↓新ブログはこちら!

ブログ登録中

  • ココに登録してます
    blogram投票ボタン にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Favorite Blog & Site

散歩ライター活動!

連載!旅シリーズ

  • しまなみ海道縦断&四国初上陸!
    レンタサイクルで行く、行程100キロ越え、波乱満載しまなみ縦断記。尾道や松山の散歩旅も!(2015年5月)
  • 桜前線を追いかけて・・・松本
    桜を追った松本で白孔雀に大接近!(2015年4月)
  • 真冬の京都へ旅しに行こう
    京都の王道を時間のある限り巡り尽くす三日間。(2015年1月)
  • 夏の終わりの信州旅
    上高地・山辺・安曇野を巡る、自然満喫と食べまくりの信州旅。(2014年8月)
  • 松本散策の旅
    長野県松本市。その中心部を二日間かけて歩きまくる旅。一か月後の続編もあり。(2014年3月)
  • 函館散歩の旅
    気温マイナス9℃!極寒のキンと澄んだ空気の中、函館をひたすら歩きまくる二日間。(2014年1月)
  • 伊豆半島一周ドライブ
    愛車モコのラストラン440Kmの軌跡!海と夕日の真夏の伊豆半島を走りぬく!(2013年7月)
  • 安曇野への旅
    長野県の松本市と安曇野市を巡り、食べ歩きと蕎麦作りがメインの旅。(2013年5月)
  • 岐阜縦断ローカル電車旅
    年末の岐阜県を、高山市を目指して北上していく地味な旅。合言葉は「なまなかな!」(2012年12月)
  • 2泊3日 河口湖滞在記
    河口湖周りで過ごす洞窟探検とジャム作りの旅。( 2012年9月)
  • ゆうき史上最長ドライブ~山形縦断
    軽自動車モコで行く、走行距離1000キロ以上の旅。サービスエリア巡りと山形縦断の三日間。(2012年6月)
  • 琵琶湖一周の旅
    三日間かけて琵琶湖を電車で一周するという旅。疲労やハプニングなどもあり、おそらく「最も僕らしい展開の旅」現地の観光協会様などからリンクされました。(2012年3月)
  • 白川郷への旅
    真冬の白川郷へと向かう富山&岐阜の旅。お出かけブログへと変貌するキッカケとなった二日間。(2011年12月)
  • ぐるり富士五湖巡りの旅
    二日間で富士五湖をドライブする、のんびり旅。(2011年7月)
  • 二泊三日北海道の旅
    レンタカーで富良野~美瑛~旭川~札幌~小樽を巡り、ひたすら美味しいものを食べる旅。(2010年10月)
  • 高尾→陣馬 縦走ハイキング
    高尾山から陣馬山へ、猿の軍団に囲まれ、時間に追われながらもひたすらゴール目指して歩くハイキング。(2009年6月)
  • もぐもぐ関越道~伊香保温泉の旅
    サービスエリア巡りと群馬の温泉旅。(2009年5月)
  • 香港トラベル
    香港中心街の三日間。スターライトアベニューや100万ドルの夜景。このブログ唯一の海外編。(2008年12月)

最近のコレ好き!

  • クックパッド冬レシピ
  • いきものがかりNEWアルバム
  • 信濃にごりワイン「豪雪」
  • 大泉洋・原田知世 主演「しあわせのパン」

相互リンク集

神奈川を歩こう

  • ホントに歩く大山街道
  • 詳細地図で歩きたい 鎌倉
  • 詳細地図で歩きたい 横浜
  • ことりっぷ 横浜
  • ことりっぷ 箱根
  • ことりっぷ 横須賀
  • ことりっぷ 鎌倉
  • タビッテ 鎌倉
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

グルメと鑑賞の静岡旅(4) 日本平~久能山東照宮

1泊2日の静岡旅。
 
 

(1)鷹匠~駿府城公園

 
 
 
 
 
 
 
2日の午後は静岡市街を離れ、日本平という場所へ路線バス移動ですbus
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
 
☆2015年9月5日 12:30 静岡県 日本平☆
 
 
 
   Img_1466
 
 
 
大きな電波塔の様なものがある日本平までやってきました。
 
ここまで静岡駅から路線バスで45分くらいあった気がします。
 
思ってたよりもかなり遠いです。
 
 
ここはかなりの山の上、遠くに市街地が見えます。
 
 
 
Img_1473
 
 
 
 
だいぶ離れましたね~。夜景とか綺麗そうですね。
 
でもちょっとジメジメしているので、景色が白っぽくなっちゃってます。
 
 
ならばということで、さっきの電波塔でちょっと写し方やらカメラ機能の実験。
 
 
 
Img_1472
 
 
 
ドドンと斜め撮り&白熱灯モードでシルエット!!
 
 
 
   Img_1468
 
 
 
ビシッとラフモノクロ機能!!
 
 
 
 
「わざわざ晴れの日をモノクロにするなんてご苦労なこったね~」
 
 
ん!!なんだと!?
 
 
「せっかく晴れてんだから寝よ寝よ」
 
 
 
Img_1461
 
 
 
昼間からやる気の無い猫だなあ。
 
ビミョーに日蔭を選んでるし・・・
 
 
「そいつはね、日蔭と日なたの中間が好きなのよ」
 
 
は!! だ、誰だ!!
 
 
「完全に日蔭好きな、ねこ昼寝隊長といいます。ぐう」
 
 
 
 
 
Img_1462
 
 
 
 
 
ホントだ!!ギリギリのところで日蔭に入り切っている!!Σ( ̄ロ ̄lll)
 
さ、さすが隊長!!!
 
 
 
「でも隊長だから時々、遠くからの敵襲を警戒・監視したりもするぞ。」
 
 
て、敵襲?
 
 
「ふむ。どれ、今日も西の空を監視しよう。こちらが見つからない様にこっそりとな」
 
 
 
 
 
Img_1463
 
 
 
 
「これなら西の空からの敵にはバレまい!!」
 
 
ねえ、本当は寝てない??
 
 
 
 
ゆうきとねこ 静岡特別篇 完(=^・^=)
 
 
 
 
 
さて、ここでちょっと静岡グルメを味わいましょうかね。
 
 
 
 
Img_1474
 
 
 
 
さくらエビの餅串。
 
 
もちもちーーーーっとしたさくらエビ味のお餅が刺さってました。
 
これに七味をかけて食べるdelicious
 
 
 
お店の人が静岡グルメを色々と教えてくれて、とても楽しい時間を過ごせました。
 
 
 
 
 
 
ここ日本平からはロープウェイで次の山へと移動します。
 
 
 
Img_1478
 
 
 
 
うお~!!sweat01
 
 
 
高い高いたかーーい!!!!sweat01
 
 
 
 
Img_1479
 
 
 
 
向こうに駿河湾が見えてきました。
 
 
どうやら海沿いにそびえる山へと移動する様子です。
 
 
 
  Img_1482
 
 
 
 
辿り着いたのは久能山東照宮。
 
 
かの徳川家康公が、この地に眠る事を決め作らせたという場所です。
 
 
日光東照宮は知っていますが、ここは初耳な場所でした。
 
 
 
Img_1484
 
 
 
 
さすがは家康公が眠るという場所です。
 
日光と同じく豪華な建築に溢れています。
 
 
 
Img_1489
 
 
 
 
細かな部分にまで拘りを感じる造り。
 
 
これは権蔵造りという手法なのだそうで、江戸時代初期の建築技術を結集させたものなのだそうです。
 
 
この造りは、やはり日光東照宮と同じものなのだそうです。
 
 
 
Img_1490
 
 
 
さて、ここで静岡第2クエスチョンbook(すっかり忘れてた)
 
 
徳川家康公はここ久能山東照宮を作るのを決めていましたが、それは自分が亡くなった時の話。
 
つまり、家康公が生きている間に作られる事は無かったということになります。
 
 
では、家康公が亡くなった後、実際に久能山東照宮を作らせたのは一体誰でしょう??
 
 
 
 
これは5択としましょう。
 
 
 
 
①千利休
 
②水野忠邦
 
③ペリー
 
④徳川秀忠
 
⑤錦織圭
 
 
 
 
 
Img_1491
 
 
 
さあ、お考えください。
 
 
 
Img_1492
 
 
 
さて、それでは正解は・・・・
 
 
 
Img_1498
 
 
 
 
④ 二代将軍である徳川秀忠公でした。
 
 
 
 
Img_1495
 
 
 
家康公が埋葬された場所には写真の様な石塔が建てられています。
 
 
遺言により、西の方角を向いているのだそうです。
 
 
 
 
 
Img_1497
 
 
 
 
というわけで、久能山東照宮でした。
 
 
 
最後に何故だか変なガンダムを見つけました。
 
 
 
Img_1486
 
 
 
 
次回、平和だったこの旅に・・・計画の甘さによるハプニングと出費が訪れますcrying
 
 
 
 
 
 
 
→(最終回) 三保の松原と清水港
 
 
 

2015年9月28日 (月)

グルメと鑑賞の静岡旅(3) 茶町~浅間神社

 
 
1泊2日の静岡旅。
 

(1)鷹匠~駿府城公園

 
(2)劇団四季「美女と野獣」
 
 
 
行程は2日目。午前中は静岡市内を歩きます。
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
☆2015年9月5日 10:00 静岡市 茶町☆
 
 
 
 
Img_1446
 
 
 
 
静岡駅前エリアから、とことこ歩いてきたのは茶町という一角。
 
 
江戸時代、茶商が集められたという町であり、今でもお茶関係の企業が集合している場所なのだそうです。
その中に、今回行こうと思っていた一軒のお店があります。
 
 
それが写真の茶町KINZABUROさんです。
 
 
 
Img_1442
 
 
 
 
和室でゆったりと過ごせるイートインのスペースが容易されているお茶屋さんですjapanesetea
 
 
こちらはテレビ東京「テレビチャンピオン/お茶通王」で優勝した前田さんという方が店主を務めているのだそう。
 
 
置かれている美味しい冷茶をいただきながら味わうのは、何とも素敵なワッフル。
 
 
 
Img_1443
 
 
 
「茶っふる」といいますdelicious
 
 
生クリームに厳選されたお茶を入れたというワッフルです。
 
左は竜王のお茶。右はほうじ茶です。
 
 
こ、これは甘味と苦味が何ともマッチした絶妙デザートですshine
 
いやこれはもう静岡市に来たら外せないですよ!!
 
 
 
Img_1445
 
 
 
 
そして、どれを飲んでも良いという冷茶が身体に染み入りました。
 
落ち着く空間のKINZABUROさんでした。
 
 
 
 
さて、茶町グルメの後は、歴史建築物の鑑賞へと向かいます。
 
再び歩いて訪れたのは静岡浅間神社という場所です。
 
 
 
Img_1447
 
 
 
あさま神社ではありません。せんげん神社です。
 
 
いくつかの神社が集中しており、それらを総称して静岡浅間神社と呼ぶのだそうです。
 
 
 
Img_1449
 
 
 
なんとも豪華な建築の神社をいくつも見る事が出来ます。
 
これは贅沢な場所ですね~。
 
 
 
Img_1451
 
 
 
それぞれの神社は、凝った装飾となっていて、全ての社殿が完成するのには60年もの月日がかかったのだといいます。
 
 
 
さて、ここで久しぶりに「うげー」と呟きたくなるほどの過酷そうな景色が出てきました。
 
 
 
 
 
   Img_1452
 
 
 
うげー・・・sweat02
 
 
 
正直、一度引き返しました。
 
 
しかしせっかく来たのだからと登る事にします。
 
 
 
ぜえ・・・ぜえ・・・  はあ・・・はあ・・・   く・・・苦しい・・・・dash
 
 
 
 
 Img_1456
 
 
 
階段の上でも参拝をし、すぐに下りました。
 
 
 
いやあ暑くなってきましたsun
 
 
もう9月だというのに、さすがは温暖な静岡県です。
 
 
 
Img_1457
 
 
 
続いて見えてきたのは、これまでを凌ぐ大きさの大拝殿。
 
 
最初、ルートの都合上、横から見たのですが、それだけでも立派さが伝わってきました。
 
 
 
しかし正面に回り、全貌がわかるとさらにその迫力がわかります。
 
 
 
Img_1459_2
 
 
 
 
浅間造りと呼ばれる建築物の代表とも言える建物なのだそうです。
 
 
これは迫力が桁違いです!
 
 
静岡市にこんな場所があるだなんて、あんまり知られてない様な気がしますが、静岡市でオススメを聞かれたら、KINZABUROと浅間神社を勧めたいと思います。
 
 
 
 
 
 
さて、静岡市内の散策はここまで。
 
 
 
午後からは路線バスで市内を離れ、日本平・久能山東照宮へと向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
→次回 (4)日本平~久能山東照宮
 
 

2015年9月24日 (木)

グルメと鑑賞の静岡旅(2) 劇団四季「美女と野獣」

 
1泊2日の静岡旅。
 
静岡市でランチタイムと公園散策をした後は、旅のメインであります劇団四季の公演へと向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
 
☆2015年9月4日 13:00 静岡市 静岡市民文化会館☆
 
 
 
 
 
Img_1433
 
 
 
 
やってまいりました!!
 
 
劇団四季公演「美女と野獣」
 
 
 
日本におけるミュージカルで最も有名な劇団が、四季。
 
 
ミュージカルに興味ない人どころか、劇団に興味ない人ですら、その名前を知っているであろう超有名劇団であります。
 
 
劇団という名前がついてはいますが、芝居はやりません。
 
ミュージカル一筋の集団であります。
 
(芝居とミュージカルは全くの別物・・・、知らない人も結構いるのかなという推測での解説)
 
 
 
その中で、今現在、美女と野獣の公演は、1か所で超ロングランでやるのではなく、ツアーで全国を回っています。
 
それでも1か所で数か月は行われるという、通常では有り得ないスパンでの公演です。
(そもそも市民会館を数か月貸切るというのは、とんでもなく異例な事なのです) 
 
 
それだけ劇団四季の集客は凄いという事でしょう。
 
 
Img_1434
 
 
 
実は僕、劇団四季は見たことありませんsweat01
 
舞台業界で働いていながら・・・
 
いや、僕の経歴を知っている人であれば、千葉県の”あの場所”で随分と働いていたくせに・・・
 
 
というご意見が届きそうであります。
 
 
なにしろホラ、上の写真にもその名前が・・・(笑)
 
 
しかも、映画の「美女と野獣」すら観た事ないという始末sweat02
 
というわけ新鮮な気持ちで今回の公演を観る事が出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、静岡公演の会場、静岡市民文化会館へとやってきました。
 
 
いたって普通の市民文化会館を数か月貸切る。
 
ロビーまでもが長期公演仕様になっており、これは同じ劇場管理仕事をしている僕としては衝撃です。
 
 
 
Img_2322
 
 
 
 
 
今回はとある理由から、静岡まで観に来ております。
 
 
強いて言うなら、どれだけ凄い人になったのかなあという理由です。
 
 
 
 
さて、公演は2部構成で2時間50分もの超大作です。
 
 
 
初めて観る劇団四季の世界は・・・
 
 
 
ごく自然に見れました。ミュージカルなんて観るの久しぶりだから戸惑うかと思いきや。
 
そりゃそうだ。と後から色んな後輩に言われました。昔どこで照明やってたんだよって(笑)
 
 
 
それで内容は・・・
 
歌・・・ダンス・・・仕掛け・・・演出・・・照明・・・舞台道具・・・幕・・・音楽・・・
 
 
全てが高次元でいて、それでいて全てが複雑に絡み合っている高度な舞台構成。
 
 
ついつい道具や照明も見ちゃうのだけど、物語はとってもわかりやすく好きでした。
 
 
特にガストン(悪役)のグラスビールのダンスシーンや、お皿のシーン、そして1幕ラストの野獣の魂の叫びの様な歌のシーン。ここがすごく印象的で良かった。
 
 
 
あとね、2幕の幕開けのムービングライト(?)によるキラキラ・ミラーボール風な照明演出がキレイだったなあ。1幕で使ったものをあえて再現してるんだろうな。ふーむなるほど。
 
こうすることで休憩を挟んでも再び1幕の世界観に観客を引き戻す効果があるんだろうな。
 
 
 
 
Img_2321
 
 
 
休憩中は会館の外に出てコーヒータイムなども出来ます(笑)
 
 
 
 
それにしても素晴らしい公演でした。
 
カーテンコールが鳴りやまないのも頷けます。
 
手が痛くなるまで拍手しました。
 
 
 
そして今回はバックステージツアーに参加させていただく事になりました。
 
うひゃー、ありがたい事です!!
 
これはさすがに何を見せてもらったのかはココには書けませんが、本当に貴重な時間を過ごせました。
 
参加させていただき、ありがとうございます!! 
 
 
 
こんな高次元でいて、技術寄りになることもなく泣かせる演出をする劇団四季。
 
出演者、スタッフ、そして関与している全ての皆様に拍手です!!
 
 
 
Img_2320
 
 
 
 
ガストン役の人、良かったなあ。
 
 
 
 
 
さて、静岡市民文化会館を離れ、少し歩きます。
 
 
 
 
Img_1436
 
 
 
 
駿府城公園のお堀はすっかり夕日に染まっています。
 
 
 
旅先の夕方はいつでも切ないものです。
 
 
 
 
Img_1437
 
 
 
 
駿府城公園の近くには洋館風な建物も多くあります。
 
その多くが市役所などで使われている建物の様です。
 
 
 
しばらく散策し、宿泊先に荷物を置き、再び静岡駅へと向かいます。
 
 
 
 
ここで、待ち合わせがあるのです。
 
 
静岡に照明の仕事で滞在中の人と会います。
 
 
 
友達ではないな・・・。後輩でもない・・・。
 
僕が2009年~2011年までやっていた専門学校の非常勤講師の時に出会ったクラスの生徒です。
 
こう書くと僕が偉そうに聞こえますが、今は、要は同業者です。
 
照明屋として僕よりも遥か上まで登ってるすごく立派なヤツですshine 
 
 
 
ま、とにかくその元・生徒と静岡駅で待ち合わせ。
 
 
美味しいお店があるというのでタクシーで移動ですrvcar
 
 
 
 
Img_2324
 
 
 
やってきたのは新鮮組という、住宅街の中にこっそりと佇む地元の海鮮のお店。
 
 
よくまあこんなお店知ってるね!!さすが滞在中なだけある!!
 
 
 
Img_2323
 
 
 
知ってる人じゃなきゃ絶対見つけられない様な、本当に住宅地の中にありました。
 
 
 
 Dsc_0522
 
 
 
鮪のカマ焼きsign03
 
 
 
うわああ!!! めっちゃ旨い~happy02サイコー
 
 
 
こんな美味しいものをたくさん食べながら、久しぶりに会うそのコと色々話しました。
 
 
 
専門学校の時の事、
 
今やっている大仕事のこと、
 
照明とはぜーんぜん関係ないくっだらないコト。
 
 
 
東京の専門学校で出会ったのに、5年くらい経ってから、見知らぬ静岡市でたくさん話すというのは何だか不思議な感じでした。
 
 
(その間に一度会ってるけどね)
 
 
 
いやあ、立派な照明さんになられて・・・weep
 
 
 
 
僕はまあ照明屋からは少し離れた方向性に向かっているので、偉そうな事は言えませんが・・・
 
 
 
これからも、進んで行く限り、大きくなっていってほしいですshine
 
怪我などせずにね!!
 
 
 
 
またいつか、お会いしましょう!!
 
 
 
 
 
と、ちょっと感傷的になった静岡旅1日目の夜でした。
 
 
 
 
→次回「茶町~浅間神社」
 
 

2015年9月19日 (土)

グルメと鑑賞の静岡旅(1) 鷹匠~駿府城公園

 
 
さて、今年5本目の旅です(多っ!!)
 
稼ぎが良いわけではありませんsweat01
 
月々の旅貯金とNISAのちょっとした儲けで溜めているのです。
 
 
 
1月、京都。
 
4月、松本。
 
5月、しまなみ海道&松山
 
8月、上高地&善光寺
 
 
 
 
今回行くのは、近いけども意外と行く事のない静岡県です。
 
 
 
静岡といえば伊豆。僕も伊豆にはちょくちょく行ってました。
 
しかし伊豆以外の場所ってあまり行かないんじゃないでしょうか。
 
 
僕もほとんど知りません。
 
 
そんな折、とある繋がりから劇団四季の静岡公演「美女と野獣」を観に行くことになりました。
 
 
せっかく静岡まで観劇しに行くのだから、日帰りではなく翌日は観光してしまえ!!
 
 
という事で、1泊2日の静岡旅です。
 
 
今回も、松山のノリさんや、長野のアズミノさんの様に、一時合流する方がいらっしゃいます。
 
 
 
それでは静岡編、スタートです。
 
(5話予定です) 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年9月4日 11:00 静岡県 静岡市 JR静岡駅☆
 
 
 
 
Img_1405
 
 
 
ドドン!!やってまいりました!!
 
人生初の静岡駅です!!
 
 
 
さすがは中心街、栄えておりますなーー!!!shine
 
何だか近代的な駅前なのであります!!
 
 
 
Img_1408  
 
 
どうやら良いところらしい。
 
お隣の清水市のまるちゃんも「静岡市はいいねえ。」と羨ましがっておりますね!
 
 
さて、静岡といえば駿河の国。
 
 
戦国時代、今川家の領地でありましたが、今川家の後、ここ駿河を統治した人物の中にはとても有名な方がいらっしゃいます。
 
 
 
それが徳川家康。
 
 
 
 
Img_1407
 
 
 
 
徳川家康はここにあった今川館という場所を、駿府城として改修。
 
 
江戸幕府を開くまで、徳川家康はここを拠点としていたのだといいます。
 
さらには余生も駿府城で過ごしたということで、家康公のゆかりの地として名を馳せております。
 
 
 
2015年は家康公四百年祭という一大プロジェクトが動いております。
 
駅前の銅像にも四百年祭りの衣装が!!
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、初日はそんな家康公の所縁の地である静岡中心地を巡りながら、美女と野獣の公演場所である静岡市民文化会館へと向かいます。
 
 
 
Img_1409
 
 
 
中心地から少し歩けばローカルな雰囲気の駅舎がありました。
 
ここは日吉町駅。静岡鉄道という路線の小さな駅です。
 
 
 
見た目ローカルで昭和っぽい町並みですが、ここらは実はオサレな個人店が軒を並べる地域。
 
 
名前も鷹匠という土地で、パティスリーやカフェや雑貨屋などが並び、歩く方々もちょっと自由が丘な感じです。
 
 
 
Img_1414
 
 
 
訪れたのはシエロアスール・カフェcafe
 
 
カフェって久しぶりです!!カフェ好き男子ぽく言われますが、5月の伯方島T’s Cafe以来です。
 
 
 
Img_1412
 
 
 
ランチメニューで日替わりスパイスカレーをいただきました!
 
 
予想とは違ったカレーでしたが優しいお味がしました!
 
女子向けなボリュームですね!後でお菓子食べちゃいました(笑)
 
 
(そうえいばお客様も女性ばかりでした)
 
 
 
Img_1413
 
 
 
 
さて、カフェのある鷹匠から歩いてすぐで駿府城のあった場所にある公園へと到着です。
 
 
静岡駅からここまで徒歩で10分あるかどうか・・・という近さです。
 
 
 
Img_1415
 
 
大きなお堀がある駿府城公園。
 
お城があった頃の名残がある公園というのはいいですね。
 
 
 
Img_1432
 
 
 
 
それじゃ早速この橋を渡って公園に入っていってみよう!
 
 
背景が大きな山脈というのがまた良いですね。
 
 
 
Img_1417
 
 
 
 
実は駿府城公園には、もう駿府城は残っていません。
 
 
そのせいか、観光ガイドなどでも上位には食い込んできません。
 
それでも、昔ここに徳川家康が居城していたお城があったという場所に行くのは良いものです。
 
 
 
Img_1419
 
 
 
内部は広い広い公園。
 
 
つまり駿府城はとても広い敷地を誇っていたという事なのでしょうね。
 
 
子ども達が走り回っている公園は良い公園。という風に勝手に思っているワタクシです。
 
 
 
 
Img_1428 
 
 
 
 
お!徳川家康公であられますか!!
 
 
何かアテレコしようと思いましたが、今回は相手が偉大なのでやめときます(笑)
 
 
大丈夫、多分、後でアテレコあります(^-^;
 
 
 
というワケで家康公には背中で語っていただきましょう。
 
 
 
Img_1429
 
 
 
 
 
 
さて、駿府城公園の中には何やらオサレなガーデニングの場所がありました。
 
 
ここは何でしょうか。
 
 
 
Img_1427
 
 
 
 
さて、ここで静岡第1クエスチョンです!school
 
 
上のガーデニングの家の写真には、人が住むには少し変なポイントがあります。
 
 
それは一体なんでしょうか??
 
 
さあ、画面を下に進めずに写真とにらめっこしてお考えください!
 
 
自信ある方は、スーパーゆうきくんを懸けてください(笑)
 
 
 
 
 
 
 
おわかりでしょうか?
 
 
 
 
 
 
それでは正解です!!
 
 
 
 
この家に入ろうとしましたが、門がくぐれません。
 
 
ちょっと門が小さい様です。
 
 
腰をかがめても入れそうもないので、いっそ背筋をピンと伸ばして写真を撮ってみました。
 
 
 
 
 
 
 
Img_1426
 
 
 
 
 
そう!!
 
 
正解はミニチュアだからでした!!
 
 
僕がデカイからではありませんcoldsweats01
 
 
 
 
 
さあ、今回のメインテーマである美女と野獣の公演へと向かいます。
 
 
 
 
→(2)劇団四季「美女と野獣」@静岡市民文化会館
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月17日 (木)

とことこ大山街道 6日目(2) さがみ野→海老名

赤坂見附から大山山頂まで歩く、とことこ大山街道の6日目後半ですshoe

 
 

→とことこ大山街道 目次

 
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年8月3日 16:30 神奈川県 海老名市さがみ野駅付近☆
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと大山街道を外れてしまいましたが、さがみ野駅付近で、再び戻る事が出来ました。
 
 
本日のゴール地点、海老名駅へ向けて歩いていきます。
 
 
 
Img_1190
 
 
 
大山街道って、基本的に歩道が狭い道が多い。
 
 
こりゃ危険だわってレベルの狭さのため、そりゃ歩く人も減る一方だわーって感じます。
 
 
しっかし強烈な西日sun
 
街道歩きって道を歩くという性質上、日蔭が少ないんですよね~。キビシイsweat02
 
 
 
 
Img_1191
 
 
 
 
パブコとか日立の工場などが並ぶ地域に、ふと道沿いに不動明王様がおられました。
 
赤坂というのがこの辺りの地名。
 
 
 
今日は午後2時過ぎてからスタートしたせいか、もう日の光が茜色に変わりつつあります。
 
 
 
夏の街道歩きは辛いですからねー。あまり距離は稼ぎません。
 
 
ちょいちょい水分休憩を挟みながら進みます。
 
 
 
 
 
Img_1192
 
 
 
小園公園という、グーグルマップにすら載ってない、地元の公園で休憩。
(2015年9月現在)
 
 
でもわりと広いし綺麗だし遊具もあるしで、なかなか良い公園です。
 
 
 
Img_1193
 
 
 
時刻は17時を過ぎています。
 
 
それでも目も眩むほどの西日。 
 
 
しかし、ここから太陽は急激に落ちていきます。
 
夏の夕方って寂しい気持ちになりますねえ。
 
 
 
 
Img_1194
 
 
 
大山街道は二車線の道を離れ、少し裏道へと進むこととなります。
 
遠くには海老名駅近くの高いビルが見えてきました。あれはホテルか何かだったかな??
 
 
 
Img_1195
 
 
 
 
住宅街のすぐ裏手には緑が広がる場所がある。
 
それが、いかにも海老名っぽい。
 
緑と住宅がすぐ近くで共存している・・・それが海老名。
 
 
 
目久尻川という小さな川から水を引いているのでしょうか。
 
その川を越えると、伊勢山自然公園という、小高い山がありました。
 
 
 
Img_1196
 
 
 
山の東側はもう真っ暗。
 
あの上まで登れば西日に染まる木々が見えるのかな・・・と思い、登ってみることにします。
 
 
物好きだねえ、僕も。なんて自分で考えてみるcoldsweats01
 
 
 
 
Img_1198
 
 
 
んーーー。いい色に染まっておる!
 
 
伊勢山自然公園というのは特に整備されている場所ではなく、緑地みたいな場所の様でした。
 
 
山の上とはいえ、眺望などは木々で見えないので早々に下山です(笑)
 
 
 
その代わり、近くに眺望の良い場所があるのを《とことこ神奈川・第10街/海老名編》で見つけていたので、そこから夕日の海老名を眺めてみます。
 
 
 
 
 
Img_1200
 
 
 
 
夏のモヤのせいで、ここから見えるであろう大山は、あまり見えませんでした。
 
 
いや、写真をよーく見てください。 一番高いビルの、少し左手のところが大山山頂です。
 
PCやスマホをちょっと斜めに傾けたりすると見えるかもしれないですsweat01
 
 
 
それにしても、朧月の様な夕日です。
 
 
 
ここから少し下ったところに相模国分寺跡という場所があります。
 
 
 
Img_1207
 
 
 
ここに昔は相模国分寺があったのですね。
 
 
この事からわかるのは、相模国分寺は相当な広さの境内を誇っていたってコト。
 
 
もっと早く到着していたら国分寺そばをいただきたかったのですが、もう18時近いので芝生の上で座ってゆっくりしました。
 
 
 
Img_1206
 
 
 
 
日が落ちていく・・・
 
 
夕日の中、地元の高校生や中学生が座って談笑していました。
 
いいなあ、こういうの。
 
 
 
さて、あと少しで今日もゴール。
 
 
暗くなる前に歩き出しましょうか。
 
 
 
Img_1208
 
 
 
 
夕日と反対の方を見ると、まだ青空なんですよね。
 
これが不思議。
 
ちなみにこれは、大欅。
 
この辺りのランドマーク的な有名な欅なのだそうです。
 
3年前にきょこちゃんから教えてもらいました。
 
 
 
再び西を見ると、やはりこちらは青空ではなく夕日の空。
 
 
 
Img_1209
 
 
 
 
いよいよビナウォークまでやってきました。
 
 
この大山街道で、最後の大型ショッピングセンターです。
 
 
海老名編、海老名リターンズ編、その他でも海老名駅で乗り換えて《とことこ神奈川》しに行く時は必ず立ち寄っている場所です。
 
 
駅前にあるので便利便利なのです!!
 
 
 
ここには七重の塔があるので、そこで本日はゴールとします。
 
 
 
Img_1213
 
 
 
 
いやあショッピングセンターに塔。何度見ても不思議ですが海老名市民としてはもはや普通の様です。
 
 
さて、次回は海老名駅からスタートして、愛甲石田駅あたりを目指します。
 
 
いよいよ大山街道も終盤です。
 
 
 

→とことこ大山街道 目次

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月16日 (水)

とことこ大山街道 6日目(1) 鶴間→さがみ野

東京都の赤坂見附から、神奈川県の大山山頂を目指す、とことこ大山街道の6日目ですshoe

 

→とことこ大山街道 目次

 
 
 
現在地は大和市の小田急鶴間駅です。
 
6日目は海老名駅を目指します。
 
 
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年8月3日 14:50 神奈川県大和市 鶴間駅☆
 
 
 
 
前回、低空を飛ぶ飛行機に驚いた鶴間駅からスタートです。
 
 
 
Img_1181
 
 
 
矢倉沢往還という案内を見かける事が増えてきました。
 
 
矢倉沢往還というのは大山街道とルートが被る道なのですが、東海道の脇道として伊勢原から先は大山に向かうのではなく静岡県の沼津へと至る道です。
 
 
東海道が大名や武士などが主に使う道だとすれば、大山街道や矢倉沢往還は、魚やお茶など、生活に関わる物を運ぶための道だったのだとか。
 
 
そんな道を少し歩いて行くと、3年前に『とことこ神奈川・第3街/大和編』で訪れた泉の森の脇へと辿り着いたので立ち寄ってみます。
 
 
 
Img_1182
 
 
 
大和市民の憩いの場だと思える広大な森。
 
 
前回訪れてから3年もの月日が流れているのですが、その時と全く変わらない空気が森を覆っています。
 
とても暑い日ですが、森の木々が涼しくさせてくれます。
 
 
 
   Img_1183
 
 
 
実はこの泉の森。
 
ここを巡る3年前のツイートは、その後の『とことこ神奈川』に大きな影響を与えました。
 
 
当時は、企画初期の第3街。ツイッター上でのやりとりも数名しかしていなかったのですが・・・
 
 
 
ここを歩いている時に、今ではブログ・ツイッター・Holiday・そして現実世界でと、いつもお世話になっている、よしよしサンと繋がったのでした。
 
よしよしサンとの繋がりはその後3年以上を経た今でも続いています。
 
 
今の世の中のネット上での繋がりというのは不思議なものですね。
 
 
 
Img_1184
 
 
 
 
お・・・sweat02
 
 
ちょ、ちょっと薄暗い道になってきたな・・・
 
ちょっと怖いな、怖いな、怖いなsweat01(稲川淳二風に)
 
 
 
Img_1185
 
 
 
薄暗い道もあれば、風情ある小川の流れる道もあります。
 
 
ここはいいな。
 
 
何だか緑が深いです。
 
 
 
こんな森があるだなんて大和市は贅沢ですねえ。
 
 
 
 
Img_1186
 
 
 
 
泉の森を抜けます。
 
 
この道の先へと行けば再び住宅街です。
 
 
まるでトンネルを抜けるかの様な雰囲気です。
 
 
 
木々の下を抜ければ、またも灼熱の夏ですsun
 
 
 
あまりの暑さに、いつの間にか道を間違えてしまった様です・・・
 
 
どこだよここ・・・
 
 
 
 
Img_1187
 
 
 
とりあえず、大山街道からは外れてしまいましたが、海老名市には入れました。
 
 
この先で再び大山街道と合流出来るみたいなのでほっと安心dash
 
 
 
しかしもう神奈川県の県央エリア海老名です。
 
 
赤坂見附から随分と歩いてきたものです。
 
初日の文房具カフェとかが懐かしいですよぉ。
 
 
 
Img_1188
 
 
 
本日の中間地点である吉野家に到着!!
 
 
へ?!(゚0゚)
 
吉野家?!
 
いやいや、違います。ここは相鉄線のさがみ野という駅。
 
 
 
駅舎じゃなくて吉野家かと思いました(笑)
 
 
このまま海老名駅へと向かいます。
 
 
 
 
 
 
 

→とことこ大山街道 目次

 
 
 
 
 

2015年9月13日 (日)

夏旅・信州!(5) 善光寺への食べ歩き旅

2泊3日の信州旅。最終日は長野市にある善光寺へと向かいます。

 
 
 

→(1)旅の始まり~松本~新島々

 
 
 
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
☆2015年8月8日 12:50 長野県 長野駅☆
 
 
 
 
 
Img_1306
 
 
 
 
 
松本駅から電車で1時間ほどでしょうか。
 
ライブがあるのか関ジャニ∞のファンで溢れる長野駅へと降りたちました。
 
 
なんて近代的な駅舎でしょうか。こんな風になったのは最近の事らしいです。
 
 
これほどしょっちゅう長野県に旅してるくせに、長野市へやってきたのは人生初です。
 
なんだか意外かな~?こんなメジャーな駅なのに。
 
 
   Img_1308
 
 
 
ひとまず駅ビルでもあるMIDORIでつまみ食いにしますup
 
 
 
まずは長野といえば・・・
 
 
 
Img_1305
 
 
 
おやき!!ヽ(´▽`)/
 
 
それも野沢菜おやきですsign01
 
 
これぞ長野の味!!郷土という感じのお味ですclover
 
これ僕は好きです!色んな味があるので、次来る時はまた違うものを食べてみたいなと思います。
 
 
 
続いては奈良井宿の有名なお団子。
 
 
Img_1307
 
 
 
よもぎ団子と、大好物のいそべ巻き!!いぞべ巻きが大好きなの!!happy01
 
 
ひえー!!序盤から幸せだあーー!note
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、ちょっと小腹に入れたところで、本日のメイン観光地である善光寺へと向かいます。
 
 
 
Img_1310
 
 
 
何年後かに思い出しても「あの時は暑かったなあ」と振り返る様な暑い夏の日sun
 
 
 
善光寺へと向かうちょっとした登り坂でさえ、へばってしまいそうな猛暑。
 
 
それなら冷たいものでもいただきましょうか。
 
 
 
 
藤屋別館「平五郎」さんで、いただくのはこちら。
 
 
 
Img_1311
 
 
 
 
プレミアム生クリームソフトクリーム「クレミア」
 
 
 
素晴らしいクオリティの生クリームはもちろんのこと、驚くのは持つ部分!
 
 
何とランドグシャで出来ているのですよ!!
 
 
これ凄い。ほんとに美味しい。お値段も500円とかなりなものですが、それでも納得のプレミアム感ですshine
 
 
いやあ、お腹幸せ!!
 
↑お腹いっぱいに代わる新しい用語(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1313
 
 
 
 
その後は、有名な七味唐辛子をお土産用に購入。
 
 
ゆず七味がとても旨い!!うどんに合う!!house
 
 
 
 
さて、いよいよ善光寺へと近づいてきました。
 
 
 
 
Img_1314
 
 
 
これまでも多くのお寺に行きましたが、ここはまた他のどれとも違うオーラがこの位置からでも伝わってきます。
 
 
灼熱の日差しの中、進んで行きます。
 
 
途中、不思議なお地蔵様を発見しました。
 
 
 
 
 
Img_1315
 
 
 
 
ひとにぎり地蔵様。
 
 
2008年にお土産用として作られたものを、建立させてものだといいます。
 
これが今、観光スポットとして注目されているというのです。
 
 
一部からは歴史ある善光寺に似合わないというご意見も出ているそうです。
 
でも僕はそんな細かい意見はどうでもよいです。
 
歴史あるお寺を残していくには、新しい試みもしていかなくてはいけないと思います。
 
昔に頼るだけではなく、次の時代へと大切なものを残す努力をしていくのが一番重要なのだと思うのです。
 
 
 
Img_1316
 
 
 
さて、いよいよ善光寺境内なのかと思ったら、まだ先は続く様です。
 
すごいな善光寺・・・!!
 
 
 
 
Img_1320
 
 
 
 
賑やかな参道の先に、緑色の山を背景にした次の門が見えてきました。
 
 
どうやらあの門の向こうが善光寺の様子。
 
 
それにしてもこの参道の景色は良いですねえ。新旧の時代を越えた魅力を感じます。
 
 
 
 
Img_1321
 
 
 
うわああ・・・これは何と立派な・・・!!!coldsweats02
 
 
凄い・・・圧巻とはこういう事を言うのか!!
 
 
 
Img_1323
 
 
 
 
こ、これが・・・、これが噂に名高い善光寺ですか・・・!!
 
 
なんという建築美でしょうかsign03
 
 
雑誌などでは見た事ありましたが、実際にこの目で見ると、何という素晴らしさ!
 
カッコいいんだよね!
 
薄っぺらい言い方に感じるかもしれないけれど、善光寺を見て思った言葉は・・・
 
 
 
カッコいい!!
 
 
 
 
その一言です。心からそう思います。
 
 
 
 
 
さて、Holidayで知り合ったナユタさんのブログで読んでいて、絶対に行きたいなと思っていた場所があります。
 
 
それは・・・
 
 
 
 
Img_1327
 
 
 
牛の像・・・
 
 
 
 
いやいや!! これも良いけど、コレじゃなくて!!
 
ま、まあコレも大切か。牛に引かれて善光寺と言うしね!
 
 
 
 
行きたかったのはご戒檀巡り
 
 
 
本堂の真っ暗な地下回廊に潜り、その先にある「極楽の錠前」に触れる事が出来れば、人生を終えて往生した時に、お迎えに来ていただけるという道場なのだそうです。
 
 
僕は是非ともこれを巡りたかったわけです。
 
 
さて、実際に地下回廊に入ると・・・
 
 
 
本当に本当に何も見えない。
 
 
目を開けているのに、あれほどの暗闇を経験した事はかつてありませんでした。
 
全く前が見えないものだから恐る恐る進むことになります。
 
壁に手を触れながら何とか進みます。
 
あまりに何も見えないから、僕の後ろを進む男性が、僕のカバンの鉄の部分に触れて興奮してこう言いました。
 
 
 
 
「錠前見つけた!!!(*゚▽゚)ノ」
 
 
 
 
いやそれ僕のカバンのキーホルダーだから・・・
 
 
 
 
しばらく進むと、幸いにも僕は錠前に触れる事が出来ました。
 
いやあ良かった。本当に良かった。これでお迎えに来ていただけるかもしれません。
 
 
 
地下回廊を抜けると地上が眩しいこと、眩しいことsun
 
 
 
地上世界というのは素晴らしい光に包まれているものなのですね。
 
 
 
 
Img_1325
 
 
 
 
境内では何やらフリーマーケット的なものが開催されておりました。
 
 
しっかし暑いので最後にお蕎麦をいただいて、この旅を締めくくろうかと思います。
 
 
 
 
Img_1332
 
 
 
かどの大丸さんのお蕎麦で〆ですdeliciousうまー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というワケで、2泊3日にわたる夏旅・信州!
 
念願の、人生初・善光寺に行く事が出来ましたshine
 
 
 
 
 
記憶に深く残る。暑く楽しい2015年の夏でした。
 
 
 
 
 
 
 
夏旅・信州! 完
 
 
 
Img_1331
 
 
  

2015年9月 6日 (日)

夏旅・信州!(4) 河童橋~夜の松本城

2泊3日の信州旅。第4回です。

 
初日の事は1話の半分で終わらせたのに、2日目の事は3話半もかかってしまった・・
 
 

→(1)旅の始まり~松本~新島々

 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年8月7日 14:10 長野県 上高地 田代橋付近☆
 
 
 
 
 

Img_1275
 
 
 
 
前回で終わりかと思わせておいて上高地編が続きます(笑)
 
 
 
大正池でボートを漕いだ後は、スタート地点の河童橋まで戻らなくてはいけません。
 
 
もう疲れてたので、その行程なさっさと終わらせちゃいます。
 
 
 
Img_1276_2
 
 
 
 
帰りは梓川の対岸を歩いて戻ります。
 
 
どちらから見ても、澄んだエメラルドグリーンが素敵すぎます!!
 
 
流れてるのにこの色。すごい。
 
 
 
 
河童橋まで戻ったら、もう疲労で動けない・・・・・・
 
 
 
ていうかランチ食べてない。。。
 
 
 
なのでランチタイムでーすnote
 
 
 
 
 
Img_1288
 
 
 
 
 
カツカレーじゃあ!! happy02
 
 
誰だカレーにカツを入れるなんて発明をしたヤツは?!
 
 
教えてくれ室井さん!!
 
どうしてこんなにベストマッチな料理が存在するんだ!!
 
 
 
 
・・・?なんだろ、この文章。なんか自然に書いちゃったけど全然意味がわからんsweat01
 
 
 
とにかくカツカレーが大好きな僕です(笑)
 
ハイキング後のカツカレーはサイコーなのですhappy01
 
 
 
 
さて、帰りのバスまで少し時間があるので河原に降りてジュースでも飲む事にします。
 
 
 
Img_1291
 
 
 
信州りんごサイダー。
 
 
これね、長野に来たら推薦です。
 
濃すぎず薄すぎず。そして炭酸もわりとシッカリ入ってます。
 
 
そう!キミも爽やかな気分になれる!!!
 
 
 
・・・?言葉選びが今回変だな( ・ _ ・ )
 
 
 
Img_1292
 
 
 
 
というワケで、上高地ハイキングでした。
 
 
素晴らしい景勝地です。
 
ブログ読んでくれていて、行った事ない方は、是非来年の夏にでも行ってみてください!
 
 
 
そう!何故なら!!!
 
 
 
・・・。いや、もう特に変な言葉は浮かばないけどcoldsweats01
 
 
 
 
 
 
さて、路線バスで1時間、松本電鉄上高地線で40分。
 
ほぼほぼ熟睡しながら、ベースキャンプ地の松本市街地まで戻ってきました。
 
 
 
さっきカツカレー食べましたが、この日は味楽苑で焼肉をいただきました。
(写真なし)
 
 
 
焼肉屋さんを出るとすでに夜になっていたので、松本城へと足を運んでみます。
 
 
 
 
Img_1303
 
 
 
 
松本城が近くなるにつれ、良い色の暗めの街灯などが姿を現します。
 
 
 
毎度の様に観光している縄手通りも夜になると少し薄暗くて雰囲気があります。
 
 
 
Img_1302
 
 
 
 
 
旅先の夜って、何故にあんなにワクワクするのでしょうか。
 
 
大体がその日の観光の目玉を終えて、宿泊地などに着きひと段落した頃だというのに、あまり知らない街の夜というのはワクワクするものです。
 
 
 
Img_1301
 
 
 
 
あまり知られていないのですが、夜の松本城は何気にお勧めです。
 
 
昼間のイメージがある上に、各ホテルがお城から離れているため、ライトアップされている事はそれほど気づかないものの様です。
 
 
 
一日の最後にぼーっと見るのも良いものですよ。
 
 
 
Img_1295
 
 
 
画角1対1の「ましかく写真」で撮ってみました。
 
 
この日はアズミノさんとはここで解散。
 
 
 
 
夏旅信州シリーズ、次回更新が最終回です。 
 
松本から電車で1時間。
 
人生初の善光寺へと向かいます。
 
 
 

◇上高地公式HP

 
 
  

2015年9月 4日 (金)

夏旅・信州!(3) 大正池ボートチャレンジ

2泊3日で行く真夏の信州旅、第3回です。
 
旅は2日目。上高地の大正池へと向かってます。
 
 

→(1)旅の始まり~松本~新島々

 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
 
 
 
 
 
 
☆2015年8月7日 11:30 長野県 上高地 ウェストン碑☆
 
 
 
 
 
 
Img_1242
 
 
 
 
下流の大正池へと向かう途中にあるのがウェストン碑です。
 
 
イギリス宣教師であるウェストン氏は、日本の多くの山々に登り、日本における登山の父とも呼ばれる人なのだそうです。
 
上高地にも訪れているため、ここに記念碑が飾られているのだそうです。
 
 
 
 
 
Img_1247
 
 
 
 
梓川に沿って下流へと歩いて行きます。
 
田代橋というところから川の景色を撮ります。
 
 
 
この8月7日というのは東京では2015年で最も暑かった日です。
 
さすがの上高地もだいぶ日差しが強くなってきましたsun
 
とはいえ湿度が違います。カラッと快適な暑さです。
 
 
 
さて、大正池までの行程の半分ほど来たところで、看板を発見しました。
 
 
 
 
Img_1248
 
 
 
 
一周間前に田代橋というところでツキノワグマが目撃されているそうです。
 
 
田代橋って・・・?
 
 
 
 
 
今いるところじゃねーか!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 
 
 
 
 
さすがは上高地。ちょっと気をつけながら進んでいかなくては・・・。
 
 
 
 
  Img_1249
 
 
 
あんなカンバン見た後だと、ちょっぴり怖いけど、観光散策ルートから外れない様に歩いていきたいと思います。
 
 
しばらく進んで行くと、田代池の地域にやってきました。
 
 
 
ここの景色、好きなんです。
 
 
 
 
Img_1250_2
 
 
 
 
元々は池だったところが湿原に変わったという場所です。
 
 
奥に控える3000メートル級の山々と、湿原のコントラスト。
 
勝手ながら、これぞ上高地!!って思ってます。
 
 
 
そして干上がってない、田代池はこちら。
 
 
 
Img_1253
 
 
 
 
 
ここの有名な場所な様で、どこかのおじい様が写生しておられました。
 
色合いが素敵だから良い絵が描けそうです。
 
 
 
 
ここから少し歩くと、少し広々とした空間に出ました。
 
 
上高地の象徴ともいえる、川からそびえる枯れた木々もあります。
 
 
 
 
Img_1256
 
 
 
 
ここはランチタイムをするにはもってこいのエリア。
 
昨年は僕らもここでサンドイッチなどを食べました。
 
 
 
今回は一気に大正池を目指します。
 
 
もう、ここからはすぐに着きました。
 
 
 
 
 
Img_1260
 
 
 
 
おお~!! 着きましたよ大正池!!
 
 
今年も水がしっかりと張っていますshine
 
 
 
Img_1259
 
 
 
こりゃあ広々としていて良い景色です!!o(*^▽^*)o
 
 
 
ここから、写真に黒い部分が出現します。これはカメラ本体とレンズの間についたホコリです。気づかずに旅の最後までついてます。その後に行った湘南散歩スペシャルでもついてます。
 
 
 
 
さあて、せっかくの大正池ですので、ボートに乗って池の上へと繰り出してみようと思います。
 
 
 
Img_1268
 
 
 
 
手漕ぎボートで、どんぶらこ、どんぶらこship
 
 
ボート乗るのなんて久しぶりですが、それなりに行きたいところへ進むことくらいは出来ます。
 
水上を自分の力で進んで行くってのは、なかなか楽しいものですshine
 
 
 
 
Img_1272
 
 
 
 
随分と色んなところを漕いで、大正池を一周する感じで巡りました。
 
 
 
いやあボート、楽しいなあnote
 
 
 
この後は、スタート地点の河童橋まで歩いて戻ってゴハン。そして夜の松本市街地へと繰り出します。
 
 
 
 

 

◇上高地公式HP

 
 
  

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »