

ここはいいなあ。

 

 

と、いうことで湯河原散歩、これにて終了~。

 

 

というわけには行かない。

せっかくだから温泉に入ろうという気がするので、少し戻って、町営のこごめの湯に入ります。

 

Dsc_1401

 

丁度いい湯加減の、まったり温泉でした~spa

気持ち良くて一時間くらい休憩室で寝ちゃいました。

 

外はすっかり夕暮れ。

次第に薄暗くなっていきます。

温泉町は暗くなると、風情が増しますよね。

 

Dsc_1403 

 

 

いい景色だな~。

真っ暗になる前に湯河原駅へと戻ります。

 

と、いうことで湯河原散歩、これにて終了~。

 

 

 

 

「いやいや、ちょっと待ってよぉ」

はっと気づくと、僕の靴の上に寝そべる白猫がcoldsweats02

 

Dsc_1407 

 

「にゃー」「にゃー」「にゃー」「にゃー」

「お、なんだ?やたら物乞いな声出すなあ」

「なんかちょーだいよぉ」

「あ・・・」

 

しまった・・・川崎のネコ太さんに「常にお菓子を持ち歩く様に」と言われてたのにスッカリ忘れてた。

 

「ご、ごめーん。何も持ってないやー」

「えー?少しは持ってるでしょ?なんかちょーだいよぉ」

「い、いや、ほんとに持ってない」

「一個もぉ?」

「一個も・・・」

・・・・。

・・・。

・・。

「ガックシ」

Dsc_1414

 

 

それを横で見る猫が・・・coldsweats02

Dsc_1404_2 

 

「くっくっく・・・人間なんぞに物乞いしやがって・・・バカなネコめ」

誰だよ!! 怖いなコイツsweat02

 

 

 

ゆうきとねこ、第4話 完。

 

 

 

と、いうわけで(どんなわけ?)

湯河原駅に着きました。

とことこ神奈川 第15街 湯河原散歩。 

これにて終了~。

 

 

Dsc_1388

←前回は寒川編

→次回は秦野編(4月11日予定)

riceball立ち寄った場所リンク

 

湯河原海浜公園

たんたんたぬきの、担々やきそば

万葉公園

不動の滝

こごめの湯

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ

2013年3月10日 (日)

2泊3日 河口湖滞在記(最終日)

←前回までの続きです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2012年秋maple 河口湖町 滞在三日目☆

 

 

さて、河口湖滞在も最終日。

今日もレトロバスに乗って河口湖の方へと向かいます。

 

前日は河口湖の南側を通ったれど、最終日は北側を走ります。

 

 

Img_0706_800x600 

 

それではレトロバスに乗って、河口湖駅を出発でーす。

 

レトロというだけに、ゆっくりと走るバス。

 

湖畔を走り北側の終点まで行くと、そこは河口湖自然生活館。

 

 

Img_0707_800x600

 

 

ブルーベリーの里と書いてあるだけに、館内にはブルーベリーも栽培されていたりします。

 

じゃあどうするか?

 

食べるでしょ。

 

Img_0709_800x600

 

 

ブルーベリーソフトを湖畔にてdelicious

(おお、初めて河口湖が写った!!)

 

 

これね、ほんのりとブルーベリー味ですごく良かった。

 

 

湖畔をのんびり散歩。

ちょっとリッチな気分になるよ。湖畔散歩というのは。

 

Img_0711_800x600 

 

 

近くに伝統工芸館というのがあったので、のぞいてみると、蚕のまゆで、鮮やかなアート作品が。

 

 

さて、歩くとお腹が減るものです。

近くにあったパン屋さんでランチにします。

 

天然酵母のパン屋さん、レイクベイクです。

 

Img_0715_800x600_2 

 

 

これまたレトロな作りの店内には色んなパンが並んでいました。

色々と選んでいると迷っちゃいましたが、とにかくいただきまーす。

 

 

ちょっと、取り過ぎたか・・・coldsweats01

 

しかもこれをオサレな湖畔庭園にて食べるので気持ちが良いのですー。

 

Img_0712_800x600
 

 

なんか急に土砂降りになったりしたので、ずいぶんゆっくりとココで過ごしました。

 

そういえば前日の夜は雷雨thunderだったのですが、富士山の向こうで雷が光っていて、イナズマと一緒に富士山が闇に浮かび上がって、めちゃめちゃ威風堂々でしたfuji

 

 

さて、旅の最後に向かうのは再びの自然生活館です。

 

今回の旅のラストにやるのは・・・

 

 

ジャム作りです。

 

 

ゆうきジャム、河口湖特別編です。

 

講師の元で作るブルーベリージャムです。

 

Img_0717_800x600 

 

 

家庭科室みたいな部屋で、ブルーベリーを鍋でコトコトします。

 

ここで教えていただいたのが、ミントを入れるということ。

これによって味に深みが出る上に、香りも良くなりました。

 

なるほどー。勉強になります。そして楽しいぞ!!

 

 

Img_0718_800x600 

 

出来上がったブルーベリージャムをそのままアツアツで食べでみます。

クラッカーをいただけたので、それに乗せて食べます。

 

うわ、うっまーい!!happy01 

たまんないねえshine

 

 

ステッカーも張って、ゆうきジャム完成~。

 

Img_0719_800x600 

 

生徒全員で(10人くらい)先生にご挨拶をして、ジャムをお持ち帰りです。

いやーヒジョーに楽しくて勉強になったーnote

 

 

さて、レトロバスに乗って河口湖駅にまで戻ります。

ちょと天気も崩れかけてますし。

 

Img_0720_800x600 

 

 

河口湖は拝めたけれど、富士山は拝めなかったなー。

これにて河口湖滞在は終了~。

 

 

・・・と、思って上の写真を撮り、河口湖駅にて帰りの電車に乗り込もうとした時でした・・・

 

 

富士山がほんの一瞬、ついにその姿を現しました!

 

Img_0721_800x600 

 

 

これまた忘れられない旅となりました。

ありがとう~note

 

 

 

2泊3日 河口湖滞在の旅  完


 

riceball立ち寄った場所リンク

河口湖自然生活館

河口湖伝統工芸館

ベイク・レイク

2013年3月 9日 (土)

2泊3日 河口湖滞在記(二日目)

←前回までの続きです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2012年秋maple 河口湖町 滞在二日目☆

 

 

さて、初日はパスタ屋リロンデル~石ころ館~ほうとう小作と、河口湖自体をほとんど拝むことなく過ごしましたが、二日目は湖畔の方にも行きます。

 

名付けて・・・、河口湖周遊レトロバスで行く、のんびりアートの旅。

 

 

Img_0690_800x600 

 

それではレトロバスに乗ってアートな旅へと旅立ちましょう~bus

 

 

このレトロバスは2日間乗り放題のチケットを使っているので乗り降り自由です。

 

なんだかやたらと狭い道もぐるぐると細かくまわるので、普通ならあまり行かない様な裏道を眺めながら進みます。

 

最初に降りたバス停は河口湖ミューズ館というところです。

 

与勇輝という人形作家の展示が行われているということで、まずはそこの見学にします。

Img_0691_800x600 

 

もちろん館内は撮影できませんので、どんな作品かはこちらを参照ください。

→河口湖ミューズ館

 

 

かわいい様な、怖い様な。

表情と、目の表現がすっごくて、人形それぞれにストーリーが想像出来ました。

アテレコをずうっと出来そうな気がします←変な感想・・・

 

レトロバスは湖畔を西へと進んでいきます。

ずうっとずうっと進んで行き、しまいには河口湖を離れ、西湖にまで到達しました。

 

 

降りたのは・・・

 

富士山麓、青木ヶ原樹海fujiです。

 

 

アート・・・じゃなくなってきた??

ここで向かうのはコウモリ穴という青木ヶ原樹海・最大の溶岩洞窟です。

 

 

受付でヘルメットを借りて、さあ樹海探検へ出発です。

他にも少しだけ観光客がいます。

 

Img_0692_800x600


もしかしたら青木ヶ原樹海と聞いて、怖いイメージを持つ人も多いかもしれません。

写真撮って平気なの?とかね。

 

ここね、自然公園として幼稚園や小学校の遠足ルートにもなってるくらいだし、自然観察ガイドさんとかもいるんですよぉ。

 

 

しかし、洞窟の入り口を見て、さすがに

ここ入るの?!

と驚き。

 

 

Img_0694_800x600


アートはどうしたって? アクティブな旅へと変更です。

 

洞窟に入ると、急に寒くなりましたtyphoon

外の世界の音は聞こえなくなり、ひんやりとした空気の中、腰をかがめて奥へと進んでいきます。

 

Img_0698_800x600

 

天井が低い。

腰をかがめる、どころか、ほぼ座った状態で少しずつ足を前に出して進みます。

ちょっと油断すると頭ぶっけるし、ヒザは擦るしで、予想外のアクティビティcoldsweats02

 

他の観光客の「いてー!」だとか「どっち行けばいいんだよ!」とかの悲鳴が聞こえます(笑)

 

そして奥へ行けば行くほどに寒いの!!
 

 

予想外のアクティビティに思わず笑いながら進んで行くと、やっと外光が見えました。

 

Img_0701_800x600



外に出ると一気に暑くなりました。

ふえー、久しぶりの冒険だった~sweat01

楽しい!!!

 

 

さて、ヘルメットを返却したら青木ヶ原樹海を縦断です。

 

一時間くらいかかったのかな?

景色に全く変化の無い樹海を、ずうっと歩くと樹海の南側へと出ました。

 

さすがに樹海では、ほとんど写真は撮りませんでしたね・・・

自然公園なんですけどね。

 

 

そして辿り着いた先には、氷結・・・・いや、氷穴があったのですが、夕方になってきたので、氷穴には入らずに吉田うどんをいただきますdelicious

氷穴の入り口あたりに、森の駅「風穴」という場所があったのでそこで食べます。

 

Img_0704_800x600

 

 

吉田うどんは麺が太いの!!

七味唐辛子を入れて、ピリ辛にして美味しくいただきました。

歩きまくったこともあり、まったりしちゃいました。

 

ついでだからとソフトクリームも食べちゃいます。

 

Img_0705_800x600


森をバックに・・・

これ、何ソフトだかわかります??

 

 

ちょっとだけ黄色いの。

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

とうもろこしソフトcoldsweats02

 

 

コーンポタージュの味がしたよ~。

 

 

というわけで、ここからレトロバスでホテルへと戻りました。

河口湖滞在、二日目はこれにて終了。

 

 

え? やっぱりまだ河口湖の写真が出てこない??

 

 

→最終日へ続く

最終日は久しぶりに「ジャム作り」しますshine

 

 

riceball立ち寄った場所リンク

河口湖ミューズ館

西湖コウモリ穴

鳴沢村氷穴

2013年3月 3日 (日)

2泊3日 河口湖滞在記(初日)

少し前のことです。

 

 

色々と出来事が重なって書いてなかった旅ネタを、忘れる前に書いて、思い出をちゃんと残しておこうと思います。

 

 

時は平成24年秋maple!!←戦国歴史ドキュメント風に

 

 

心房細動の手術を控え、都心の喧騒を離れたいと思い、出かけた今回の旅は・・・

 

 

2泊3日、河口湖滞在の旅です。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2012年秋 初日 10:20 東京都 JR中央本線 高尾駅☆

 

 

今回の旅は電車で行く、山梨県は河口湖町に滞在する旅です。

いつもの「縦断」などのアクティブに動き回る旅ではなくて、アートや食事をメインとした旅となる予定です。

 

まずは高尾駅から滅多に乗る事はない中央本線に乗り、大月駅を目指します。

 

Img_0676_800x600 

 

少し涼しめの良い天気の日です。

写真は東京都高尾駅の景色ですが、もうすでに東京都とは思えないですよね。

 

ガタンゴトンと電車は山間を進んで行きます。trainsign04

 

 

この頃の僕はというと、体調は良く、しかし完治するには手術しないといけない・・・という状況であります。

すでに手術はする方向にあり、まあ何というか、当分の間はこうして旅出来ないのだろうなと考えながら景色を眺めていた記憶があります。

 

 

Img_0677_800x600


大月に近づくと、景色は壮大になっていきます。

高い鉄橋から眺める電車の車窓は、なんていうか、もう和むわけですよ。

 

そうして1時間も乗っていると、JR大月駅に到着です。

 

 

Img_0678_800x600


新しくしたのかな?

やたら小奇麗でいて、ちんまりとした大月駅。

さすがに標高が上がったらしく、ちょと寒いcloud

 

 

ここからは、富士急行に乗り、これまたローカルな路線をスローリーに進みます。

 

Img_0679_800x600 

 

しかし何か電車が立派すぎて、ちょとガックシ。

もっと汚くてローカルな感じの電車かと思ってた。

は?

いやいや、鉄じゃありませんよ、僕は。

確かにね、2012年は琵琶湖一周、河口湖滞在、そしてこの数か月後、年末に行く岐阜縦断も電車でやっているんですけどね・・・

でも、河口湖の前には、ゆうき史上最長ドライブなんて旅にも行ってますよrvcar

 

 

なんて思いながら(よくわからん)、だいぶウトウトしながら乗っていると、いよいよ河口湖駅に到着です。

 

Img_0680_800x600


思ってたよりも立派な駅ですshine

 

荷物をロッカーに預けて、さあさあ、河口湖町をお散歩開始です。

 

まずは~。

 

 

ランチですね。

 

河口湖駅から徒歩で10分もかからないところにある、カフェ・リロンデルさんで、パスタをいただきまーす!!

 

Img_0681_800x600 

 

魚介のパスタ・・・名前はもう覚えてません。

とにかく、素晴らしく美味しかったです。

それに具が大きくて大満足でしたdelicious

 

 

この後、美味しいですよーって勧められてケーキまで食べちゃいましたcake

 

 

さて、ランチしたら歩いて河口湖まで行ってみます。

 

Img_0683_800x600


河口湖畔には、石ころ館というところがあったので、せっかくなので、スマホのストラップ制作をしました。

 

こちらは半年経った今でもスマホについております。

作ったストラップ写真載せたいのだけど、画像が無い・・・

おかしいなあ・・・力作なんだけどな。

 

 

さて、不器用に制作してたので日が傾いてきました。

 

歩いて宿泊先に向かうものの・・・

 

 

 

やたら遠い!!

 

 

徒歩で行けると書いてあったので歩いたのですが、めちゃくちゃ歩いた(笑)

一体どこまで歩けばいいのだ~coldsweats01

ようやくたどり着いたホテル。

かなり森の方にあり、お店が全くないので、今度は来た道を食事探しに戻る。

うまい「ほうとう」のお店を教えてもらったのだけど、すでに閉店していたので、どんどん戻る。

もう真っ暗な道を歩き(暗すぎてマグライト使用flair

大きな街道沿いにある、ほうとう屋さん「小作」に入店。

 

Img_0687_800x600

 

 

まだやってるよね・・・sweat02

 

 

こちらで食べるのは、もちろん!ほうとうです!!

 

Img_0688_800x600 

 

 

かぼちゃがウマイnote

ここまで歩いてきた甲斐があるというものだぜい!!

 

 

という感じで、河口湖の旅、初日が終わりました。

 

え?まだ河口湖が写ってない??

そういや、そうだな・・・

 

 

 

→2日目に続く

2日目はアクティブに探検しますよ~。

 

 

riceball立ち寄ったとこリンク

リロンデル

石ころ館

小作

2013年3月 2日 (土)

小屋付き照明ゆうき

花粉軍、軍勢多すぎじゃないか?

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

忙しい時期を越えました。

 

 

まあ、色んなお仕事しましたが一番疲れたのが、今回のラッシュ・最後から二つ目のとなった、とあるイベント。

 

何組かのアーティストが数曲ずつ歌っていく・・・というもの。

 

全体の照明は僕がチーフという形をとり、小規模会社であるうちの、ほぼ全照明社員が参加。

しかし全てのアーティストが僕の仕事ではなく、中には専属の照明業者さんが入るアーティストもいます。

 

 

 

あえて小屋付きの照明さんに問いかけます。

あまりやったこと無いですよね、こういうパターンって。

なんつうのかな、野外フェスみたいな仕組みなわけですよ。アーティストで照明オペレーターが変わるという。

 

 

というわけで、自分で作りたい照明図面を書いたあと、おそらく乗り込みの照明さんが使いたいだろうという機材をプラス要素で図面に落とし込み、打ち合わせ。

 

今回はサラリと進みましたが、大きなイベントではこうは行かないのだろうなと感じました。

 

イベントは二度ほどお世話になったことある舞台監督さんをはじめ、歌モノやってる音響会社さんや、映像さん、レーザーさん、制作さん、などなど入り、アーティストの密着取材などもいるため、久しぶりに大人数のお仕事。

 

 

雰囲気に流される、うちの新人社員(笑)

いいよいいよ、ふわりとビシィッと仕込もうぜ。

 

 





Dsc_1341_2


↑照明っていうのは、こういうミキサーの様な機械を使って動かしていきます。

そんで台本見たり、音楽聞いたりしながら照明を操作していくお仕事なのです。

(これは開場開始した時に撮ったので、なんとなく照明が正面に見えてます)

 

 

今回は歌を歌うイベントですので、もくもくとスモークも炊いてます。

 

Dsc_1335


まぶしい!!

とか思いつつ客席から照明シュートを見ながら資料用に写メ撮ってみたり。

 

Dsc_1336



さてさて、イベントは頑張って無事に終わりました。

現場周りの照明さんはこういう内容に慣れてるものですが、小屋付き照明さんは普段の仕事内容が違うので、ちょっぴり疲れました~。

 

お仕事ラッシュはあと少し続きます。

いい音楽聴けて楽しかったです。

 

 

Dsc_1338

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »