↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

二子玉川→溝の口さんぽ

 

ちょっと用事があって二子玉川に行きました。

このまま普通に帰ってもいいのですが、3駅歩いて溝の口まで行ってみようと思いました。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年2月24日 14:00 東京都世田谷区 二子玉川駅☆

 

 

用事を済ませて、かなり遅めのランチfastfood

好きだけど最近ちっとも行ってなかった、クアアイナに入りました。

 

 

Img_0289

 

 

ランチセットのハンバーガーセットnote

でっかくてウッマイdelicious

知ってる人も多いかもですが、クアアイナはハワイ発祥のハンバーガー店。

(オアフ島)

アボカドを使ったバーガーがオススメです。今回は違うけど。

 

お店の雰囲気がいかにもハワイ風で好きなんです。

 

Img_0290

 

 

 

こういうパッケージがいかにも。

 

 

さて、ちょっぴりニコタマを歩いてから溝の口へと歩こうと思います。

 

オサレなニコタマですが裏へ入ると庶民的なお店もけっこうあって、今度ゆっくり見てみようと思います。

 

とりあえず、何だかよくわからない小道を行きます。

 

Img_0291

 

 

きしべの路・・・。

全然知りませんが歩いてみると、ニコタマの街の隙間を歩く通路でした。

 

 

Img_0292

 

 

駅前めっちゃオサレなのに100m以内にこんな道があるとはねえ。町って不思議。

 

 

246号線へと出たので、見上げると東京都のスミにいる事がわかりました。

そっかー、ニコタマって東京の入口なんだなー。

 

 

Img_0293

 

 

なんとなく東京っぽい空。

いや、何がだかわかんないけど。

 

 

このまま橋を歩いて多摩川を渡ろうと思います。

東京から神奈川への越境さんぽですcoldsweats01

 

 

Img_0294

 

 

広いなあ。

多摩川も下流まで来るとこんなに広大です。

憩いの場なんだろうな。この辺の。

 

 

橋を歩いていくと神奈川県です。

 

 

Img_0295

 

 

色んなマークが一気に登場だなあ。

高津区のマーク。サングラスかけたタコみたいbomb

川の中央とかで神奈川になるのかなあ??

 

 

Img_0296

 

 

ちょっと暖かくなってきて気持ちいい~。

橋を越えると、ちょっとゴチャゴチャした街並み。

 

しばらく歩くと溝の口駅が見えてきました。

その手前に何だか渋い川。

 

Img_0297

 

 

江戸っぽい。

江戸時代知らないけど。

この木が桜だとしたら、綺麗なところだろうな。

 

 

というわけで1時間で溝の口に到着~。

 

こういう、ちょっとした散歩も楽しかったりします。

→クアアイナ公式ホームページ

2014年2月18日 (火)

つくばエクスプレスで照明現場へ。

今年初の個人請負による照明現場へと行ってきましたflair

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

今回のお仕事はお芝居です。

何人かの独白スタイルによる公演です。

照明は僕ひとり。音響は今回の雇い主、10コ年下の若手女子、大江真理子アナさん(仮名)です。

 

 

 

照明プランとしてはシンプルで、話す人のところにだけ照明を当てるという操作です。

Aが喋る場面ではAにだけスポットを。

Bが喋る場面ではBにだけスポットを。

という具合です。

 

ま、もちろんそれ以外にも多少はあるのですが割愛。

 

 

今回は、田舎の小さな劇場ですので、明かりを記録出来る操作卓ではないので、本番中は全ての場面で明かりを作りながら進行していく事となります。

 

 

しかしココで大きな問題があります。

 

実は今回の現場、二日間あります。

仕込み&リハ日と、

ゲネプロ&本番日・・・の二日間。

僕はスケジュールの都合で・・・何と本番日にだけしか行けませんcoldsweats01

 

というわけで仕込み&リハ日は、元上司の葛西氏(仮名)が行ってます。

リハで照明プランは葛西氏によって作り上げられ、それを電話で引き継いで、僕が本番。

 

 

という感じで劇場入りtrain←北千住からつくばエクスプレス。ちょースピード速い!

 

 

朝からいきなりゲネプロです。

一度も見た事ない芝居の照明をやるので、久しぶりにドキドキです。

全力じゃないとヤバイです。

しかもこの公演。どう見ても、照明のタイミングや点け消しのスピードで、芝居のテンポに影響が出そうです。

とりあえず、丁寧にゆっくりと音楽に合わせた操作でゲネプロを行ったところ・・・

 

 

テンポが遅いとのこと。

 

 

ふむふむ、もっとテンポを上げていかないとダメな様です。

でも、それを知れたのが大きい。

この公演の照明の役割がよく理解できました。

 

 

そして、いざ本番開演karaoke

 

 

いやほんと、久しぶりの照明ということも加わって、かなりな緊張感sweat01

テンポを上げて、それでいて一度のミスも無い様に・・・。

 

わずかな迷いが生じても、一人で照明やってるもんだから誰かに聞く事も出来ないので、その場面その場面で意味合いを考えながら、何とか切り抜けました。

 

後半、主人公に悲運が続く場面があります。

何だか感情移入して悲しくなってしまいましたweep

 

切ない話だ・・・

 

 

とにかく何とか無事に公演を終えました。

 

 

久しぶりの照明仕事は、どんなに小さな仕事でも、舞台の難しさを考えさせられる仕事となりました。

 

 

今月から来月にかけて、照明をやる機会が何度かありそうです。

 

 

大江さん、お仕事のご依頼ありがとうございましたshine

 

 

2014年2月12日 (水)

本厚木いちご狩り

神奈川は厚木や海老名あたりでイチゴを育てている農家さんが多いとのこと。

というわけで、アズミノさん(仮名)と、いちご狩りへと行ってきました。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月29日 11:00 小田急線・本厚木駅☆

 

 

 

こないだ厚木編でスタート地点となった本厚木駅。

あの時は駅の北口へ降りたけど、今回は反対側の南口へと降りました。

 

 

ここからは平塚駅行きの路線バスに20分ほど揺られますbus

 

農園さんに教えていただいたバス停で下車。

そこから電話連絡をすると、ものの五分でお迎えの車がやってまいりました。

いやーありがたい!!

なにしろ農園さんの場所がいまいち理解していないのでsweat01

 

 

今回いちご狩りをさせていただくのは、わだいちご園さんです!!

 

Img_0278

 

 

あったかーい!!happy01

ハウスの中って、とっても暖かい~note

これは快適!!

それでは狩りましょう~!!食べ放題じゃーー!!

 

 

Img_0279

 

 

こちらのいちごは、豊姫(トヨヒメ)という品種だそうで、大きめな実ですdelicious

甘味もあって、酸味もあって、食べごたえのある大きさ!!

いやー、うまーーー!!happy02

 

 

どんどん食べちゃうよ。どんどん食べちゃう系だ!!←どんな系統だ

 

Img_0280

 

 

時には練乳をかけてみたりもしますtaurus

うまい!!

 

結局20個ちょっと食べました。いやあ、来て良かった!!

 

 

Img_0283

 

 

ミツバチがいました。

ハウスの中はもう春の気分です。

 

 

お腹いっぱいに苺を食べまくり、今度は散歩しながらバス停へと戻りました。

ありがとうございました、わだいちご園さん!!

 

 

Img_0285

 

 

 

このあと、本厚木駅方面にある、めちゃウマなイタリアン「タベルナ・ラ・メッセ」にて、激ウマなパスタをいただきました。

食べるの夢中で写真とか忘れたけど、めちゃオススメ店ですnote

いやー、来年もこのコースで本厚木を訪れよう~!!

 

 

わだいちご園

タベルナ・ラ・メッセ

 

2014年2月10日 (月)

大雪警報とA4ファイル

長すぎた函館編を終えて、久しぶりに日々の出来事を書いてみよう~。

(ちょと興味本位で調べてみたらこの半月ほど、東北からのアクセスばっかだったらしい。函館というのは青森や秋田の人が旅行によく訪れる場所の様子です)

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年2月8日 14:00 都内職場☆

 

 

未明から降り出した雪が勢いを増して東京都を白く染めていきます。

関東としては、21世紀になって最大と言われる雪が予報通り来ているわけです。

 

11:00に大雪警報が出たので、翌日のことを考え職場の雪かきもやりました。

 

 

「そろそろヤバイだろ」

 

 

そういう空気になり、近場のスタッフ以外は解散となりました。

 

 

電車で何とか登戸駅まで辿り着いたところで、小田急線も南武線も止まってしまい、ギリギリセーフでした。

向ヶ丘遊園が最寄駅ですが、登戸駅から歩いてもすぐなので歩いて帰宅します。

 

立ち寄ったスーパーにはお客さんが全然いないため、刺身が半額セールに!!!

これは買いだ!!

お得に刺身を購入し、家へと急ぎます。

 

 

Dsc_2314

積もってるなあ。

人通りの少ない道を歩くので、雪はそのままの状態です。

ぼやっとしてたら、足を踏み外してしまいました。

すでに20センチ以上積もってるので冷たい目に遭いました~。むー。

せっかくなので、ちょっと吹雪いてきましたが写真撮りながら岐路。

Dsc_2318_3

 

 

いい感じの雪質で積もってるので絵になりますねー。

苦労はするけど、こうなったら楽しむのがベストです!

しかし家に着くと住居の階段までが雪に埋もれてたので、使ってない固めの書類ファイルで雪かきです。

うおおおおーーー!!!雪どけーーーー!!!

  

Dsc_2324

 

 

A4の書類ファイルでベストを尽くしました!!!

やっと限界にたどり着いたら・・・・

うそーん。

Dsc_2321

雪で玄関が開かない~。

といった感じで、ちょっぴり苦労して家へと辿り着きました。

その後、神奈川が暴風雪に見舞われたのはニュースの通り。

なかなか貴重な体験となりました。

2014年2月 8日 (土)

とことこ函館散歩旅(5)五稜郭編

一泊二日の函館さんぽ旅。

長く更新してきましたが、今回で最終回です!

 

これまでの旅路

→『(1)出発~ベイエリア編』

→『(2)元町編』

→『(3)夜景編』

→『(4)湯の川温泉編』

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月21日 14:30 函館市電 五稜郭公園前駅☆

 

 

 

今回のさんぽ旅で最後に歩くのは五稜郭です。

湯の川温泉から路面電車で15分から20分ほどです。

 

路面電車の駅から、栄えた街並みを歩いて10分ちょっと、いよいよ五稜郭のエリアへと到着しました。

まずは昼食です。

ここでツアーの特典を使います。

 

 

特典③ 函館麺厨房あじさい本店 塩ラーメン&餃子&ドリンク セット券

 

 

とはいえ・・・

もう朝から食べまくりなので、塩ラーメンとドリンクだけにしました。

お店のご好意でトッピングを増やしていただけました。

ありがとうございます!!

 

Img_0238

 

 

創業80年を越える老舗の塩ラーメン屋さんです。

職場の音響さんのオススメもあって、こちらのお店にしてみました。

 

写真だと薄く見えるかもしれませんが、あっさりスープだけどしっかりした味が口に広がって、とっても美味しかったですnote

いやあ、幸せな時間です。

 

 

このあじさいサンのすぐ近くにはこんなお店も。

 

Img_0263

 

 

函館周辺のみで展開されている函館の人なら知らない人はいないであろう、ハンバーガー店。

ラッキーピエロです。

職場からも元・生徒からもオススメされていましたが、もう食べる余裕無かったです。

函館に行ったら誰か試してみてください。そしてどんなだったか教えてください。

自分でのリベンジは当分無いでしょうから・・・

ここだけ心残りでしたdown

 

 

さて、五稜郭へと入っていきます。

日本では珍しい星型の城塞です。

幕末の箱館戦争の舞台となった場所として有名で、ヨーロッパによくある星型城塞を参考に作り上げたものなのだそうです。

ペリーの黒船来航と共に函館(当時は箱館)が開港されたりした時代、土方歳三などの隊が占拠し、新政府軍と戦ったのだそうです。

 

雪が積もっていますが入口へと向かいます。

 

Img_0239

 

 

これは歩きごたえが有りそうな雪です。

ちょっと風も吹いてきて、寒さがかなりなものです。

ふと見上げると、五稜郭タワーも見えてます。

 

 

Img_0240

 

 

おお~、なんだか不思議な形のタワーですね!

タワーも星型なのですね!

後で登ろうと思います!

さて、タワーは後にして、城塞である五稜郭へと向かいます。

 

 

ん、なんだろう。五稜郭の方向から何か来ます。

 

 

 

は!!Σ( ̄ロ ̄lll)

まさか・・・門番か!!

 

 

Img_0241

 

 

「臭う・・・臭うぞ!!きさま、怪しい男だな!ドコから来た!!」

え?えーと・・・その・・・神奈川から・・・

「カナガワじゃと?知らぬな。異国から黒船で来たのか?」

んーまあ函館と同じ日本ですね。

「ほう、日本か。それなら良い。ゆるりと見学なされよ。まあ異国の者でも見学は歓迎なのじゃがな。はっはっは」

そうですか。んじゃ、失礼いたしまーす。

 

Img_0246_2


「んーむ、しかし臭うな・・・。そなた、靴の臭いを確認じゃ」

また靴?!←こないだも東京のネコに靴の臭いを確認された

 

「どれ、くんくん」

 

Img_0242

 

 

「悪い臭いではないな。というかオヌシ、温かいのお。ちょっと暖まらせてもらおう」

え、あの、五稜郭に入りたいんですが・・・sweat02

「いやしかしオヌシ、靴の乗り心地も良いぞ。ふむ、片足乗せよう」

何故片足!

 

Img_0244

 

 

あの・・・。そろそろ行ってもいいすか

「なに。もう行くと?」

え?あ、はい。

「本当に?」

はい。

「・・・」

 

Img_0245

 

 

「ツマラン奴じゃのー」

つまんなそうな顔!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

 

『ゆうきとねこ』函館特別編 完(=‘x‘=)

 

 

 

 

 

さて、いよいよ五稜郭内部です。

Img_0250

 

 

眩しい白に染まった五稜郭。

人の歩かない場所も多く、とても綺麗な雪原となってます。

 

 

Img_0251

 

 

その真ん中には幕末にあった箱館奉公所を再現した施設があるので、そちらへと向かいます。

遠くに見えてきました。あれかなー?

 

Img_0253
 

 

うん、間違いなさそうだ。

 

Img_0256

 

 

ここですね!箱館奉行所

せっかくなので中まで入ってみようと思います。

 

 

Img_0257

 

 

お・・・なんだか凄い空間・・・

これは異空間な感じですね。

 

Img_0259

 

 

掛け軸なども展示されていました。

建物内の展示は少し難しいので、スタッフのお姉さんに解説してもらいました。

その方のオススメは太鼓櫓への階段でした。

 

 

Img_0262

 

 

登ることは出来ませんが、ここから上に行き、建物上部で太鼓を鳴らしていたということです。

 

他にもなかなか勉強になる場所でした。

 

Img_0260

 

模型。太鼓櫓というのは建物の一番上部の部分のところです。

 

 

 

さて、五稜郭散歩を終え、最後のツアー特典を使う時です。

 

 

特典④ 五稜郭タワー展望台入場券(ソフトクリーム付き)

 

 

お土産を購入しまくって、エレベーターでタワーを一気に登ります。

 

 

Img_0265

 

 

おおーっ!!高ーーいhappy01

函館が一望だ~!!

昨日の函館山まで見えます~!

 

そして振り返れば五稜郭も見えます!!

 

 

Img_0264

 

 

うわあ~、雪の五稜郭です~coldsweats02

見事な星型です!

なんだろう、どう表現すればいいのか。

美しいって感じでしょうか。これは見応えあります。

 

そしてここでは特典の夕張メロンソフトクリームです。(笑)今日、ソフトは2本目。

 

Img_0269

 

 

食べながらゆったりと時間を過ごしました。

函館滞在わずかに二日間。

でも色んな景色を見て、美味しいものを食べ、暖かい人々と会話しました。

今回も、忘れる事の出来ない、思い出に残る旅をすることが出来ました。

35歳でひとり旅というのはいかがなものか・・・とも思う事もありますが、とても良い経験になりました。

 

 

旅の締めくくりは、日が落ちた後の五稜郭です。

函館山の夜景に匹敵する綺麗さです。

是非、皆さんも一度見てみてくださいshine

 

 

Img_0272

 

 

 

 

 

 

 

☆17:45 五稜郭出発☆

帰りの飛行機は19:30の最終便。まずは市電で函館駅へ。

Img_0277

 

 

そしてここからシャトルバスに乗り込み、函館空港へ。

空港到着が18:40くらいです。

搭乗手続き~。

 

 

「こちらの搭乗券の番号はありませんね・・・」

「はい?!」

ちょっと待てーーい!!wobbly

 

どうやらツアー会社の方で何か違う番号のものを送付したらしく、新しい番号を電話にて問い合わせ!!

刻一刻と迫る、搭乗時間dash

そして19:15ころ。

手続き完了~。慌てて乗り込みますsweat01

 

なんだよもう!!

旅全体がまったりしてたのに最後の最後で慌てたぞsweat02

 

 

 

 

と、いうわけで、長々とお送りしてきた函館散歩の旅もこれにて終了~。

ひじょーに楽しい旅でしたhappy01

ありがとう、函館!!

 

 

函館散歩の旅 完

 

 

また、いつの日か。

 

Img_0140

 

 

参考ガイド 

函館市・公式観光情報HP「はこぶら」

るるぶ「函館・大沼」
 

 

 

立ち寄った場所リンク

函館麺厨房あじさい本店

ラッキーピエロ

五稜郭公園

五稜郭タワー

2014年2月 4日 (火)

とことこ函館散歩旅(4)湯の川温泉編

一泊二日の函館さんぽ旅。

初日で予想以上に歩きまわれたので、函館入りするまでは「行く暇ないな」と考えていた、湯の川温泉にまで足を伸ばす事にしました。

 

これまでの旅路

→『(1)出発~ベイエリア編』

→『(2)元町編』

→『(3)夜景編』

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月21日 09:00 函館国際ホテル☆

 

 

函館さんぽ旅はやっと二日目の朝です。

朝、テレビをつけると流れてるテレビは普段は目にすることのないHTBでした。

おおー、これが大好きな水曜どうでしょうの本家、HTBかー。

イチオシという番組内で、こんなアンケートをやってました。

 

 

 

「アナタが寒くて我慢できなくなる気温は?」

 

 

ブログ読んでる皆さんは何度ですか??コメント入れてもらえると楽しいかな。

僕はね・・・んーと。3℃くらいが限界かなー。

 

 

で、HTBのアンケート結果。

 

 

 

「マイナス10℃とかマイナス20℃という人が多い様ですねー」

 

 

はあ?!Σ( ̄ロ ̄lll)

ま、ま、マイナス20℃だあ?!

 

 

 

冷凍庫より寒いじゃねーか!!coldsweats02

 

「ゼロ度が限界ってアンケート結果も全体の3%ほどいますねー」

「ゼロ度で寒さの限界って・・・どうやって冬を越える気なんでしょうかねーsweat02

 

 

いやいやいや!レベル高すぎだってば!!sweat01

 

 

 

 

・・・気を取り直してホテルの朝食へと向かいます。

函館国際ホテルの一階レストランにて、ビュッフェです。

とても丁寧な店員さんが案内してくれました。

 

さて、朝食はですね、昨日の食べすぎのせいでまだお腹がそんなに空いてなくて・・・

 

 

Img_0215

 

 

鮭のお味噌汁、鮭、いくら、たらこ、塩辛、コーン、卵、ベーコン。

全てが北海道産ですshine

 

 

ちょっと少なめにしといて、いよいよ二日目の散歩へと向かいます。

うーん気持ちの良い、キンとした冷えた空気~。

マイナス四度でございます!

 

 

 

Img_0216


 

まずはホテルから徒歩数分。

函館駅前の朝市へと再びやってきました。

 

なにをするかっていうと・・・

 

 

 

第二回・朝食ですcoldsweats01

 

 

やってきたのは朝市の中にある、いくら亭さん。

その名の通りズバリ、いくら丼をいただきますdelicious

 

 

Img_0217




いやもうマジで最高でしたsign03

なんだろう、いつも食べるいくらとは別世界!!!

口の中で味がふわあっと広がっていくんですよぉ~。

お腹に余裕があれば、おっきな丼で食べたいところですが、小さないくら丼800円です。

 

 

 

 

大満足で歩いて三分、函館駅前へ。

ここで次のツアー特典を使います。

 

 

特典② 市電一日パス

 

 

これを使って路面電車に乗り込んで移動です。

さあ出発~。

 

 

個人的には8年ぶりの路面電車に乗り(前回乗ったのは鹿児島にて)20分か30分でしょうか。

二日目最初の散歩地、湯の川温泉エリアへと到着です。

 

 

Img_0219

 

 

路面電車の終点となる「湯の川」

少し気温は上がってプラス1℃。これで暖かく感じてくるから不思議。

 

長閑な街並みを、まさにトコトコと歩きます。

しばらく歩いたところでコーヒーショップを発見。

こちらで買い求めたのはなんと・・・・

 

 

 

Img_0222

 

 

真冬の街並みで食べるモカソフトです!!snow

ここ、コーヒールームきくちサンのソフトクリームは大変美味しいと評判だそうで、食べてみました~。

少しシャリっとする食感のモカソフト、まるで新雪みたいな感じhappy01

 

10年以上前、水曜どうでしょう内の「対決列島」というシリーズで、このソフトの早食い合戦が行われたため、それ以来、有名だったお店がさらに有名になったとのこと。

 

 

さて、このまま津軽海峡を見に行こうと思います。

 

 

Img_0225 

 

 

うわあ、砂浜が雪原になっとる~。

不思議でちょっぴり不気味な空。

この向こうに青森県があるはずなのですがわかりません。

(夜になったら対岸の明かりが見えるとのこと)

 

Img_0224

 

 

前日の函館山も遥か遠くです。

路面電車でけっこう移動したことがわかります。

 

 

さて、ソフト効果もあってか寒くなってきました。

先へと進みます。

雪が積もってるので足元を注意しながら歩きます。

よく見ると、マンホールが変わった形です。

 

 

Img_0227

 

 

五稜郭の星型みたいです。

絵柄は函館区公会堂です。うーむ、凝ってる。

 

 

Img_0228

 

 

こちらはイカたちですね。

なかなかかわいいデザインですねえ。

 

 

しばらく行くと湯川黒松林というところに着きました。

なんじゃここは。

 

 

Img_0232

 

 

純白の雪から伸びる黒い松。

ふーむ、何だか渋くて良いですねえ。

昨日とは全然違って地味な展開ですが、こういう味のある土地も好きだよ~note

 

こんな渋いところには少し変わったモノとかあるものですしね。

 

 

Img_0231

 

 

ほら、雪だるまに雪が積もってる(笑)

帽子かぶってるみたいでかわいいsnow

 

 

さて、寒くて顔が痛くなってきたので、温泉へと入りましょう。

なんとなく目に入ったのは超立派な温泉宿・湯元啄木亭です。

 

Img_0236

 

 

13時から立ち寄り湯が可能ということで、現在12:45なのでまったりと待ちます。

時間になって案内されたのは11階にある露天風呂でしたspa

 

Img_0235

 

 

お風呂の横の脱衣所から撮影。

良い眺めの露天風呂でした~。

なにしろ開けたばかりなので、広~いお風呂にお客さんは僕ともう一人だけ!!

贅沢~!!note

 

 

その、もう一人のお客さんの、同い年くらいの男性。

この9時間後くらいにもう一度遭遇しました。

 

東京都の京急線の中でcoldsweats02

 

あちらもビックリしたみたいで何度もチラ見してました。

いやぁ、すごい驚きました。

なにしろ川崎駅まで同じ車両にいましたから(笑)

 

 

Img_0234


 

 さて、ポッカポカに温まったところで、湯の川を後にしようと思います。

え?前回までより、だいぶ渋い?

緩急に富んでて、良い旅でしょ?

 

 

またも路面電車に乗ってね、行こうと思うんですよ。

ホテルや函館駅に戻る方向へですけどね。

 

この旅、最後に歩く場所へと移動ですtrain

 

Img_0229

 

 

 

函館散歩も次がいよいよラスト散歩地!

感動の?!最終回です。(いや、感動しないけど個人的にはすごく感傷的になった)

 

 

 

で、何度くらいが寒さの限界ですか??

 

 

→ラストは五稜郭編!!

 

 

立ち寄った場所リンク

函館国際ホテル

いくら亭

コーヒールームきくち

湯川黒松林

湯元啄木亭

2014年2月 1日 (土)

とことこ函館散歩旅(3)夜景編

一泊二日の函館さんぽ旅。

初日は函館駅を出発し、朝市→金森赤レンガ倉庫→元町と巡り、いよいよロープウェイで函館山へと登ります。

前回までと違う雰囲気の景色に変化です。

 

 

→『(1)出発~ベイエリア編』

→『(2)元町編』

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2014年1月20日 16:30 函館山ロープウェイ 山麓駅☆

 

 

日が沈み出すといっそう寒く感じ始める真冬の函館。

それでもロープウェイ駅には観光客が集まってきています。

 

今回はツアーパックで来ています。

いくつか特典が付いていて、まずは一つ目。

 

特典①函館山ロープウェイ往復券

 

 

ということで、乗り込みます。

 

Photo 

 

うおおー、一気に標高が上がっていく~sign03

一気にスケール大きな景色に変化だー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

今日これまでに歩いた全てのコースが見渡せそうです!!

 

ロープウェイはあっという間に山頂駅に到着です。

 

 

Photo_2

 

 

うわああ!!こ、こ、これは凄い景色だ~!!(゚0゚)

 

これは本当にすっごい風景ですcoldsweats02

写真中央が函館駅やベイエリア。

左下が元町。右上のちょっとだけ白くなってるエリアが函館空港です。

 

 

いやあコレは来た甲斐があったなあ。

有名な景色を見てテンションが上がっちゃいました。

 

 

・・・ちなみに。

この景色は有名ですが・・・

じゃあ横を見るとどうなってるのか??

 

 

という疑問が前から少しあったので、今回はそちらの景色も掲載!

 

 

Photo_3

 

 

少し左に振ってみました。

湾なんですね~函館は。

 

 

さて、せっかくなので、山頂のレストランで一人で景色見ながらちょっとお酒にします。

頼んだのはこちら。

 

 

Photo_4

 

 

流氷ドラフトというものを発注~beer

おや!ビールかと思ってたら青いのが出てきました!

苦味があって美味しいので、つまみも発注~ヽ(´▽`)/

 

 

Photo_5 

 

 

ホタテ貝の上に乗せた、焼き塩辛!!これは初です!!

これは、うんまいねnote

おかわりしたくなっちゃったんですが違うものを発注~!!

 

 

Photo_6 

 

じゃがバタ!!

北海道のじゃがバタと言えば、塩辛を乗っけるということで有名!!

また塩辛?!という意見は聞きません(笑)

だって美味しいんだもん~happy02

 

 

ちょっとホロ酔いになったところで、いよいよ100万ドルの夜景を見るとします。

さてと、さっきの景色がどう変化したかな??

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7

 

 

おお~!!(ノ゚ο゚)ノ 色合いが良い!!

 

スケールでかい!!

そして函館の夜景が他と違うのは、電灯の色が無機質じゃないんですね!!

いやあ、これは有名になるだけありますshine

ロープウェイがその夜景の中に向かっていくのが良かったです。(画面右下)

 

 

Photo_8

 

 

昭和感と平成感の両方があるイルミネーションが山頂にありました。

と、いうわけで函館夜景編でした~sign01

 

 

 

いやいや!!

今度はその100万ドルの夜景の中に入っていこうと思います。

昼間歩いた、元町とベイエリアを通って宿泊先へと行きます。

 

 

Photo_9 

 

ロープウェイを降りると、そこは二間坂という坂。

ここら辺は冬のライトアップがされている様です。

 

昼間に歩いた教会や洋館を通っていきます。

 

 

Photo_10

 

まずは函館聖ヨハネ教会

静かに静かに照らされている印象です。

ちょっと暗いのがまた良い感じです。

 

 

Photo_11 

 

 

真冬の雪の元町は、人も少なく物音がしないので神秘的です。

 

 

続いては、昼間と同じ様なアングルでカトリック元町教会です。

 

Photo_12

 

 

うおお・・・ココもまた神秘的な雰囲気が溢れ出ています。

夜の教会って独特のオーラなんですね。

昼間とはまた全然違って、見とれてしまいました。

 

 

Img_0183 

 

 

昼間と同じ様な場所をあえて撮ってみました。

 

 

元町は少しの観光客だけが歩いている静かな状態となっていました。

旅の夜・・・っていう感じがします。

 

 

Photo_13 

 

 

囲炉裏カフェの菊泉の前を通り過ぎ、今度は函館区公会堂へとやってきました。

いや~、しかしまた・・・寒くなってきたよ?!penguin

 

 

Photo_14 

 

いいね~。もっと近づいていきましょう。

サクサクッと雪音を立てて歩きます。

 

Photo_15 

 

 

漆黒の闇に浮かぶ洋館。

ふーむ、こんなのが町中にあるっていうのが不思議な土地だなあ。

 

 

さて、坂を下ってベイエリアで夕ご飯にしようと思います。え?食べ過ぎですかね・・・sweat02

 

降りる坂はやっぱり八幡坂です。

ここしかないでしょ!!

 

 

Photo_16

 

 

おお~、やはり良い坂だねえshine

良い坂だねって初めて言ったけど、良い坂だ。

向こうに見える船がまた良い。

 

 

坂を降りるとベイエリアです。

ここもライトアップされていました。

 

Photo_17

 

 

これまだ初日なんだよね。見所多すぎでしょ。

 

Photo_18 

 

 

函館湾に浮かぶクルーズ船。

なんとなく聞こえる波音。

 

 

Photo_19

 

 

運河みたいなとこ越えて、ついに夕飯です。

色々食べてますが甘味やおつまみ。

やっとキチンと夕飯です。

 

 

Photo_20

 

 

いかいか亭というお店にて水産会社の直営店です。

見た通り、ぶっかけイカ刺し定食です。

 

 

うおおお、これは絶品ですhappy02

これだよこれ、函館といえばイカだよね~。

ゴハンもおかわりでした!!ごちそうさま~!

 

 

さて、ついに宿泊先まで歩ききりました。

今回泊まるのは函館国際ホテルです。

 

Photo_21


 

 

とても良いホテルで、さらに勝手に部屋までツインルームにランクアップです。

 

ホテル到着は19:45

こうして長い長い函館散歩の初日が終わりました~。

 

だいぶ長くなってきましたが、二日目も2回更新予定ですcoldsweats01

(全5回を予定)

 

Photo_22

北海道限定「いろはすハスカップ」「ジョージアSANTOS」

両方とも美味いよ!

 

 

→次回は湯の川温泉編

 

 

立ち寄った場所リンク

函館山

いかいか亭

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »