↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

とことこ函館散歩旅(2)元町編

3年ぶりに上陸の北海道。

一泊二日の函館さんぽ旅です。

 

朝10時に函館駅から散歩を開始。

朝市と赤レンガ倉庫で成るベイエリアを抜けて、次なるエリア・元町へと進んでいきます。

 

→前回の『出発~ベイエリア編』

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2014年1月20日 13:00 函館市八幡坂の下☆

 

赤レンガ倉庫から徒歩2分。

次なるエリアは坂道の町・元町です。

 

元町は、1859年の鎖国時代の終了と共に、イギリスやロシアなどの西洋の文化が一気に流れ込んできた町。

当時は1階が和風、二階が洋風というスタイルが流行したらしく、その名残もあって、和洋折衷な雰囲気のある町という事です。

 

今回、その入口地点となるのがここ、八幡坂です。

 

Img_0124 

 

やはた坂・・・ではありません。はちまん坂です。

 

すでに函館山がすぐ近くまで迫ってきています。

ここらにはバンダナ巻いた警備さんが、いるとかいないとか。

坂道ですが、歩道の端っこが階段になっているため、ツルツルと滑り落ちるなんて事なく登れます。

 

登りきって振り返れば、テレビや雑誌で見る景色。

 

 

Img_0127_2

 

 

いやあ、これは良い風景ですねえnote

 

完全にオフシーズンとあって人通りが少ないのでバッチリとセンターで写真を撮れました。

函館出身の後輩によると、夏は賑やかなのだそうです。

 

坂道の町としても有名ですが、やはり元町といえば羊羹です。

 

は??

 

洋館ですsweat01

まずはカトリック元町教会へと行ってみました。

 

Img_0128 

 

 

これは・・・立派な教会ですね!

僕も色々と散歩をしてきましたが、神社やお寺には数多く行けど、教会に入るのは初めてです。

こちらは開放されている教会ですので、中に入り厳かな空気を味わってまいりました。

 

 

神聖な場所ですから写真は撮れません。

中は映画で見る様な立派な作りの教会となっていて、静かでひんやりとした空気が流れていました。

音の響きがあって、合唱というのは元々は教会で歌われていたものだという事に納得しました。

 

 

Img_0130 

 

 

何かいます。教会のてっぺんに。

それがまたカッコいいのでした。

 

 

 

さて、人通りも少なくなると雪も積もったままの路地となります。

地元の高校生と、海外からの観光客だけの中を進んで行きます。

しっかし冷えるね~penguin

 

Img_0131
 

 

チャチャ登り。

これはさすがに登りません。

ですが、すぐ真横に斬新なデザインの教会があったので寄ってみました。

 

 

Img_0133 

 

 

函館聖ヨハネ教会です。

 

建物を上から見ると十字の形をしているというデザイン性の高い教会。

遠くからでもすぐにわかる形なので、この後に登った函館山からでもすぐにわかりました。

 

ここもまたカッコいいなって思っちゃうのでした。

 

Img_0135 

 

 

さて一度、八幡坂の方まで戻って、さらに反対側へと歩きます。

元町ならではの和風とも洋風とも言い切れない住居が色んなところに建っていました。

 

Img_0138

 

 

日本なのですが、やはり少し北欧の様な雰囲気があるところです。

撮った写真がたっぷりとあるのですが、ブログも長くなっちゃうので、印象的だったところだけ抜粋してお送りしております。

 

それにしても寒い・・・snow

ブルっと体の中から震えが来る時があります。

風邪・・・引いてないだろうな、と心配になります。

 

そんな不安を覚えつつ辿りついたのがこちらの場所。

 

 

Img_0146

 

 

旧・函館区公会堂です。

明治43年に建築されたという、シンメトリーなデザインの洋館です。

 

Img_0148_2

 

 

僕ねえ、今回、ここだけは押さえておきたかったんだよね。

元町のメインとしては八幡坂の風景が一番かもしれないけど、旧・函館区公民館はハズせないなって思っていたんですよ。

色といいデザインといい質感といい、これはもう、チョー良いshine

 

ここには日本の観光客も来ていて、遠くから来たという御夫婦にお写真を頼まれて撮ったりしました。

僕のも撮ってもらったり、カップルの写真を撮ったり、外国の方のファミリーの写真を撮ったりと大わらわ!!

「エックスキューズミー」

西洋のカップルに写真を頼まれました。

 

僕 「3.2.1.ショット!」←僕のこの掛け声いいのか(^-^;

 

金髪彼氏 「オーイエー、サンキュー!!」←西洋の人は英語の発音が良いよね(笑)

 

僕 「ボンボヤージュ!!」←これ違ったかΣ( ̄ロ ̄lll)
 

 

 

旧函館区公会堂は中まで入る事にします。

 

Img_0149 

 

さすが素敵な空間が広がっていました。

中でもカップルの写真撮ったりしながら、真面目に施設を見学です。

ふむふむー。

 

 

Img_0150 

 

ここは何だろう。

ダンスホールなのかな。

明治時代、大正時代、客人をもてなす場所として賑やかにパーティーとか行われていたんだろうか。

なんて考えながら歩いてみます。

 

ちなみにこの建物はミシュラングリーンガイドで二つ星を獲得しています。

来て良かったなと思える場所でした。

 

ここまで訪れた、カトリック元町教会・函館聖ヨハネ教会・旧函館区公会堂の三つは、後ほど別の姿で再登場しますので、お楽しみに~happy01

 

 

続いて訪れたのは何故だかオドロオドロしい文字で書かれた・・・

旧イギリス領事館です

Img_0152



ここは大正時代~昭和初期までイギリスの領事館だったそう。

寒いので逃げ込む様にして中に入りました。

 

 

Img_0153

 

 

おおー、「仁」とかに出てきそうなお部屋ですねえ。

左上の人は本物じゃありませんよーcoldsweats01

ビクトリア調の建物だということで、記念に一枚撮っておきました。 

 

 

Img_0155

 

 

真ん中の小さな穴から、僕の持つデジカメが覗いています。(白いカメラ)

そんで、紳士のイラストの顔の部分が僕。

それでこの写真の出来上がり。

という事はどういうことなのか?

 

わかりますでしょうか。

コレは鏡に向けて撮った写真なのでした~flair

わかるかな。

 

 

さて、外は寒さも増して来て・・・

 

骨まで冷え切ったかの様な辛さです。

高熱の時のような、体の内面から来る震えが来ます。

 

厳しいぃ~bearing

さすがに数時間も歩き回ると厳しいです。

(館内も暖かくない施設が多いのです。元町に来てからは冷えきってます)

 

ここらで再び喫茶に入ります。

 

Img_0156

 

 

ここに入ろう。

茶房 菊泉さん。

中に入ると、これはまた良い感じの古民家カフェです!ここはいいぞっ!!

 

 

Img_0158

 

 

あーこういう古民家カフェ好きだわー。

こういうお店が地元にもあればいいのになー。

とにかく冷え切った体を温めるのだ!!

ストーブもあるけど・・・

こっちがいいかな。

 

 

Img_0157

 

 

囲炉裏spa

あったまるなあ~。生き返る~dash

こうして温まりながら、さらに温かいものをいただくとします。

午前中にも雑煮を食べたけれども・・・・・・

 

 

Img_0160

 

 

今度はぜんざいです。

実に温まります。

ほんと、生き返る様な気持ちです。

明日も来たいな~って思っちゃいました。

函館リベンジがあったら絶対に来たいです。

 

Img_0161

 

 

まったり1時間ほど休憩して、出発する際、写真のお話をしてくださいました。

カメラもたくさん並んでるし、きっと写真好きの方がいらっしゃるんだろうな。

 

 

 

さて、時刻は16時。

いよいよ、山を登ります。

果たしてこの先で待ち構えているものとは・・・!!!

 

 

Img_0162

 

 

→次回は夜景編

 

 

 

立ち寄った場所リンク

カトリック元町教会

函館聖ヨハネ教会

旧・函館区公会堂

旧・イギリス領事館

茶房 菊泉

2014年1月23日 (木)

とことこ函館散歩旅(1)出発→ベイエリア編

さて昨年7月のラストラン以来の旅へと出ます。

・・・そもそもの始まりは2012年6月。

 

当時、北海道への上陸を計画していた僕ですが、飛行機のチケットは早めに取らないと高くなってしまうため、先のシフトがわからない状態に悩んでおりました。

 

そのため、その時は北海道を諦め、山形縦断の旅へと出かけたのでした。

 

その後、心臓病の発生により、飛行機は当分乗らない事にしました。

 

 

そうして月日は流れ、病気も治り自分のシフトも一ヶ月先ならわかる様な職場になった今。

1年半もの間、計画だけに終わっていた北海道上陸を決行する時がやってきました。

 

 

3年ぶりとなる北海道上陸。

→3年前の『遥かなる大地・北海道の旅』はこちら

 

 

今回の北海道の旅は、わずか二日間。

なのでコンパクトに行き先が収まっている函館を舞台としました。

題して・・・

 

とことこ函館散歩の旅

 

ちょっと長くなりそうですが羽田空港到着からスタートです。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月20日 07:30 羽田空港国内線ターミナル☆

 

 

Img_0086 

 

朝から東京都の羽田空港にやってまいりましたairplane

羽田はそれこそ3年前の北海道の旅以来です。

もう、乗り方もよく覚えていないので不安がありましたが、どうやら何とか飛行機に乗り込む事が出来ました。

空港のさ、呼び出しアナウンスの時になるチャイムの音がいいよね。

 

 

全日空の飛行機に乗り、いよいよ出発!!

飛行機はあっという間に空へと羽ばたきます。

ひょー、久しぶりだよ、この感覚~happy02

 

 

Img_0091 

 

雲の果てまで見渡せるこの景色。

あっという間に小さくなる東京・神奈川・千葉の家々。

 

そして、わずかに1時間15分。

 

飛行機は北海道は函館空港へと到着しました。

旅の始まりです。

 

 

Img_0093 

 

「只今の函館の気温、マイナス9℃」

 

へえ?!

ま、マイナス9℃ですかΣ(゚д゚;)

 

いや大丈夫!

靴にも暖かいカイロ入れてるし、ヒートテックにタイツ、今回はニット帽までつけてるぞ!!

 

Img_0095 

 

さすがに北海道は何気ない雪ダルマでさえスケール違うやsnow

 

 

函館空港からはシャトルバスで25分。

今回の散歩の起点となる函館駅へと到着しました。

この旅は散歩が基本となるので、ここからは乗り物があまり出てきません。

 

 

Img_0096 

 

函館駅に到着が10:00でした。

8:00に羽田にいたのに不思議なものです。

 

ロッカーに大きな荷物を預け、いよいよ函館散歩の旅がスタートです。

しっかし冷たい空気だね~penguin

昼間でコレかあ。ヤバイよコレcoldsweats01

 

さてまずは駅から徒歩ですぐ、朝市へとやってきました。

神奈川から来たのに、まだ朝市のやっている時間(笑)

 

Img_0098 

 

さすがに朝のピークは過ぎていましたが、活気がありました。

なんつっても、お店の人たちがグイグイ系の人達ですsweat01

 

「兄ちゃん、お土産どうよー!見てきな見てきな!!」

 

来たばっかだっつーのに!!

海外からも観光客が来ているらしく、アジア人やら西洋人やらが入り混じった不思議な雰囲気。

 

その人たちが美味しそうに食べているホタテを発見!

ここは僕もいただきまーす!

 

Img_0099 

 

 

いやマジ何これ!めちゃくちゃ美味いcoldsweats02

ほんとスッゴイ美味しいの。

このブログでも美味しいものは数々紹介してきたけど、ここのホタテは凄まじい旨さでした。

さすが北海道!!

 

その後はグイグイ系のオジサン達をのけて、今度はカニまんなるものを食べました。

 

Img_0100
 

 

カニ身の入ったまんです。

こちらは斬新なメニューで、初めて食べる味!!

ちゃんとカニの味がするので驚きです!

 

 

朝市はこの程度にして、海沿いを進みます。

この散歩旅は、まだまだ食べる物がたくさん登場するはずなのでお腹いっぱいにしてはいけません( ̄▽ ̄)

 

 

やや歩くと赤レンガで作られた倉庫群が見えてまいりました。

 

 

Img_0101 

 

 

おおー、雰囲気ありますね。

遠くには有名な函館山も見えてきました。

 

ここは金森赤レンガ倉庫という場所で、ミシュラン・グリーンガイドで「散策エリア一つ星」を得た場所になります。(正確には朝市からレンガ倉庫あたり全体)

 

地元のショッピングエリアとして、倉庫辺りはベイエリアと呼ばれているそうです。

 

 

Img_0102 

 

なかなか趣のある赤レンガ倉庫です。

横浜のとはまた違った趣ですが、中身のお店は横浜と似た雰囲気です。

 

し、しっかし寒いsnow

 

Img_0106 

 

ツララがまた長いこと長いこと。

落雪注意なんて書いてありましたが、これはもう落氷注意です。

一本折って、手に持つと、氷の剣を手にしたかの様で楽しいです。←子供か!

 

Img_0107 

 

明治に使われていた倉庫らしいので、歴史が感じられます。

それぞれの倉庫内にはオサレな雑貨屋さんなどが入っています。

Img_0110 

 

次第に函館山に近づいていきます。

この、雪と赤レンガ倉庫と函館山のコラボが、ベイエリアを特殊な雰囲気にしている気がしました。

何だかヨーロッパ(北欧)にいるかの様な不思議な感じがします。

 

 

でもさ!!

とにかくもう寒いわけですよ。

散歩はまだ序盤ですけど、温まりたい。

というわけで喫茶店に入ります。

 

 

Img_0119 

 

茶房 旧茶屋亭。

ここで温まることにします。

 

Img_0113 

 

うお!!Σ(・ω・ノ)ノ!

なんだこの豪華なイスは!!

和洋折衷カフェか!!

 

Img_0117 

 

メニューが扇子。

センスあるねえ・・・というオヤジギャグを入れたいところだよね。←同意求む

 

Img_0114 

 

おしるこ。

温まるものが良いので、渋めのメニューにしました。

小田原以来、こういったものに惹かれます。

 

Img_0115 

 

テーブルの上にも色々と和洋折衷な感じが。

ん?左スミのは??なんだろう。

 

 

Img_0116 

 

伝票入れがヒールの靴なのか!ハイカラ!!Σ( ̄ロ ̄)

聞けば大正時代をイメージしたお店だという事でした。

何だか撮れ高の多いお店で楽しめました。

 

外に出ると粉雪が舞っています。

そんな中で目についたのは・・・

 

Img_0120 

 

か、かわいくない・・・sweat02

いや、キモカワか??何か凛々しいな。

 

 

赤レンガ倉庫街を抜けたところには、今度は赤い靴の少女像がありました。

函館は働きに出て行った母親との別れの場面の土地なのだとか。悲しい場面。

 

Img_0123

 

 

物悲しい銅像。

そして、ここから散歩は、怒涛の撮れ高となる「元町」へと進んでいくことになります。

坂道で有名な元町です。

 

 

→次回は元町編です。

 

 

→函館朝市

→金森赤レンガ倉庫

→旧茶屋亭

2014年1月19日 (日)

とことこ神奈川が賞をいただきました。

神奈川県33市町村、全てに散歩しにいく「とことこ神奈川」shoe

 

アルファポリスという、ネットに重きを置いた出版社さまのサイトで行われた

「第6回ブログ・エッセイ大賞」という、ブログでの紀行やエッセイの選考会にて・・・

 

 

特別賞をいただきました!!

 

大賞は該当者がなく、それに次ぐ「特別賞」ということで、評価までホームページに書いてあります。

 

僕のこの口調そのままの口語体が評価されることになり、大変嬉しいですshine

 

 

これからも、今の雰囲気を壊さず、それでいて新しい企画も入れていきながら神奈川を歩いていこうと思います。

 

「第6回ブログ・エッセイ大賞」

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

そして神奈川とは関係ありませんが、次回から「散歩の旅」を更新していく予定です。

行き先は「国内のどこか」

二日間かけて「街歩き」をしてきますよー。

 

久しぶりに、三回以上かけた長編にするつもりです(笑)

 

 

では予告編ということで、すでに有名ではありますが、

その町の観光協会が作成した、こちらの3分ほどの動画をご覧ください。

 

→観光ガイド動画(you tubeより)

 

 

 

 

2014年1月17日 (金)

とことこ神奈川 第24街「小田原編」

神奈川33市町村、全てに散歩しにいく「とことこ神奈川」の第24回ですshoe

 

2014年・第一弾は神奈川県唯一のお城のある小田原市です。

そして今回は、これまでの23回には無かった斬新な散歩となってます。

 

 

それは何か。

一言で言うなら・・・

 

 

 

 

一度もお会いした事のない人に、散歩の全企画を丸投げした!という点です( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

もちろんお話した事すら無いし、その人がどこを散歩コースに設定しているのかも知りません。

・・・という、行き先不明のミステリーツアー的な小田原編。

 

 

ガイドしてくれるのは、このブログにもたくさんのコメントをくれる・・・

そらいろくらげサンです!!

 

くらげさんのブログ内の「くらげ散歩」とのコラボ企画です!

よろしくお願いしますshine

 

 

Photo

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月14日 12:20 小田原駅☆

 

 

やってきました!小田原市の中心駅、小田原駅。

 

どど~んと大きな提灯が吊られています。しかも改札の上にcoldsweats02

いきなり驚きです。

 

Photo_3

 

小田原!!

と、誇らしげに構えています。

 

そんな改札前で、今までブログでやり取りしていた、くらげサンと待ち合わせです。

 

僕もくらげさんも、すぐに「あの人かなー」とわかったみたいで、初対面のご挨拶をしました。

すごく気さくで話しやすい人だったので(何となくそんな予想はしてたけど)

早速、くらげさんのご案内で小田原編スタートです!!

 

 

 

駅前から歩いてすぐ、まずは寿庵というお蕎麦屋さんでお昼にしますdelicious

 

渋い作りのお蕎麦屋さんの二階でいただいたのは、ハイカラ蕎麦!!

ハイカラ?!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

Photo_4 

 

 

揚げてある海苔の入った暖かいお蕎麦です。

お蕎麦もですが、天かすがまた美味しい~。海苔がまたウマイ!!

さすが小田原に縁のあるくらげさん。いきなり美味しいお店からスタートです!

 

お蕎麦で温まったら、町を進みます。

国道一号線に出ると、箱根駅伝の中継で見たことのある景色になりました。

正月にテレビで見たばかりの景色を歩いていると、小田原城を発見。

 

 

Photo_5 

 

 

いやー小田原城って立派だけど、こんな道端にポツリとあるんだねー・・・

って、コレ、ういろう屋だ!!coldsweats02

 

 

これを小田原城として放送しようとしたテレビ番組があったとか無かったとか(笑)

 

 

こんな立派なういろう屋を通り過ぎ、くらげさんは何だかマニアックな路地へと進みます。

どこ行くんだろう??

路地の先は・・・

 

 

Photo_6 

 

 

ちょ・・・、こ、ここ進むのsign02Σ(゚д゚lll)

 

とことこ神奈川も24回目ですが、こんな石の上を進むのは初です。

グラグラ揺れる石の上をフラフラと進んでいくと、御幸の浜という海岸に辿り付きました。

 

 

Photo_7 

 

 

遠くに漁船。その向こうには伊豆大島が見えました。

うーん!気持ち良いなあnote

正月はココで初日の出を見る人達が集まったそうで、くらげさんも来たのだとか。

 

そして石の上をまた超えて町中へと戻ります。

 

 

国道へ戻る途中、気になるお店を見つけたので入る事にしました。

 

Photo_8 

 

カマボコや伊達巻などを売っている鱗吉さんです。

 

ここではイワシ揚げを買ったので後ほどいただく事にしました。

 

 

国道まで戻ると今度はパン屋さんの登場です。

 

Photo_9

 

 

柳家ベーカリーさん。

宿場町とあってか、歴史ある建物が多いので、パン屋さんも古風です。

こちらでは店員さんオススメの「幻の黒豆あんぱん」を購入。

出来たてで暖かかったので、すぐに食べ歩きます。

 

 

Photo_11 

 

 

ピントが合ってないね(笑)

このパン、ホントに美味しかった!!

豆の風味が効いてて、甘すぎないあんこが本当にうまい!!

これは小田原に来たら外せないです!

 

 

食べ歩きながら進んで行くと、いよいよ小田原城へと突入です。

いくぞ~!門から突入じゃーhorse

 

 

Photo_12 

 

 

門の向こうには広場がありました。

ここからの小田原城はさすがの一言です。

 

 

Photo_13 

 

 

ドドン!!小田原城の登場です。

せっかくなので、その立派な城に登ってみることにします。

 

内部は鉄砲や弓矢などが展示してあり、階段にて天守閣へと登っていくことが出来ました。

 

 

Photo_14 

 

天守閣からの眺め。

相模湾のずうっと向こうの方には江ノ島が見えました。

いいところにお城を建てたんだなーと感心。

 

 

小田原城を下りたところで、さきほどのイワシ揚げを食べてみますdelicious

 

 

Photo_15 

 

 

ショウガだと思いますが、ほんのり味が効いててペロリと食べちゃいました!

うーん、お城を見ながらイワシ揚げとは・・・渋いね!

 

 

さて、お堀を超えて駅の方向へと進みます。

 

Photo_16 

 

駅前に近づくと段々と人通りも多く賑やかな街並みになってきました。

かなり歩いたので〆の甘味処に入ります。

 

くらげさんはウネウネとした路地裏を迷うことなく進んでいくので追いかけます。

入ったのは岡西というお店。

 

ここで、おはぎをいただきまーす。

うお!!でっかいのが来たcoldsweats02

 

 

Photo_17 

 

手前が僕の「きなこおはぎ」

奥がくらげさんの・・・。

・・・なんだろ?

ゴマおはぎ??だったかな。

どちらもすっごい大きさです!

一緒についてきた煎茶がまた美味しくて、大満足な甘味処でした。

 

 

最後にお土産でパン屋さんに寄ります。

 

Photo_18 

 

これまたレトロな「守谷のパン」

またも、アンパンを買いました。

(なんかすっごくアンコを食べてる一日ですdelicious

 

 

そして、小田原駅に到着!!

食べ歩きな小田原編となりました~note

 

 

Photo_19 

 

 

帰りはロマンスカーでリッチに帰宅。

 

くらげさん、今回は丸投げしてすみませんでした。

そして、ありがとうございましたshine

 

 

 

→くらげさんブログ くらげ模様「新春小田原散歩」

 

 

 

←前回は向ヶ丘遊園編

→次回は松田編

 

◇とことこ目次ページへ

 にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

 

riceball立ち寄ったとこリスト

鱗吉(イワシ揚げ)

柳家ベーカリー(幻の黒豆あんぱん)

小田原城

岡西(〆の甘味)

守谷のパン

2014年1月 8日 (水)

逆ダイエット2014 スタート!1月月報

 

今年は逆ダイエットの結果を毎月書いていこうと思います。

目標は2014年12月まで時間をかけて67.0kg。

その際の体脂肪率は14~16%程度が良いと思ってます。

 

ここまで使用したのはこちらのプロテイン。

 

 

ウイダーのホエイプロテインです。

特に筋トレなんかしていないので、最もスタンダードなタイプのものを選択しました。

増量用のものもありますが、そういったモノは激しいトレーニングを想定しているので、

就寝前に飲むというこちらのタイプでまずは様子を見ていこうと思います。

 

ちなみに、水で飲むタイプのものもありますが、

そもそもプロテインを溶かして飲む、牛乳自体にたんぱく質が含まれているので、水ではなく牛乳で飲もうと思います。

痩せすぎの人が増量をするなら牛乳で飲みべきだそうです。

(極端に言うと、寝る前に単に牛乳を飲んでるだけでも増量の効果はあるのだそう)

 

 

12月1日から飲み出しました。

 

さてさて、その努力の結果は・・・??

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

2013年11月11日 体重61.6kg 体脂肪率 10.8%

2013年12月20日 体重62.2kg 体脂肪率 12.8%

2014年01月08日 体重63.5kg 体脂肪率 13.2%

 

 

ふむ。

まずまずの結果の様子です。

着々と増えていますが、ここらで一度、停滞期があると思われます。

それに、一気に増えると体の内部に負担もあるので、ここからはもっとゆっくりペースでも良いかなと。

 

今年の12月までに67キロになればいいのです!

 

何年も増量について考えてきたのですが今年は本気で取り組みます。

健康な体にならなくては!!

太りたい男の方、いらっしゃいましたら一緒に頑張りましょう~up

(あんまりいない)

 

2014年1月 5日 (日)

営業初日の葛西臨海水族館へ

箱根駅伝、今年も熱中しました~。

東洋大学、やっぱり強いな~。設楽兄弟、相変わらずの速さ!!

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月2日 12:30 東京都 葛西臨海公園☆

 

 

さて今年初のお出かけは、水族館ですfish

 

新年は2日から営業開始の葛西臨海水族館です。

つまり営業初日。

実は2013年も営業初日に行きました。

 

 

Img_0075 

 

気持ち良い正月の空ですnote

冬の水族館て、暖かくてまったりできます。

 

なので二年連続の正月滞在ですsmile

 

 

Img_0071 

 

何度も来てる葛西の水族館だけど、やっぱり何度来ても飽きないんだよなー水族館。

 

 

魚の中に自分と似てる様なやつがいると目で追ってしまう・・・(笑)

 

 

せっかく新しいデジカメになったので、海の生物をアップで撮ってみたりしました。

 

 

タツノオトシゴです。

 

 

Img_0073 

 

 

ふむー。不思議な形の生物ですねー。

 

 

撮ったのはこの一枚だけですcoldsweats01

 

 

水族館というと一番好きなのはこちらさん。

 

 

Img_0070_2 

 

 

ペンギンpenguin

 

ペンギンって好きです。

 

マグロとか見て、水族館を満喫したら臨海公園を散策。

 

せっかくだからホットドックとか食べ歩き。

うまー!!delicious

 

Img_0076 

 

 

ジャンクだねえ!ジャンクフードって美味しいよねえ。

 

 

その後、京葉線で1駅。舞浜駅のイクスピアリへと移動ですtrain

 

 

舞浜は以前5年も浦安市に住んでいたことがあるので、よく来ていました。チャリでbicycle

 

イクスピアリはほんと、何度来ただろう。最もよく知るショッピングモールです。

 

 

あっちこっちお店見て、お寿司食べましたsmile

正月にお寿司、サイコー!!!ヽ(´▽`)/

正月にお寿司、サイコー!!!ヽ(´▽`)/

おっと、嬉しくて思わず二回も書いちゃったよ(笑)

 

 

のんびり過ごしたので、いつの間にか夕方。

ランドのシンデレラ城が夕焼けバックになってました。

 

 

Img_0077 

 

 

うーん、日本ぽくない感じですねえ~。ヨーロッパぽい!

 

 

このあと、ランドホテルのロビーとか見学してみました。

泊まる予定ないのにcoldsweats01

 

 

豪華なロビーは写真撮り忘れたので、実際に行ってみてね。

 

 

 

というわけで、新年最初のお出かけでした~shine

今年も、たくさん出かけるぞ!!

 

2014年1月 1日 (水)

温泉ドライブ ~ 富士山を眺めながら

2014年になりました。

 

皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。 まさかの元旦更新ですpencil

・・・ といっても本編は昨年中に書き終えていて、この数行だけ元旦作成です。

 

 

今年もビシッとふわりとやっていこうと思います。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2013年12月30日 13:30 府中本町駅☆

 

 

2013年最後のお出かけは府中の友人ユーイチくんと行く、山梨県温泉ドライブですcar

運転はユーイチくんにお願いします。

 

まずは府中本町駅を出発。

国立府中インターから中央高速に乗ります。

 

 

わずか40分も走れば、山梨県談合坂サービスエリアです。

 

 

Sa_2 

 

 

ここで僕がアメリカンドッグ。ユーイチくんは屋台で豚まんみたいなの食べましたdelicious

 

 

よし、いくぞ。

 

 

・・・?

あれ?そういえば。

 

 

「ところで今日、どこ行くの?」

山梨県で温泉入ろうという話で待ち合わせしたのですが、どこに行くか話し合いしてませんでしたcoldsweats01

 

勝手に「ほったらかし温泉の方かな」と予想していたのですが、ほぼ正解。

ほったらかし温泉のすぐ近く、ぷくぷく温泉へ行くつもりだのことです。

 

夕方に入ろうという話になり、直接向かうのではなく富士山を見てから行くコトになりました。

 

 

これを山梨県入りしてから決めちゃう(笑)

 

 

談合坂を出て、一路河口湖へ。

一時間もすれば河口湖へと到着。

良い風景のところを求めて走ります。

 

 

そういえば2012年9月に行った河口湖滞在の旅で、車を止めやすそうなところを見つけていたのでした。

そこがこちら、自然生活館。(当時、ブルーベリージャム作り体験しました)

ここからは、もう富士山の絶景でありました!!!
 

 

 

Photo 

 

 

うおーsign03coldsweats02

富士山、威風堂々だー!!!

これは凄い景色ですな・・・

 

 

Photo_2 

 

年末に富士山が綺麗に拝めるなんて素敵ですねーfuji

 

河口湖までやってきて良かったですよホントにー。

 

 

 

さて、河口湖を出発して甲府盆地へと向かいます。

向かいますつったって、今回は助手席。

ただしゃべるだけですcoldsweats01

しゃべり担当。

 

 

ナビ任せに走っていたら、山梨市付近で謎の小道へ・・・sweat01

どこじゃこの畑はー!!?

 

 

右往左往して何とか見た事ある道へ。

辿りついたのはぷくぷく温泉という場所。

 

 

Photo_3 

 

フルーツスパ・プクプクと書いてあるのがちょっぴりウケます。

 

 

ここは来たことありませんが、ユーイチくんのオススメするだけあり、絶景の温泉です!!

 

Photo_4 

 

 

良いね~spa

甲府盆地を見下ろす、山の斜面の温泉です。

あまりの広大さに遠近感がよくわからなくなります。

ここはもう素晴らしいです。

 

 

まったりと1時間以上も温泉トークしました。

男同士の旅って久しぶり。たまには、いいね!!いいよ!!

 

 

日が暮れると景色も変化。

 

 

Photo_6

 

久しぶりに見たよ、夜の甲府盆地night

綺麗でした。

さすが山梨県の「デートで来たい場所」で常に上位ランキングされている場所です。

男同士で来てますが(笑)

 

 

Photo_8 

 

↑せっかくなのでホワイトバランスを上げる練習。

そしたら画面下にある街灯が明るくなりすぎて眩しいのでトリミングでカットするハメに。

最終的にスマホみたいな形の写真に・・・

 

 

旅の最後の締めくくりは、山梨名物のほうとうです。

 

 

Photo_9 

 

富士山の絵が書いてある!!

 

 

いやあ美味しいね!力出そう!!

 

 

 

そうして中央道にて帰りました。

 

車窓トーク。温泉トーク。食事トーク。・・・と、しゃべり続けた7時間でした。

 

年の最後にこういった日帰り旅が出来てホント良かったです。

 

ユーイチくん、ありがとうございました。

 

Photo_10 

 

 

今年もこの調子です。

ブログ「なんとかなるでしょ!」2014年もよろしくお願い致します!!

 

 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »