↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

とことこ神奈川 第21街「南足柄編」

神奈川県33市町村全てに散歩しにいく「とことこ神奈川」の第21回ですshoe

 

 

今回は神奈川県西部にある未知の町、南足柄市です。

 

Photo 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2013年10月23日 13:00 大雄山線 塚原駅☆

 

 

降りたのは謎の電車「大雄山線」の途中にある塚原駅。

え?降りた理由? なんとなくです。ここらへんでいいか、と思い立って発車直前に降りました。

 

Dsc_2031 

 

なんだか古い駅ですよねえ。

大雄山線はどうやら伊豆箱根鉄道だそうです。

台風来てもあまり止まらないそうです。

 

で、塚原駅から歩きだした南足柄市はこんな景色。

 

Dsc_2032 

 

長閑なところですねえnote

道無かったけど、この鉄橋の下をくぐって狩川という川沿いに歩きます。

 

 

Dsc_2034 

 

周囲は山に囲まれています。

その中でひときわ目立つのが写真中央のこんもりとした山。

なんだろあれ、かわいいねえ。

あれは矢倉岳という山だそうです。

(くらげさん!情報ありがとうございますhappy02

 

 

Dsc_2035 

 

そのまま歩いていくと、工場地帯へと道は進んで行きます。

富士フィルムの大きな工場がありました。

そんな地域にポツリとお寺が・・・

 

Dsc_2036_2


立派な木々に囲まれているのは極楽寺というお寺さんでした。

 

Dsc_2037 

 

木の配置までこだわっているのかな。

境内が雑じゃないんですよね。すごく考えられた配置な気がする。

 

Dsc_2039 

 

ひとつひとつの柱も丁寧な仕事が施されていました。

職人ってスゴイですよねえ。

 

 

極楽寺から進むと、田舎によくある建築物が。

 

Dsc_2040_2 

 

このハシゴ、登りたいなあ。

 

登る・・・

ここで「登りたい」だなんて思ったのはまだ余裕だった証拠。

この後、散歩は登り登りの厳しい道へと変貌するのですが。。。

 

極楽寺から徒歩数分、極楽寺の隣のバス停が現実的な名前でビックリ・・・

 

Dsc_2041 

 

社宅入口・・・sweat02

shataku iriguchi・・・ってcoldsweats01 ←英語風に発音してみてね!

 

 

さて、大雄山線の終点である大雄山駅へとやってきました。

駅前の名前は金太郎ロードだそうです。

そして、金太郎の銅像もありました。

 

Dsc_2042 

 

うわ・・・リアルですね・・・coldsweats02

 

右奥ののぼりが「金太ロー」にっている?!

 

 

ここで、14:30なのですが、大雄山にある最乗寺に向かうか、夕日の滝というトコに向かうか・・・

しかし何となく雨降りそうな気配もあるので屋根がありそうな最乗寺へと向かいます。

 

最乗寺へは登り坂です。

最乗寺の一番上は、1丁目からスタートして28丁目というところまで登らなくてはいけません。

意気揚々と1丁目から登りだしたのですが、4丁目で早くも休憩。

 

Dsc_2043 

 

4丁目の仁王門です。

凄まじく立派な門を越え、登る登る。

 

Dsc_2045


天気のせいなのか普段からなのか、ちょっと湿った参道を進みます。

 

Dsc_2046 

 

辺りは深い森。

どこから現れたのか、遠足中の小学生軍団が現れました。

「頑張れー」

とは、僕ではなく小学生からの応援(笑)

 

そして21丁目付近。

ついに大雄山最乗寺の中へと進みます。

 

Dsc_2047 

 

しっかしもう疲れたので、天狗葉扇煎餅を購入して休憩。

売店の方からお茶をいただきました。

ありがとうございます!!!

 

Dsc_2048 

 

「いいなあ」

さきほどの小学生軍団のうち「たくみくん」なる男子がじいっと煎餅を眺めてました。

しかし女子が「羨ましそうにすんなよ!」と引っ張っていきましたsweat02

 

休憩を挟み、まだ登ります。

 

Dsc_2049 

 

またも門がドドンと構えています。

おお、なんて立派な・・・、大きなお寺だという事が伺えます。

なんだろう「パラレル西遊記」に、こんな場所出てこなかった?ドラえもんの。

 

Dsc_2050 

 

か、階段長い・・・

 

Dsc_2051 

 

大雄山最乗寺の書院です。

ここからは本格的に境内といった感じです。

 

Dsc_2052 

 

そして、ついに本堂へとやってきました!!

 

Dsc_2053 

 

しかし道はまだまだ続きます。

そうです28丁目はまだ上なのです。

 



Dsc_2054

 

不思議な形の建築物です。

多宝塔という建物だという。

 

進んでいくと、行く手に大きな門が。

 

Dsc_2055_2 

 

結界門です。

つまり、ここから先は結界の中という事なのでしょうか。

 

Dsc_2057
 

 

ぐえええ・・・・

こ、ここを登るしかないのか・・・キビシイ。

これ、散歩だったよねえ・・・

 

Dsc_2059 

 

たくさんの下駄がありました。

小天狗の下駄なのだそうです。

じゃあ大天狗はというと、こちらです。

 

Dsc_2060 

 

で、でか・・・coldsweats02

大天狗、でかいなあ・・・こわい。

 

さあ、ゴールの奥の院がもうすぐ!

しかし次の光景に度肝を抜かれました。

 

Dsc_2062 

 

な!な!なんだって~?!

ま、まだこんな階段が・・・・・・うそでしょーwobbly

 

またも小学生たちと一緒に階段を登ります。

振り返ると急斜面すぎて怖いし。

 

Dsc_2064 

 

そしてついに一番上である奥の院に辿り付きました~sweat01

 

Dsc_2065 

 

ありがたいなあ。

体力はもう限界です。

しばらく休んでから、くらげさんオススメの裏手の道をのんびりと下りました~clover

静かで小鳥の鳴き声だけが聞こえました。

途中、小学生に最後に会った時、名前を聞かれました。

「ゆうきだよー」

というと女子から「かわいい!!」という返答が・・・何故sign02

 

 

帰りはバスにて大雄山駅へと戻りました。

 

と、いうわけで登ったばかりの南足柄編、これにて終了~!!

つ、疲れた・・・とことこ神奈川としては少し異色のコースだったなあ。

 

Dsc_2067 

 

 

riceball立ち寄った場所リンク

大雄山最乗寺

 

←前回は藤沢縦断

→次回は二宮編

◇とことこ目次ページへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ

2013年10月20日 (日)

神奈川県観光案内Ver!恋するフォーチュンクッキー

とことこ神奈川やってる僕としては、この動画は紹介するしかないでしょう。

 

 

youtubeページ→

「恋するフォーチュンクッキー/神奈川県Ver 神奈川総力戦」

 

 

とことこ神奈川で訪れた場所が15箇所以上出てきます。

 

黒沢知事の本気踊りが見ものです。

それと、各地のゆるキャラもいいんだよね。

 

そして、よく見ると最後の方に、次に行く南足柄市の映像があるのですが・・・

 

やはり謎だ!!南足柄!!なんなんだ左のあいつは一体!!

 

 

 

youtubeページ→

「恋するフォーチュンクッキー/神奈川県Ver 神奈川総力戦」

 

 

 

2013年10月19日 (土)

ついに、ちゃらぽこ!!

毎日SPECの再放送を見てて寝不足・・・sweat02

サトリます!! 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

荻窪へと行く用事があったため、丸の内線へと乗りました。

電車の路線図を見ていると「東高円寺」の文字。

 

はて?

東高円寺って何だっけ。

 

あ!そうか、そうか!あれがある駅か!じゃ、時間もあるし降りてみよう!!

 

 

タイトルからして「なんのこっちゃ」と思う人が多いと思いますが、行ってみたいカフェのある駅だったんです。

 

降りてみると、何やら公園があったので、とりあえず散策してみます。

 

Dsc_2027 

 

いい天気だなあ。

どうやら、ここは「蚕糸の森公園」というらしいです。(さんしのもりこうえん)

 

不思議な名前の公園です。

以前、農林水産省の施設があり、蚕糸の試験をしていたので、こういう名前なのだそう。

 

Dsc_2023 

 

この滝が、まるで蚕の糸の様だ!!!

 

というコトでは無いということです。

深読みしすぎたな・・・

 

 

Dsc_2026 

 

秋風の中を散策する公園というのは良いですよね。

色んなところに公園てあるものだねえ。

 

Dsc_2024 

 

 

というワケで蚕糸の森でした。

 

 

そして、行きたかったお店へと歩きます。

すると、すぐに見つかりました。

 

 

1382082901290 

 

 

散歩かふぇ「ちゃらぽこ」さんですnote

 

そうです。

散歩のかふぇなのです!!

散歩好きの来店するお店なのです!!happy01

 

散歩、旅、街道ウォーキングなどの本がたくさん並んでいますbook

古民家の様な作りの店内。奥には畳に座布団という、なんとも落ち着く場所もありました。

 

いいなあ~、ここshine

 

 

実は「とことこ神奈川」スタートの頃からツイッター上で何度かやりとりさせていただいていた方のお店なのです。

ついに来店出来ました!!

ということで、お店の方とも「とことこ神奈川のゆうきです」って名乗って、会話させてもらいましたnote

もちろん歩くのが好きな方だったので、楽しくお話するコトが出来ました!

 

 

なるほど、街道歩きか。

とことこ神奈川の別企画で大山街道を歩くってのも良いかもなあshoe

 

今回ちゃらぽこに行って、すごく良かったです。

歩きたい熱がだいぶ高まりました!!

また、行こうと思いますcafe

 

 

 

 

そして、とことこ神奈川、次は第21街、南足柄編になります。

台風だからいつになるか不明ですが。

 

 

→散歩かふぇ「ちゃらぽこ」

2013年10月15日 (火)

いきものがかり「マイサンシャインストーリー」

そういえば、狩野アナになってからのモヤさまも、やっぱりモヤさまはいいねえnote

大江さんとは全然違うタイプで、面白いshine

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

ファンのくせに7月発売の新アルバムを10月になってやっと買った!!

いきものがかり最新アルバム「 I 」

 

 

「ハルウタ」「風が吹いている」「1・2・3 恋がはじまる」「笑顔」もとっても好きなんだけど、

日産セレナのCMソングが好き。

「マイサンシャインストーリー」

 

イントロからサビから、全部良い~note

息継ぎドコですんだっていうサビが聴いてて気持ち良い~。

 

やっぱり僕は前向きでポップな歌が好きですshine

 

 

しかも仕事で、この曲がたまたま大量に流れてる事があって、頭から離れない。

 

 

ちょっぴり、いきものがかりから離れていたけど、やっぱり戻ろうっと。

 

 

→日産セレナCM(この曲が使われてるCM)

 

 

↓収録アルバム いきものがかり「 I 」

2013年10月13日 (日)

木曽路への日帰り旅(奈良井宿 編)

日帰り最長不倒、木曽路への日帰り旅の後編です。

→前編「塩尻ワイナリー編」

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2013年9月28日 15:00 長野県塩尻市 奈良井駅☆

 

 

Img_1066 

 

 

ランチまではやたらとオサレな旅をしてきましたが、ここからは日本ならではの味のある町を巡ります。

 

やってきたのは奈良井という駅。

ここに来る電車はバスみたいに、整理券を取って、降りる時に運転手に運転を払うというシステム。

まるっきり後払いの路線バスcoldsweats02

 

 

ここは中山道で最大の宿場町となる場所です。

午後はこの町を散策してみます。

 

Img_1070 

 

久しぶりに訪れた本格的な田舎ですclover

のどかな水路と線路と路地。

 

線路をくぐり、その先には趣のある橋が見えてきました。

 

 

Img_1067 

 

 

木曽の大橋です。

立派な作りです。

なんとも厳しい傾斜の橋で、一度見たら忘れられない造形です。

 

Img_1069 

 

虹みたいな形してます。

全くもって柱が無いのが不思議~。

 

 

川は数日前の台風で濁ってますが、ほんとは静かで綺麗な清流なんだろなー。

 

 

さて、再び線路をくぐり、奈良井の宿場町の方へと進んで行きます。

 

 

Img_1071 

 

味のある、抜けのいい通りですよねえ。

僕ね、こういう通り好きなんです。

日本の昔ながらの風景って、落ち着くものがあります。

 

 

Img_1073 

 

 

商店もさ、「江戸時代の建物」に「昭和の雰囲気の物」が並んでいて、不思議な空間なんだよね。

それを平成の「デジカメ」で撮ってネットにアップするという、なんだかもう、よくわからない産物。

 

Img_1074 

 

 

ここのお店の紫陽花と建物、そして二階のレトロ照明の共演なんて、もうアートだよshine

 

こんな凄いなら、いっそ僕もアート化してみるか!!

 

 

Img_1083 

 

どうだろ?笑 小さいから顔わからんから良いだろcoldsweats01

 

 

それにしても、本当にいい風景です。

 

Img_1075 

 

 

この道を、昔の人は名古屋・・・というか尾張の国まで歩いたんだろうか。

それとももっと遠く、京まで行き来したんだろうか。

 

そういえば東海道より中山道の方が厳しい道のりだと「るろうに剣心」に書いてあった。

↑マンガの知識・・・

 

Img_1076 

 

 

秋の空と鉄塔。

何の塔なんだろう。

田舎に来ると不思議な建造物ってけっこうあるよね。そういうのも好き。

 

Img_1077 

 

こういった町並みが、だいぶ続くのが奈良井宿。

それぞれの建物にはお店が入っていたり、宿だったり、民家だったりします。

 

せっかくなので団子とか無いかなと探すとすぐに見つかりました。

 

Img_1078 

 

「きむら」さんのよもぎだんご。そして五平餅

関東で食べるそれとは違った感じの五平餅。

くるみ、うごま、ごまをタレに使った甘しょっぱい味で、これが絶品ですdelicious

 

 

町並みを一番奥まで進むと神社がありました。

 

Img_1079 

 

鎮神社さま。

ここだけ寒いくらいの涼しい風が流れていて、圧倒的な雰囲気を感じました。

そして、趣き感が半端じゃない場所です。

疫病から奈良井宿を守ってきた神社なのだそうです。

 

 

Img_1080 

 

そこから見る奈良井宿は夕方となり静かになってきました。

せっかくなので何かお土産を買おうかと思っていると、オジサンに話しかけられました。

 

その人は漆器店の人みたいです。

何と、100円で買える良いお箸を紹介してもらえました。

それがこちら。

 

Img_1095 

 

後日、うどんで試したのですが、四角い箸なので、麺類も全然すべらない!!

これは良い箸を書いました。オジサンありがとう!!

ちなみにこちらは才田屋漆器店さんでした。

 

 

駅へと戻る帰り道。

風車があったので、良い雰囲気だなあと思って一枚。

 

Img_1082 

 

なんか懐かしくていいですねえ。

情緒ある町並みと風車。

なんだかもう心が落ち着くよ。

 

 

 

と、いうわけで奈良井宿でした。

木曽路にはこういった宿場町がいくつもあるとのことです。

(Kenzoさんのブログで学んだ!)

 

 

Img_1088 

 

奈良井宿から先を眺めると、線路はずうっと西へ西へと続いています。

この先に行く機会は果たしてあるのかな。

 

 

とりあえず本日は日帰り旅。帰路に着くため松本へと戻ります。

 

 

松本に着くと午後6時過ぎ。

職場へのお土産で野沢菜を買い、夕食はこちら。

 

Img_1089 

 

民芸レストラン「盛よし」

こちらは味のある家具に座って食べるレストランです。

食べるのはドドンとこちらです。

 

Img_1091 

 

ヒレカツ定食!!smile

お、お、多くね!?!?

 

もうね、お腹いっぱいでしたpenguinsweat01

ただね、美味しいからゴハンが進んじゃうんだよね。

 

 

そうして20時過ぎのバスにて東京へ。

行きと同じく、乗車したトタンに熟睡。

 

気づくと休憩ポイントである山梨県双葉サービスエリア。

 

Dsc_2017 

 

いつも思うんだけど、甲府盆地あたりを中央高速で走る時の夜景って良いよね。

なんとも言えない不思議な魅力があるんだよ。

 

そうして23時。東京都日野バス停に到着!!

 

Dsc_2018 

 

 

朝、ここを出たのが06時30分だったから、約16時間ぶりです。

 

丸一日使った、木曽路への日帰り旅、ほんと丸一日ずうっと楽しめましたnote

いやあ、また行きたいね、木曽路!!

 

 

 

 

 

しかし!!

この時の僕はまだ予想していませんでした。

これからわずか一ヶ月後に、再び木曽路を訪れる計画になろうとは!!happy02
 

(台風により中止)

 

立ち寄ったとこリンク

奈良井宿観光協会ページ

盛よし

2013年10月 9日 (水)

木曽路への日帰り旅(塩尻ワイナリー編)

8月の鴨川シーワールド日帰り旅に続いて、9月は長野県の日帰り旅です。

 

実は5月に長野県は安曇野へ行ってきたばかりですが、またも行ってきました。

今回の最終目的地は中山道最大の宿町である「奈良井宿」です。

 

たった一日の出来事ですが二回に分けて更新してみよーと思います。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2013年9月28日 06時30分 東京都日野市 中央道日野バス停☆

 

 

Dsc_2009 

 

朝5時前に起床して、やってきたのは中央高速の日野バス停bus

清々しい朝日に照らされて伸びをしながら松本行きのバスを待ちます。

気持ちいいねえ~。やっぱり高速道路行くなら朝だねえ~sun
 

 

乗り込んだら、即グッスリ(笑)

 

気がつくと、休憩ポイントの山梨県双葉サービスエリア。

 

Dsc_2010 

 

遠くにうっすらと望む富士山fuji

いやあ、ありがたいなあ~shine

やっぱりサービスエリアは朝がいいよねーnote

わかるかなあ?この感じ。

 

 

そしてバスは9時20分には長野県松本駅に到着です。

 

信州旅の起点はココ松本駅となります。

まずはお気に入りである縄手通りに朝ゴハンしに行きます。

 

Dsc_2013 

 

縄手通は何度も来ていますが朝に来るのは初めて。

というわけで人がいないから、ここの名物オブジェものんびり撮れる。

 

Dsc_2011_2 

 

Dsc_2012 

 

ぬうう。怖い!!coldsweats02

なんなんだろね。

 

さてここでモーニングといきましょう。

 

Dsc_2014

 

「スヰト」のモーニングセットcafe

 

え?? 何て読むのかって?

知らない・・・スイトじゃないかな。スウィートという事だと思います。

過去四回ほど縄手通りに来ましたが、そのうち三回もココで何か食べています。

もはや信州での常連店!!

 

 

 

さて、松本駅からはまずは塩尻駅へ移動です。

電車に20分くらい乗れば、塩尻市に到着です。

 

Img_1065

 

山脈に囲まれた田舎町。

ここからは久しぶりにスマホ写真ではなくデジカメ写真です。

 

え?デジカメ持ってるのかって?

持ってるよ!!

旅の時だけ出てきます。

しかし古い。

Canon IXY DIGITAL 100

一体いつ買ったのかも思い出せないデジカメです。

さて、塩尻駅ではワイナリーに行こうと思います。

ぶどう畑ばかりの道を歩き歩き、辿りついたのはイヅツワインさんです。

 

Img_1061 

 

おおー、立派なところですなあhappy01

 

さーてさてさて、試飲ですよぉbar

 

白ワイン、赤ワイン。

次々と運ばれてくる少量のワインを次々と飲み比べるっ

penguinsweat01オイシイ! chickコチラモドウゾ

いやあ、美味しいなあ。

もう買っちゃいたいところだけど、お向かいにあるワイナリーにも行ってみるか!!

 

Img_1062 

 

五一ワインさん!!

 

こちらは味のあるどころですなあwink

 

さーてさてさて、試飲ですよおbar

 

こちらでは試飲するワインを解説してくれます。

ふむふむー。

 

というわけで、一番美味しかった塩尻セイベルに決定!!

 

Img_1092 

 

後日、ゆっくりと一週間にかけて飲みました。

美味しかった!!ありがとう~shine

 

続いてイヅツワインに戻ってロゼワインを購入。

なんと巨峰のワインです!!

 

Img_1093 

 

こちらは現在飲んでる途中です。

ほんとに巨峰の味がします!甘くてゴクゴクしちゃうよ~sign01ウマイ!



さて、ワイナリーから塩尻駅まではやたら歩くのが来る時に判明したので、コミュニティーバスに乗りました。

おいおい、このバスどこに向かってるんだよ。

ってくらい細い道など通りましたが無事に塩尻駅まで戻れました。

 

もうランチタイムなので、駅前にあったお店でランチにします。

 

Img_1064 

 

塩尻駅でこんなオサレカフェに人なんか来るのか・・・

と、いらぬ心配しちゃうほど都会的なお店、ファンターナ・デル・ヴィーノというところ。

 

ここで塩尻野菜のペペロンチーノをいただきまーすdelicious

 

Img_1063 

 

 

オサレ!!!coldsweats02

ここホントに塩尻かよぉー!!←失礼な感想

 

そして塩尻駅から、何だかよくわからん電車に乗って、いよいよ向かうは木曽路です。

これまでのオサレ旅から、雰囲気は一気に変わり、味のある町並みへと進んで行きます。

 

 

 

→次回「奈良井宿 編」へ続く。

 

立ち寄った場所リンク

スヰト縄手本店

イヅツワイン

五一ワイン

フォンターナ・デル・ヴィーノ

2013年10月 1日 (火)

北鎌倉フォト散歩会

 

 

 

「とことこ神奈川ツイッター」で、

第3街の頃からやりとりさせていただいてる、よしよしサン。

昨年の岐阜縦断の旅でのコメントから

ブログでやりとりさせていただいていた、Kenzoさん。

 

今回、この三人で北鎌倉を散策する事となりました。

もちろん全員が初対面ですが、行ってきまーすnote

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2013年9月22日 10:30 北鎌倉駅☆

 

 

ビミョーに遅刻してしまった・・・sweat02

すいません。

 

駅前に行くと、すぐにお二人がいるのがわかりました。

年齢が想像出来ていたというのもありますが、お二人とも写真好きなので、一眼カメラを持っていたのですぐにピンと来ました。

 

ちょっぴりビビリながらご挨拶sweat01

しかしあっという間に普通に会話!おお、それって凄い事だよ!

そして歩きながら一杯飲みながらのトーク散歩の始まりです。

 

いや違う!フォト散歩という事にしよう!

 

 

Dsc_1969 

 

北鎌倉駅を出発し、まずは駅からすぐの円覚寺さんに行きました。

 

 

Dsc_1970 

 

緑が覆われた「これぞ寺!」という階段を登ると、円覚寺はあります。

 

Dsc_1971 

 

三人とも同じ位置で写真撮る事もあれば、それぞれ違うところで撮る事もあり、個性が出ていて面白いです。

とはいえ、お二人は立派なカメラですが僕はスマホ写真です。

お二人のカメラを一度持たせていただきましたが、その感想は・・・

 

 

うお!おれ、プロのカメラマンみたいっhappy02

などという子供みたいな感想を持ちつつ円覚寺を進みます。

 

Dsc_1973 

 

なんだか立派な山門が太陽に照らされていました。

緑と太陽と歴史ある建造物。

これは撮れ高がありそうですねー。

 

 

Dsc_1975 

 

いやしかし、北鎌倉は何も外だけではありません。

こうして建築物の中に入れば、天井いっぱいに龍の絵が広がっていたりします。

 

よしよしサンが言っていました。「寺には龍がよくいますよね。何ででしょう」

そういえば、よく見ますね。

お寺にとって龍とはどういう存在なのでしょうか。

 

 

Dsc_1976 

 

ココ、好きです。

この写真の中に虎の形をした岩があるのですが、よくわかりませんでした。

昔の人は想像力が今よりも豊かだったんだなーと感じながら奥へと進みます。

 

 

Dsc_1978 

 

黄梅院。

四方から緑に覆われていて、涼しい空気が辺りを包みます。

 

お寺って空気が涼しくなるのがいいですよねー。

 

 

さて、急な長い階段をわっせわっせと登ります。

ぐえー、キビシイ!!

Kenzoさん早い!!体力あるなあ。

 

 

続いて訪れたのは、円覚寺から歩いて10分ほど、明月院です。

 

 

Dsc_1985 

 

あの、奥にあるのがきっと満月を表しているのだと思います。

不思議なお部屋です。

 

夜になると障子でも閉まるのかな・・・

 

 

ここには、オサレなお地蔵様がいらっしゃいます。

 

Dsc_1986 

 

ネックレスやイヤリングみたいなものを付けてらっしゃいます。

その手には鮮やかなお花が!

素敵な佇まいを眺めながら歩くと、竹林の一角が姿を現しました。

 

 

Dsc_1987
 

 

ああ、いいねえ、こういう道。

報国寺とか、伊豆・修善寺とかにもあるけど、竹ってどうにも「和」を感じるよね。

厳密には北海道には竹は無いらしく、北海道の人はより「和」を感じるのだとか。

 

 

明月院を後にして、今回の最大敷地の目的地となる建長寺へ行きました。

 

Dsc_1988 

鎌倉五山、第一位 建長寺。

 

ここは壮大なスケールのお寺です。

 

Dsc_1989 

 

恐らく北鎌倉エリアの散策コースでは、王道中の王道。

そして外せないお寺です。

 

Dsc_1990 

 

なんという迫力ある山門。

こういうの何て言うか知ってる?

 

 

威風堂々

 

 

鎌倉時代から風雨や地震にさらされながらも残っている建築物とかあるわけで、それって凄まじい事です。

だって想像出来る?今から千年くらい先に、今ある建物が残っている姿って。

 

 

Dsc_1992


ここにも龍がいました。

迫力あるよね、ここの龍も。

そして壁は色鮮やかという不思議な空間。

 

 

 

ここらでベンチに座り昼食です。

昼食の他にも途中で買ったお煎餅なんか食べたりして。

 

 

Dsc_1995 

 

 

よしよしサンもKenzoさんもご結婚されているので、何故か僕が恋みくじを・・・sweat01

 

結果、今は大変でも、そのうち成就するという感じの内容。

ふむ、そうか。なるほど。成就させるぞheart04

 

 

Dsc_1998 

 

奥には立派な庭園が。

ここでもまったりと座ったりしました。

 

 

そして建長寺の奥へと進んで行きます。

また登りだぞー。

 

Dsc_2000 

 

どこぞの山奥に修行にでも向かっているかの様な道。

例えるなら山形県あたりの山。

 

 

Dsc_2001 

 

登って登って。

待って~、よしよしサン、Kenzoさん~。

最年少の僕が遅れる・・・

 

 

やがて頂上みたいなところまで行くと、これまた迫力のある像が・・・

 

 

 

 

Dsc_2003 

 

天狗様がこの山を見張っておりました。

カッコいいな。

きっと山を守っておられるのではないでしょうか。

その背中には、何か語るものがある様な気がしました。

 

 

Dsc_2004 

 

 

また、来ます。

 

 

 

 

 

 

というわけで、北鎌倉フォト散歩会は円覚寺~明月院~建長寺を巡りました。

 

最後には建長寺近くのテラス席で一杯やりました。

とても楽しい一日を過ごす事が出来ました。

よしよしサン、Kenzoさん、ありがとうございましたっsign03

 

 

Dsc_2005



この日の模様はお二人のブログにも載っています。

違う視点、違う文章、何より、もっと魅力ある写真が載ってるので見てみてくださいね!

 

→よしよしサン「よしよし四方山話」北鎌倉エピソードへ。

→Kenzoサン「Kenzoブログ~いつもココロにカメラを~」北鎌倉エピソードへ。

 

 

 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »