↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« はじめての瀬戸内(13) 松山城と抹茶の銘菓 | トップページ | はじめての瀬戸内(最終回) カラクリ時計と51番石手寺 ~旅の終わり~ »

2015年7月 5日 (日)

はじめての瀬戸内(14) みかんランチと道後温泉

はじめての瀬戸内 ~しまなみ海道縦断☆四国初上陸の旅~

 
 
 
第14回です。
 
 
→「はじめての瀬戸内」目次
 
 
 
 
旅は最終日。
 
ツイッターで知り合ったノリさん(仮名)と、松山市内を巡ってます。
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年5月14日 13:00  愛媛県松山市 ロープウェイ街☆
 
 
 
 
 
松山城を見学し、ロープウェイにて下山しました。
 
 
 
降りたところは、観光地っぽいロープウェイ街という場所。
 
 
ここらを歩けば何かお昼ご飯出来るお店もありそうなので探してみることになりました。
 
 
 
 
松山といえば何でしょうか??
 
 
 
実は今回の旅、最初の3日間が自転車だったので、リュックサック一つと腰に付ける小さなカバンのみという軽装coldsweats01
 
 
そこに着替えやら、しまなみガイドやら、雨対策のレインコートなども入れてきたため、四国上陸後のガイドなどは入れることが出来ませんでした。
 
 
前日、今治でガイドブック買ったものの、疲労のあまり読む事もなく就寝(笑)
 
 
 
松山の名産とかよく知らないままに旅することになってしまっているのです・・・
 
 
なので全部ノリさん任せという信じられない他力本願bearing
 
 
 
 
元々あった知識では、愛媛といえば柑橘というイメージ。
 
 
 
そういうイメージもあって、昼食をいただくことにしたのはこちらのお店。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0984
 
 
 
愛媛のご当地グルメランチがいただけるお店です~happy02
 
 
 
 
今治焼き豚たまご飯です!!
 
 
これがまた卵と焼き豚がゴハンに絡んで美味しいのなんの!!!delicious
 
 
それもこの卵、みかん卵を使っているんですってよ!!
 
 
 
 
・・・?
 
 
 
みかん卵??
 
 
初めて聞いた・・・・
 
 
 
もちろんノリさんは知っているみたいです。愛媛では有名なのですね!
 
 
 
みかん卵というのは、愛媛の美味しいみかんの果や皮を食べさせながら育てた鶏が産んだ卵のことを言うのだそうです。
 
 
濃厚な味と、鮮やかな黄色が特徴で、ビタミンEが普通の卵の7倍ほども含まれているとのデータもある大人気卵なのだそうです!!
 
 
 
 
 
 
卵・・・確かに本気で旨かったですshine
 
 
 
 
そして、ノリさんのは、みかんチキンプレート!
 
 
 
 
 
Img_0985
 
 
 
 
ひゃー!!これももた旨そうなのであります!!!
 
 
これは何度も何度も来たくなっちゃうなあ(笑)
 
 
愛媛グルメの魅力が止まらんわーーーー!!!!!
 
 
 
みかんベースの甘酢タレを使ったチキンに、みかん卵のタルタルソースをかけてあるらしい・・・!!
 
 
やべえ・・・見てたらお腹空いてきた・・・sweat02
 
 
 
 
 
いやもう、関東では見たことのないメニューばかりですよ本当。
 
 
旅っていいなnote
 
 
 
 
 
 
さて、一度、駐車場へと戻ります。
 
 
 
Img_0986
 
 
 
 
松山にはアーケード付きの広ーい商店街があります。
 
 
L地型に続くこの商店街、名前を大街道というのだそうです。
 
 
すごいスケールのネーミングですね!!
 
 
今年は大山街道といい、しまなみ海道といい「かいどう」に縁がありますなー。
 
 
きっと松山で知らない人はいない場所なのだと思います。
 
 
 
 
さて、ノリさんの運転で、道後温泉街の方へ移動しましたcardash
 
 
 
 
ところで・・・・
 
 
 
そもそも僕とノリさんがツイッターで繋がったキッカケとは・・・・
 
 
 
時期はよく覚えてませんが、とことこ神奈川の第6街・鎌倉編ではすでにやりとりしていた記憶があります。
 
 
となると3年も前の話になります。
 
 
 
一番最初のキッカケこそ曖昧な記憶ですが、共通の好きなものがあります。
 
 
それは北海道ローカルテレビ番組「水曜どうでしょう」
 
 
元々、とことこ神奈川は水曜どうでしょうの「ヨーロッパ21ヶ国完全制覇」を見て思いついた企画だったので、もしかしたらそのあたりのツイートで繋がったのかもしれません。
 
 
 
ということで、この日の会話にもチョコチョコと水曜どうでしょうの話や、大泉さん鈴井さんなどの話も登場しています。
 
 
 
なにせ番組最初の企画「サイコロの旅」で一番最初に大泉さん鈴井さんがやってくるのが、道後温泉なのですから。
 
 
 
 
さあ、その道後温泉に着きました。
 
 
 
 
 
 
Img_0987
 
 
 
 
道後温泉の本館を崖の上の駐車場から眺めますspa 
 
 
なんと立派な建物なのでしょうか。
 
 
 
これはもしや、あの!有名な建物なのでは?!
 
 
ワクワクしながら正面に回ると、誰しもが一度は写真を見た事はあるであろう、あの景色!!
 
 
 
 
Img_0988
 
 
 
 
ここが道後温泉かあ!!
 
 
 
愛媛の観光ガイドどころか、四国全体の観光ガイドでも、この建物は必ず出てきます!
 
四国初上陸の僕でもこの角度のこの建物は知ってます!
 
 
思ってたより派手なのは、この時期、蜷川実花さんとコラボしてアートなのれんがかかっているからですね!
 
 
いやあ何だか歴史的な建物が見れて満足です。
 
 
 
ここ道後温泉では温泉には入りませんが、町並みをうろうろしようと思います。
 
 
 
Img_0996
 
 
 
と思ったら、何かの合図をキッカケとして、商店街の人たちが一斉に水撒きを始めました!!
 
 
な、な、なんじゃ~!!??Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 
 
道後温泉のローカルルールなのでしょう。
 
個人店も有名チェーン店も全て一斉に水撒き、そしてデッキブラシでの掃除が始まりました。
 
14:45だったかなあ・・・確かそのくらいの時間です。
 
 
きっと毎日そうするのでしょうね。
 
 
突然始まったからビックリでした・・・(笑)
 
 
 
Img_0997
 
 
 
商店街を抜けたところにはレトロな駅舎の道後温泉駅。
 
 
ここに来る電車はこんな感じ。
 
 
 
Img_1002
 
 
 
ぼっちゃん列車です。
 
 
あ~、これが噂に聞くぼっちゃん列車でしたか!
 
 
何だかかわいいサイズですね☆
 
 
いやあ、このレトロ感がまた良いのですよ。
 
 
 
 
 
さて、もうしばらくすると、駅近くのカラクリ時計が動き出す様です。
 
 
でもまだ時間があるので、足湯に浸かったり、こんなものを食べたりしてみますsmile
 
 
 
 
Img_0995
 
 
 
ノリさんが持ってくれました。写真撮ります!
 
 
愛媛には色んな種類のみかんがあるのだそうです。
 
そのゼリーになります。
 
 
はれひめ、だなんて縁起良い名前ですよねえsun
 
 
 
これがまたサイコーに美味しい!!
 
みかんはみかんだけど、程よい酸味と、後ひかない甘さ!!
 
 
何だよ愛媛、美味しい柑橘グルメばかりじゃん~!!
 
 
 
という風にしていると、カラクリ時計の時間となりました。
 
 
 
 
動き出すカラクリ時計はこちらです。
 
Img_1005
 
 
 
ふーむ、このカラクリ時計がどういった動きを???
 
 
 
 
その模様は、次回お送りします。
 
 
 
 
そして次回は、とうとう・・・・・・・
 
 
 
長編連載《はじめての瀬戸内》 最終回です!
 
 
 
 
 
 

« はじめての瀬戸内(13) 松山城と抹茶の銘菓 | トップページ | はじめての瀬戸内(最終回) カラクリ時計と51番石手寺 ~旅の終わり~ »

旅(宿泊の旅)」カテゴリの記事

コメント

☆Kenzoさん!


確かに道後は夜も訪れてみたいです~。雰囲気良さそうです!
みかんのアレンジグルメってそんなにあるんですかっ!!
さすがは愛媛ですねえ。

今治焼き豚・・・確かに何が何だかわからないですね!!(笑)

今治焼き豚たまご飯、パッと見なんだかわかりませんでした(笑)
でもこれ美味しそう!!!
みかん鯛、みかんブリは聞いたことあるんですが、みかん卵もあるのですね!
道後温泉、レトロでいいですねぇ
千と千尋を彷彿とさせます
こういう場所は夕方~夜も素敵でしょうねきっと

☆くらげさん!


さすがくらげさん、道後にも行ったことありましたか!
このブログにコメくれる多くの人が因島や松山に行ったことあるので驚きです。

演劇部で四国までなんて凄いですね!そんな思い出に残る学生生活を送ってみたかったです!

ブルートレインでとは、これまたビックリ!でも楽しそうです!!

道後は、劇団時代には行っていないのですが、高校1年の夏休みにその年は高校演劇の全国大会が松山で開催だったので、演劇部で行ったことがあります。

熱海から今はなきブルートレインで。朝起きて、すぐ下に渦潮を見ました。
宿泊場所は、道後温泉。でも、町中を観光した記憶がぜんぜん残っていません。

☆よしよしさん!


道後温泉はきっとよしよしさんなら、たくさん写真に収めるに違いないですよぉ!
とても魅力ある建物ですもの。

キンシオは神奈川と埼玉の人しか知らない番組なのですが、地方に行けばまた同じように人気な人がいるのかもしれませんね!

水曜どうでしょうは完全に旅好きが見るイメージがあります。それかドライブ好きとか(笑)

こんばんは。
みかん卵、どんな味なのか凄く気になります。
そして道後温泉。
あぁ~写真におさめたい気持ちが増幅します。

ノリさんも、どうでしょう仲間なんですね。
そうやって考えると旅好きのヒトって「水曜どうでしょう」とか「キンシオ」を観てる方が多いのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445467/60630950

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての瀬戸内(14) みかんランチと道後温泉:

« はじめての瀬戸内(13) 松山城と抹茶の銘菓 | トップページ | はじめての瀬戸内(最終回) カラクリ時計と51番石手寺 ~旅の終わり~ »