↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« とことこ神奈川が賞をいただきました。 | トップページ | とことこ函館散歩旅(2)元町編 »

2014年1月23日 (木)

とことこ函館散歩旅(1)出発→ベイエリア編

さて昨年7月のラストラン以来の旅へと出ます。

・・・そもそもの始まりは2012年6月。

 

当時、北海道への上陸を計画していた僕ですが、飛行機のチケットは早めに取らないと高くなってしまうため、先のシフトがわからない状態に悩んでおりました。

 

そのため、その時は北海道を諦め、山形縦断の旅へと出かけたのでした。

 

その後、心臓病の発生により、飛行機は当分乗らない事にしました。

 

 

そうして月日は流れ、病気も治り自分のシフトも一ヶ月先ならわかる様な職場になった今。

1年半もの間、計画だけに終わっていた北海道上陸を決行する時がやってきました。

 

 

3年ぶりとなる北海道上陸。

→3年前の『遥かなる大地・北海道の旅』はこちら

 

 

今回の北海道の旅は、わずか二日間。

なのでコンパクトに行き先が収まっている函館を舞台としました。

題して・・・

 

とことこ函館散歩の旅

 

ちょっと長くなりそうですが羽田空港到着からスタートです。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月20日 07:30 羽田空港国内線ターミナル☆

 

 

Img_0086 

 

朝から東京都の羽田空港にやってまいりましたairplane

羽田はそれこそ3年前の北海道の旅以来です。

もう、乗り方もよく覚えていないので不安がありましたが、どうやら何とか飛行機に乗り込む事が出来ました。

空港のさ、呼び出しアナウンスの時になるチャイムの音がいいよね。

 

 

全日空の飛行機に乗り、いよいよ出発!!

飛行機はあっという間に空へと羽ばたきます。

ひょー、久しぶりだよ、この感覚~happy02

 

 

Img_0091 

 

雲の果てまで見渡せるこの景色。

あっという間に小さくなる東京・神奈川・千葉の家々。

 

そして、わずかに1時間15分。

 

飛行機は北海道は函館空港へと到着しました。

旅の始まりです。

 

 

Img_0093 

 

「只今の函館の気温、マイナス9℃」

 

へえ?!

ま、マイナス9℃ですかΣ(゚д゚;)

 

いや大丈夫!

靴にも暖かいカイロ入れてるし、ヒートテックにタイツ、今回はニット帽までつけてるぞ!!

 

Img_0095 

 

さすがに北海道は何気ない雪ダルマでさえスケール違うやsnow

 

 

函館空港からはシャトルバスで25分。

今回の散歩の起点となる函館駅へと到着しました。

この旅は散歩が基本となるので、ここからは乗り物があまり出てきません。

 

 

Img_0096 

 

函館駅に到着が10:00でした。

8:00に羽田にいたのに不思議なものです。

 

ロッカーに大きな荷物を預け、いよいよ函館散歩の旅がスタートです。

しっかし冷たい空気だね~penguin

昼間でコレかあ。ヤバイよコレcoldsweats01

 

さてまずは駅から徒歩ですぐ、朝市へとやってきました。

神奈川から来たのに、まだ朝市のやっている時間(笑)

 

Img_0098 

 

さすがに朝のピークは過ぎていましたが、活気がありました。

なんつっても、お店の人たちがグイグイ系の人達ですsweat01

 

「兄ちゃん、お土産どうよー!見てきな見てきな!!」

 

来たばっかだっつーのに!!

海外からも観光客が来ているらしく、アジア人やら西洋人やらが入り混じった不思議な雰囲気。

 

その人たちが美味しそうに食べているホタテを発見!

ここは僕もいただきまーす!

 

Img_0099 

 

 

いやマジ何これ!めちゃくちゃ美味いcoldsweats02

ほんとスッゴイ美味しいの。

このブログでも美味しいものは数々紹介してきたけど、ここのホタテは凄まじい旨さでした。

さすが北海道!!

 

その後はグイグイ系のオジサン達をのけて、今度はカニまんなるものを食べました。

 

Img_0100
 

 

カニ身の入ったまんです。

こちらは斬新なメニューで、初めて食べる味!!

ちゃんとカニの味がするので驚きです!

 

 

朝市はこの程度にして、海沿いを進みます。

この散歩旅は、まだまだ食べる物がたくさん登場するはずなのでお腹いっぱいにしてはいけません( ̄▽ ̄)

 

 

やや歩くと赤レンガで作られた倉庫群が見えてまいりました。

 

 

Img_0101 

 

 

おおー、雰囲気ありますね。

遠くには有名な函館山も見えてきました。

 

ここは金森赤レンガ倉庫という場所で、ミシュラン・グリーンガイドで「散策エリア一つ星」を得た場所になります。(正確には朝市からレンガ倉庫あたり全体)

 

地元のショッピングエリアとして、倉庫辺りはベイエリアと呼ばれているそうです。

 

 

Img_0102 

 

なかなか趣のある赤レンガ倉庫です。

横浜のとはまた違った趣ですが、中身のお店は横浜と似た雰囲気です。

 

し、しっかし寒いsnow

 

Img_0106 

 

ツララがまた長いこと長いこと。

落雪注意なんて書いてありましたが、これはもう落氷注意です。

一本折って、手に持つと、氷の剣を手にしたかの様で楽しいです。←子供か!

 

Img_0107 

 

明治に使われていた倉庫らしいので、歴史が感じられます。

それぞれの倉庫内にはオサレな雑貨屋さんなどが入っています。

Img_0110 

 

次第に函館山に近づいていきます。

この、雪と赤レンガ倉庫と函館山のコラボが、ベイエリアを特殊な雰囲気にしている気がしました。

何だかヨーロッパ(北欧)にいるかの様な不思議な感じがします。

 

 

でもさ!!

とにかくもう寒いわけですよ。

散歩はまだ序盤ですけど、温まりたい。

というわけで喫茶店に入ります。

 

 

Img_0119 

 

茶房 旧茶屋亭。

ここで温まることにします。

 

Img_0113 

 

うお!!Σ(・ω・ノ)ノ!

なんだこの豪華なイスは!!

和洋折衷カフェか!!

 

Img_0117 

 

メニューが扇子。

センスあるねえ・・・というオヤジギャグを入れたいところだよね。←同意求む

 

Img_0114 

 

おしるこ。

温まるものが良いので、渋めのメニューにしました。

小田原以来、こういったものに惹かれます。

 

Img_0115 

 

テーブルの上にも色々と和洋折衷な感じが。

ん?左スミのは??なんだろう。

 

 

Img_0116 

 

伝票入れがヒールの靴なのか!ハイカラ!!Σ( ̄ロ ̄)

聞けば大正時代をイメージしたお店だという事でした。

何だか撮れ高の多いお店で楽しめました。

 

外に出ると粉雪が舞っています。

そんな中で目についたのは・・・

 

Img_0120 

 

か、かわいくない・・・sweat02

いや、キモカワか??何か凛々しいな。

 

 

赤レンガ倉庫街を抜けたところには、今度は赤い靴の少女像がありました。

函館は働きに出て行った母親との別れの場面の土地なのだとか。悲しい場面。

 

Img_0123

 

 

物悲しい銅像。

そして、ここから散歩は、怒涛の撮れ高となる「元町」へと進んでいくことになります。

坂道で有名な元町です。

 

 

→次回は元町編です。

 

 

→函館朝市

→金森赤レンガ倉庫

→旧茶屋亭

« とことこ神奈川が賞をいただきました。 | トップページ | とことこ函館散歩旅(2)元町編 »

旅(宿泊の旅)」カテゴリの記事

コメント

Would the NSA and other global intelligence agancies try to stop any such plan? Insecure software is a tool for their activities.http://www.ddgoshop.com/
[url=http://www.ddgoshop.com/]www.ddgoshop.com[/url]

☆Kenzoさん!

いやあ正直、お酒飲みたくなる朝市でしたねー(笑)
かにまんは初めて目にしたという事をオジサンに言ったら「そりゃそう!ここらではウチだけだ!」と超グイグイでした(笑)

古民家カフェの伝票入れはオサレでした。細かいところにもこだわり有るのだなって感じました。
開店して20年以上なんだとか。

しっかし寒いです。
日が当たってましたし、風は無風に近かったので運が良かったです。
・・・初日は(笑)
覚悟は必要ですよー。

寒い時期に寒い所へ行くというのもオツなものですよね(但し相当気合必要ですが)
それにしても-9度とは。。。恐るべし

朝市すごい活気(と客引き)ですよね^^
「来たばっかだよ」という気持ち、よくわかります(笑)

カニまんにホタテ。。。
カニまん食べてみたい!!!!
朝からお酒飲みたくなりそうな感じですね(笑)
伝票入れオシャレですね!!!

☆Kiyomiさん!

カニまん美味しかったですよぉ~!
やっぱり北海道といったら美味しいもの巡りですよね☆

古民家カフェは贅沢な作りで驚きました。小物がオサレで良かったです。
パンプスですか!パンプスっていうんでしたね、ああいう靴!(笑)
僕はそういうコトにうとくて・・・

あの雪だるまは一体どういう人が作ったのか気になっちゃいました。

続編も食べ物が出てきます~♪

まずは カニまん食べたーいぃぃぃ!!
北海道ってほんとにスケールでっかいよね。古民家カフェもとっても素敵で、あのパンプスの伝票入れも、参りましたって
いう感じでした。素敵です。あ~やっぱり雪はいいなぁ。でぶっちょの雪だるま、かわいいぃぃ!!!続編もたのしみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445467/54711281

この記事へのトラックバック一覧です: とことこ函館散歩旅(1)出発→ベイエリア編:

« とことこ神奈川が賞をいただきました。 | トップページ | とことこ函館散歩旅(2)元町編 »